手話 と 手話通訳

手話通訳の取り組みと研究からの伝承と教訓を提起。苦しい時代を生き抜いたろうあ者の人々から学んだことを忘れることなく。みなさんの投稿をお寄せください。みなさんのご意見と投稿で(手話手話通訳)がつくられてきています。過去と現在を考え、未来を語り合いましょう。

2014-12-10から1日間の記事一覧

手話通訳者 給料はその地域の ろうあ者の平均収入 を上回ってはならない 専任手話通訳者はがまんを

② 手話通訳者の給料は、その地域のろうあ者の平均収入を上回ってはならないし、上回ること自体はろうあ者を利用して自分の利益を得るという不当なものであるともされた。 健聴者はいつでも手話通訳以外のどんな仕事でもつける 手話通訳以外の仕事はいくらで…

手話通訳者 が矛盾と悩みを抱え込むか 手話通訳者としての充分な能力と実力を発揮しながら手話通訳の労働から離れた原因

異動があっても新たに手話通訳者を配置 それが手話通訳保障 ④ もしも手話通訳者が一般行政職員として異動させられた場合は、手話通訳者という労働をする人が動いたら、手話通訳の職も動くということにならない。 異動があっても新たに手話通訳者が配置される…

1969年京都市が全国に先駆けて 専任手話通訳 を採用

手話通訳保障における 手話通訳者の身分保障のありかた 京都の手話通訳保障をめぐる取り組みについては、多くのろうあ者から手話通訳者の身分保障、特に自治体職員としての正規雇用の要求が出された。 それは、1969(昭和44)年、京都市が全国に先駆け…

包括 インクルージョン をはるかに超越人間連帯の輪

不安定雇用のろうあ者が 手話通訳者は安定雇用を要求 京都において手話通訳者の自治体への配置問題について、手話通訳者はもちろんろうあ者から手話通訳者の身分保障の確立が強く要請された。 当時のろうあ者の雇用関係はすでに述べてきたように不安定雇用が…