手話 と 手話通訳

手話通訳の取り組みと研究からの伝承と教訓を提起。苦しい時代を生き抜いたろうあ者の人々から学んだことを忘れることなく。投稿をお寄せください。

あきらかにすべき責任 国民からの信託負託に応える手話通訳問題研究基金の使途

f:id:sakukorox:20200301115112j:plain

手話を知らない人も

                    手話を学んでいる人もともに

      全国手話通訳問題研究会基金の使途不明問題 

                                                          資料及び意見

 

全国手話通訳問題研究会発行等出版に関わる基金

             その使途について  (その2)


  多くの人々が無償や自己負担で協力され
 積み立てられてきた

 全国手話通訳問題研究会基金

 

全国手話通訳問題研究会発行等出版に関わる基金とその使途について
                                            2020年2月3日 (その2)

 

 全国手話通訳問題研究会基金は、そのほとんどが全国手話通訳問題研究会と手話通訳問題研究の発展のため主として出版物販売で多くの人々が無償の努力や自己負担で協力された賜物であると指摘した。

 

 多くの人々が無償や自己負担で協力された結果、積み立てられた全国手話通訳問題研究会基金を、それらの人々への了解もなく、その経過も結果も全国手話通訳問題研究会会員に明らかにせず全国手話通訳問題研究会基金を別団体である全国手話研修センターに提供することはしてはならないことは言うまでもないことである。

 

 全国手話通訳問題研究会のための基金は、全国手話通訳問題研究会の取り組みのために積み立てられてきたことは、B自身が一番よく知っていることであり、B自身がそのための全面的な協力をAに申し出てきた。

 

 だからこそBが全国手話研修センターに転職するから全国手話通訳問題研究会基金を流用してもいいとはならないのは明白である。

 

 とくに、当初全国手話通訳問題研究会基金を確立することを目標にして仕事をしてきたAに対する一切の連絡もなく、充分な説明を尽くした上で全国手話通訳問題研究会役員に了解を取り付けたという結果からだけで事はすまされるものではない。

f:id:sakukorox:20200301115537j:plain

3,以上、少なくとも全国手話通訳問題研究会はもとより手話に関わる人々や国民からの信託への負託に応えるべく手話通訳問題研究を行う基金を確保するために全国手話通訳問題研究会が出版した最初の責任者であり、著作者であり、諸費用をすべてAが負担したことや全国手話通訳問題研究会出版物(DVD及び画像)等々の発行部数、その純利益、全国手話通訳問題研究会基金の年度積み立てとその総額。

 

 その使途を直ちにAに対してはもちろんすべての関係者に開示すべきである。

 

 なによりもB自身が当時、一番全国手話通訳問題研究会基金の収支の詳細を把握する責任者であったことからあらゆる努力をして経過と収支を明らかにすべき責任があるし、その責任はどのような口実を重ねても回避出来ない。

 

                                                                                                以 上

 

 

f:id:sakukorox:20200229194733j:plain コメント

 

・ 長いだけの全国手話通訳問題研究会会員

 全国手話通訳問題研究会のはじめの頃は、お互い信頼し合っていましたね。

 

 本を持って買っていただいたことを思い出します。

 売れないと印刷費を印刷会社の払えないからと必死でしたね。塵も積もれば山となるって本当ですね。

 

 ひとつひとつが大きな基金になったのですね。

 

・よくわからないのでそのままにしようと通研ではなっています。

 

説明おねがいします。

 

全国手話通訳問題研究会って、つくられたころは印刷の費用もなかった?

 

昔のはなしはよくわからないのですが。

 

今の状況に似ているようですね。

 全国手話通訳問題研究会が明細をだせばすむことでしょう。

 

個人のお宅が事務連絡の場であった時。

  Z先生の奥さんが昼夜かまわず郵送、帳簿付けをされておられて、1円でも計算が合わないと何度も計算しておられました。

 大変な苦労されていました。

 

 ある時、「そんなに細かく帳簿をつけなくてもいいのではないですか」と言ったら「みなさんのお金ですから大切にしています」と言われた言葉は忘れられません。

 

 今では、全国手話通訳問題研究会も大きくなりそのような苦労も忘れられているのではないでしょうか。

 

 郵送することだけでも大変でしたよ。

 

 書籍小包と言っても解っていただけないかも。