手話 と 手話通訳

手話通訳の取り組みと研究からの伝承と教訓を提起。苦しい時代を生き抜いたろうあ者の人々から学んだことを忘れることなく。みなさんの投稿をお寄せください。みなさんのご意見と投稿で(手話手話通訳)がつくられてきています。過去と現在を考え、未来を語り合いましょう。

著作料を著者に無断で 全国手話通訳問題研究会が受け取り、収入としていた 著作を含めて基本的認識と理解が全くなかった 全国手話通訳問題研究会発行等出版に関わる基金とその使途について コメント その6

f:id:sakukorox:20200518152637j:plain

  手話を知らない人も

   手話を学んでいる人もともに

 

・ 東京都I・F   通研一会員様へ
  通研一会員様 これではないですか。

 

 9年ほど前に通研の役員の人から通研は間違いをしてもすぐ改める。
 その見本はこれ学ぶように言われいただいた資料があります。

 

 通研の正式な文章で名前、日にちも前後のこともきちんと書かれています。紹介させて頂きます。

 

 1年以上回答しなかったことで全国手話通訳問題研究会を代表して9年前に回答された文章です。答えた部分の主な点だけ紹介させていただきます。

 

① それ以前のご質問に対して、授受の連絡はもとより何らの連絡をしなかったこについて、おわびのしようもありません。
 
 さらに、一般法人社団法人全国手話通訳問題研究会として、対応し当方から申し出た事項に対してもご理解はとうていいただけないほど失礼な対応をしてしまい、重ねておわびの申しようもありません。

 

 すべて、一般法人社団法人全国手話通訳問題研究会としての全面的な責任があります。

 

 ② 本の奥付を見てもその通りです

 

 一般法人社団法人全国手話通訳問題研究会としての著作を含めて基本的認識と理解が全くなかったと深く反省しています。

 

 御指摘の通りであり、本来著者に知らすべき事項をすべて怠っていたことや著作料を全国手話通訳問題研究会が受け取り、収入としていたことについては、おわびのしようがありません。

 

③著作や著作権についての基本的認識がなかったばかりか、道義上から考えてもご指摘の通りであり、深く反省しております。大変申しわけありません。

 

④一般法人社団法人全国手話通訳問題研究会を退会された方々が今日の一般法人社団法人全国手話通訳問題研究会の基礎を創り上げていただいたことへの感謝の気持ちに欠いていたことについて、
 

 一般法人社団法人全国手話通訳問題研究会のすべてにおいて

 

「全通研の初期の開拓時代、血と涙と汗を流して全通研を創り上げてきた人々に対する敬意の表明」

 

を貫いて行きたいと考えています。

 

⑤著作者の件、発行部数と収支、契約の問題など整理してのご回答は、すべて整理してお渡しします。

 

 大変申しわけありません。

 

・戸山
  私も見たことがあります。

 

 お出会いすることを申し入れたとか。役員の上の方から聞きました。

 

 ショックですね。

 

 裏表のないようにしていただきたいですね。

 

 長く続くと弊害があるのはわかりますが、表面を繕って同じことを繰り返しているようですね。

 

 汚いです。

 

・東京都在住
 私も全国手話通訳問題研究会代表Cさん名で出された文章を見せてもらいました。

 

 東京都I・F さんの書かれておられる通りです。

 

 8年、9年前のことに関わる文章ですね。

 

 著作者の件、発行部数と収支、契約の問題など整理してのご回答は、すべて整理してとされているのに全容が明らかに出来ないとはおかしいですよ。

 

 Bさん、あなたが一番関わっておられたのですから全容を明らかに出来るはずです。

 それをしないのでおかしいと言われても仕方ないでしょう。

 

 Bさん、Cさんなぜ隠すんですか。大金ですよ。

 

兵庫県神戸市

 同じ話を通研の全国役員の方が来県された時に聞きました。

 

 今だに守られていないとは驚きです。

 

 B、C さん役員が長すぎましたね。しかも別の事業の責任者を兼ねておられて大変だったと思いますが、潔く全容を明らかにして辞任してください。

 

 このままではだめだと思います。