手話 と 手話通訳

手話通訳の取り組みと研究からの伝承と教訓を提起。苦しい時代を生き抜いたろうあ者の人々から学んだことを忘れることなく。みなさんの投稿をお寄せください。みなさんのご意見と投稿で(手話手話通訳)がつくられてきています。過去と現在を考え、未来を語り合いましょう。

資料がない、記憶にない、とことを済ませようと 全国手話通訳問題研究会 発行等出版に関わる 基金 とその使途について コメント(2020年4月30日まで) その2

f:id:sakukorox:20200501000400j:plain

  手話を知らない人も

                  手話を学んでいる人もともに


 ・静岡
 先輩からいろいろと聞いていましたが、個人の問題ではなく広く手話通訳の人々に関わる大切な問題だと思います。明らかにしてほしいです。
 いまどき、役所や団体に気兼ねしないで手話通訳研究が出来る場や会があればと思います。

・京都在住
 公開していただいてありがとうございました。
 

 志半ばで倒れ、後進に運動を託された筆者の無念をお察しします。
 手話と手話通訳の運動を託された人々はこの事実を真摯にうけとめるべきだし関係者は経過を明らかにしてください。 

・全国手話通訳問題研究会出版など
 全国手話通訳問題研究会出版などに関わる財政報告は、毎年の代議員会で明らかにされているのでそれを見れば全国手話通訳問題研究会基金の収支がすべてわかるでしょうに。

 なぜ、ここまで混乱しているのかわかりませんが。

 ただ、全国手話通訳問題研究会基金がどのような経過で積み立てられたかは具体的に明らかにされていません。その点では、お金があるやお金があっただけですまないでしょうね。

滋賀県大津市
 手話通訳していたある女性が 頸腕障害になり労働災害申請をされた。
  労働基準監督署は、手話通訳による労働災害を認めませんでした。
 

その時、女性が当時100万円もしたワープロを購入して手話通訳と頸腕障害学習会の録音を文字化して 頸腕障害の理解を広めようとされた。

 悲惨とも言うべき女性の行動を止めてある人が冊子を作られたが全国手話通訳問題研究会本部は、費用がない、支出してもお金が回収できない(利益がないの意)と強く言われ却下。

 じゃあ費用は負担するとなって全国手話通訳問題研究会の発行として冊子が造られましたよね。

 冊子はかなり広まったようですが、利益があったようですが、100万円を出した女性や費用を負担して冊子を造ったかたに一銭も支払っていないどころか、どれくらい冊子が広まったのかも連絡なしに冊子の販売取り止め。

 酷くないですか。
 今からでもどんなことをしてでも費用は返すべきでしょう。

 全国手話通訳問題研究会は手話通訳の 頸腕障害に正面から取り組んだとも思えないから一層過去のこととしないで、支払うべきものは支払うべきでしょう。

・東京都
 滋賀県大津市のかたのコメント読ませていただき愕くばかりです。私の知り合いは、全国手話通訳問題研究会から本の出版の著作料を前渡しで貰ったと自慢げにいっていたことがありました。

 

 ふつうは、本は売れた冊数に応じて著作料が支払われるものなのにと思っています。出版に自己負担されたかたへは未払い。ある人には、前払い。おかしすぎますよ。
 どうなっているんでしょう!!

・手話通訳の 頸腕障害
 全国手話通訳問題研究会は、手話通訳のかたがたの 頸腕障害問題に取り組んでいるようですが。

 実際は一部のかたのみに負担をかけていますよ。

 費用の問題も。 頸腕障害患者に負担をさせてほったらかしはよくないと思います。

・札通研 S
  頸腕障害と診断され重症化の一途を辿ったとのこと、お見舞い申し上げます。

 全国手話通訳問題研究会の本部は、 古い話としてすまされるでしょうね。

 特に 頸腕障害になった人に対しては。残念ですが。それが、今の全国手話通訳問題研究会の状況なんです。
 このようなことは改めなければなりませんが‥‥‥

・手話通訳初心者
 Sさん。古い話とされるとされていますが、古い話になるのでしょうか?手話通訳が理解される状況をつくった人々の話は手話通訳の原泉でしょ。

 その原泉はそんなに古いことではないでしょ。明らかにされますよ。きっと。

・通研M
 出版による手話通訳研究の基金だけでも当時の金額で67182825円以上とはすごい金額ですね。その金額がどのようになっているのか解らない。

 そのように思われて公開質問されたことに拍手、

・すごいお金
 当時の金額で67,182,825円以上となります。ってすごいお金だと思います。それは今なら数億になるでしょうね。

 大切にしたいですね。でも、それだけのお金になるといろいろな動きが出るでしょうね。ブラックな

 ・高橋香 
  全国手話通訳問題研究会会報2001年4月1日発行を調べて見ました。

 第3号議案に全通研基金から5,000万円をとりくずす件 として社会福祉法人全国手話研修センター(仮称)を設立するための基金として全通研基金から5,000万円をとりくずすとされています。

