手話 と 手話通訳

手話通訳の取り組みと研究からの伝承と教訓を提起。苦しい時代を生き抜いたろうあ者の人々から学んだことを忘れることなく。みなさんの投稿をお寄せください。みなさんのご意見と投稿で(手話手話通訳)がつくられてきています。過去と現在を考え、未来を語り合いましょう。

2017-12-16から1日間の記事一覧

聾 の意味を考えてみる  ことば遣いよりも意味を籠めて 弘法大師筆 の「聾」

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃のことから}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 聾とは… 聾とは… まず最初に、「聾」について、龍+耳で構成されているが、こもる、たちこめるという意味から形成…

人間としての共通のコミュニケーション手段とハートがあり 知恵がある

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {再編集投稿・1969年頃のことから}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 手話を知らない 学んだこともないという人に 知っていただきたい 手話を知らない、学んだこともないという人にこ…