手話 と 手話通訳

手話通訳の取り組みと研究からの伝承と教訓を提起。苦しい時代を生き抜いたろうあ者の人々から学んだことを忘れることなく。みなさんの投稿をお寄せください。みなさんのご意見と投稿で(手話手話通訳)がつくられてきています。過去と現在を考え、未来を語り合いましょう。

ろうあ者 の取り調べに ろう学校教師 が通訳することを歓迎した警察 手話第三回手話通訳者会議1970年

f:id:sakukorox:20180824132546j:plain

 手話を知らない人も

                  手話を学んでいる人もともに
{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介

 

手話通訳の
ランク分けの是非と専門性
 
司会

 

 外国語の通訳のように、プロとなった場合は、誰でも同じでは困ると思う。

 A、B、C、というようにクラス別にするか、専門の方がおりましたらどうぞ。

 

個性の違いで
 値段が違うのはおかしい

 

伊東

 

 プロは京都では一人だけです。

 

 上手、下手に関係なく個性のちがいはあります。

 

 個性のちがいで値段がちがうのはおかしい。

 

 今は一諸で良いと思う。

 

警察・検察・裁判の
  手話通訳とその身分
 
田中(横浜)

 

  裁判の時は昼に行くのですが他の所では仕事を休んで行くのですか。

 

 伊東

 

 京都では今の所は学校の教師とか、県、市の職員が行きます。

 

田中

 

 昼間に行ける人がいないので仕事を休ものですが警察から裁判までは何回もあるのでニードを断る以外にない。

 

 又ろうあ者も通訳に関係したくないということもあるがこのような時はどうするのか。

 

警察はろうあ者の取り調べに

ろう学校の教師が通訳することを歓迎

 

伊東

 

 行政に専門職をおくことだと思う。

 

 ニードがあれば職務として行けますし夜は残業となります。


 裁判等の手話通訳をめぐって伊東雋祐氏は、京都の場合は、公務員が対応していると述べている。

 

 この頃は、警察・検察・裁判などにおいては、公務員の場合は公正中立を保たなければならないということを前提に手話通訳は公務員でなければならないという考えがあった。

 

 少しこのことと異なるが、警察はろうあ者の取り調べにろう学校の教師が通訳することを歓迎した。

 

 なぜなら、取り調べがスムースにすすむからで、時には手話のほとんど出来ないろう学校の教師も通訳人として調書に書かれていることが多かった。

 

 ろうあ者は、ろう学校の時に担任だった教師がきたので「拘束」から離れたい気持ちと担任への「信頼」から事実でもないことを誘導されて、それを答えたかのように調書に朱印する事が多かった。

 

 そこには黙秘権などのことは知らされず、罪なき罪を被せられることが多かった。

 

手話通訳認定証書及び認定書が

 交付されたわけ

 

 以上のこともあり、京都市長による手話通訳認定証書及び認定書が交付され、公務員でなくても手話通訳者が、警察・検察・裁判の手話通訳を行うことが出来るようにした。

 

 さらに手話サークルみみずく会手話通訳団としては、京都府警・京都検察・裁判所に申し入れして三分野の手話通訳に同一手話通訳者が行わないように申し入れた。
 
 これは、黙秘権等公正な司法を求めるための最低限度の事項として考えていた。司法関係者もそのことを理解し、対応することも多かった。