 2001年会計報告では、全通研基金 郵便貯金16,090,773円 定期預金6,711,612円 合計83,206,893円とされ、質問状の、 手話通訳研究の基金だけでも当時の金額で7,182,825円以上の金額と合いそうに思います。

 ・全国手話通訳問題研究会会員匿名希望
  多くの人々が無償の努力や自己負担で協力され積み立てられた全国手話通訳問題研究会基金があったんですか。

 

 国や行政、各種財団から補助を受けるとさまざまな拘束や見返りが要求され、自主的主体的な手話通訳研究が出来なくなることがないよう手話に関わる人々や国民からの信託へ応えるべく手話通訳問題研究を行う基金があったんですか。とても愕きました。理想だけでなく現実化していたんですね。

・森川碧
   全通研は5,000万円拠出。代議員会で議案提案し決議。問題はないと認識。出版物の発行部数や出版会計の収支については毎年代議員会で議案として提案、承認されており特に問題がありません。とされながら、Aさんが関わった書籍等の全容解明ですが、残念ながら古い資料が探し出せません。また、発行書籍ごとの収支も出していませんので全容解明はできないとされています。

 すべて代議員会の承認を得たからと代議員会の責任で処理したからクリーンだとされていますね。

 でも、出版物の発行部数や出版会計の収支について提案されているなら出版物の発行部数や出版会計の明細はあることが前提でしょうね。

 なのにAさんが関わった書籍等の全容解明が出来ないとは理解出来ません。

 代議員会の承認があるというお墨付きと古いということを理由に著作料も含めて支払わないでいいとはならないでしょうね。

 誠心誠意を尽くす全国手話通訳問題研究会の姿が見えません。

 Bさんが一番古く全通研の役員をされているのに古いでことを済ませてはいけないと思いますし、何か明らかに出来ない訳でもあるのでしょうか。

 古い?出版も全通研は今も取り扱っていますね。その発行部数や出版会計の収支も明らかに出来ないとは。理解に苦しみます。

 ・会員になったばかり
  2020年2月16日回答といっていいでしょうか。ともかく優しさや思いや誠実さを感じず行政の方が言われることとにているように思います。誠意を示されれば、理解が出来るのでは‥‥‥ 

 ・私も会員に

  誠意を示されれば、理解が出来るのでは‥‥‥ 賛成します。通研は、誠意がないと出来ない会と思います。

・東北ブロック F

 郵便貯金と定期預金の通帳を見るだけで明らかに出来る古い出版物の発行部数や出版会計の収支なのに、なぜ全容解明出来ないのでしょう。

 個人でも古い通帳は残しています。全通研ならなおのこと残しているでしょう。なにか変です。

・元京都府職員

  全国手話通訳問題研究会発行等出版に関わる基金とその使途についてを読んでびっくりしました

 。たぶんBさんは、京都府の管理職をされていた方だと思います。

 コミセンの存在と処分等の必要性問題は、少なくない京都府職員は知っていました。

 Bさんが京都府におられた頃Bさんはコミセン関連で打ち合わせをされていたではないですか。

 研修センターが設立されたのは、2002年であり、私が研修センターに入ったのは2008年です。と書かれて自分には関係のないようにされていますが、2002年前からコミセン問題等に関われていたではないですか。

 研修センターに入った時期が後だからというのは言い訳にはなりませんよ。資料がない、記憶にない、とことを済ませようとされているようですね。
 
・埼玉

   全通研が、全国手話研修センターの設置を必要として資金を出されたのでいいのではないですか。過去のことがわかりませんが。著作料を支払っていない方がおられるなら払ってほしいです。

・埼玉のご意見
  埼玉の方のご意見に賛成です。古いことはわかりません。

 ・なんだかへん
  2001年4月1日で全通研基金5,000万円を出されたとのこと。

 その後、全国研修センター施設の改修のために巨費を集めていますが、書籍類等の未払いは放置されたままで全通研の維持・発展を考えるとそれだけのお金をつぎ込む必要があったのでしょうか。

 全通研として独自に研究センターをつくってもよかったのではないですか。

 またそれだけの費用があったのではないですか。

 全日ろう連と一緒にとよくいわれますが独自性を失っているように思いますが。

 ・福通研匿名希望
 お金に対する感覚がおかしくなってないでしょうか。

 何千万や何億というお金は私たちの取り組みとは大きくかけ離れています。

 会費も正直高いです。

 それなのに他に出すお金があれば、会費を半額ぐらいにしてもっと多くの人に全国手話通訳問題研究会会員になってほしいです。

 ・全通研古参
 1977年から全通研の会計などに関わってきた一番古い全通研役員が、古いこととして全容解明はできないとされるなら誰も解明出来ないでしょう。

 古い資料とされる以前から会計に関わってこられたのですから古いとされるのはいかがなものでしょうか。

 ・お任せの考え反省
 言い分けになるかも知れませんが手話を学んでいた時から講師の先生の言うことは間違いがないと思い込んでいたり、言われたことを手話ですればいいのだと思い込んでいました。

 でも、みなさんのコメントを読ませていただいて反省しています。おまかせ言われることごもっともの考えは大切なことを見失うことですね。この問題は、解決してほしいです。