手話 と 手話通訳

手話通訳の取り組みと研究からの伝承と教訓を提起。苦しい時代を生き抜いたろうあ者の人々から学んだことを忘れることなく。みなさんの投稿をぜひお寄せください。みなさんのご意見と投稿で『手話と手話通訳』がつくられてきています。過去と現在を考え、未来をともに語り合いましょう。 Let's talk together.

手話 差別 籠められた人間平等とそれを共に実現する思い

 

       村上中正氏の聴覚障害者教育試論 1971年を思惟

 

  平等の手話

 

  京都の手話で、平等は左右の手のひらを前で平らに揃えて左右に広げて行くとのこと。

 

 もちろん、他にも平等・平和などの手話表現もあったことは言うまでもないだろう。

 

 注目したいのは揃えられた手のひらを平らに広げることで、穏やか、なだらか、平安、平等、平の意味合いも込められている。

 手のひらの指一つ一つを人間を表しその人々が平ら=平等であるとする意味合いが籠められていたとの記録がある。

 

  平等でないことから育まれた差別の手話

 

 ところが1960年代から1970年代にかけて平等であるはずなのに不平等である事を気づいたろうあ協会の人々は、合わせた左右の手のひらを左右に広げる手話でなく、合わせた左右の手のひらを上と下に動かした。

 

 差別という手話である。

 

 村上中正氏は、この平等、差別の手話の表現に注目したのであろう。

 

    二動作の手話に織り込めて

   本来平等であるはずなのに不平等

 

 平等な人々が、上位と下位に分けられ評価されて、分断される。

 

 これを差別という手話で表すことで、人間は本来平等であるはずなのに不平等にさせられている深い思いを二動作の手話に織り込めて見事に表現されていた。

 

差別 人間を敵視しない想い

 

 平等に差別を持ち込む想いは、京都のろうあ者に加えられた差別のさまざまな事件を解決する中で広まったとヒヤリングで伺い知ることが出来た。

 

 繰り返すが、以上の手話はひとつだけでなかったことは明らかである。

 が、差別を平等の中で考えたことは現代でも大いに注目すべき事ではないかと思われる。

 

 すなわち、差別する者と差別する者と対比して、相互を相容れない、敵対的な関係でみることでない、とする考えが手話の根底に籠められている。

 

差別してもその人は人間平等を見失っている

 

 あるひとが、ある人を差別してもその人は人間平等を見失っているのであって、自分自身の人間性を理解していないがそれを理解し合えたときに共通する人間平等で共感し合え、人間平等が広がるとする。

 

 差別という手話の中に織り込められた関係を村上中正氏は、充分承知していたようである。

 

京都ろう学校高等部の授業拒否事件から4年後

 

 事実。
 1969年に京都のろうあ協会と多くの人々が取り組んだ、結婚差別、部落差別に村上中正氏は実を粉にして取り組んだという記録もある。

 

 京都ろう学校高等部の授業拒否事件から4年後のことであるが。

 

 

 

なぜ差別だったのか 原因はどこにあったのかを追求しなかった京都ろう学校授業拒否事件

   村上中正氏の聴覚障害者教育試論 1971年を思惟

 

ろう学校の手話に対する差別事件でなかった
 京都ろう学校授業拒否事件

 

 村上中正氏の記録資料を読むと次のようなことを考えていたようなので紹介したい。

 

 まず、京都ろう学校授業拒否事件。

 今日では、広く知られるようになった京都ろう学校授業拒否事件。

 

 多くの人が、ろう学校の手話に対する差別事件だというふうに捉える傾向が強い。

 だが、村上中正氏はそのように考えていないことは既に述べてきた。

 

  どのようなことが京都ろう学校における
 差別であったのか具体的に述べない

 

 当時の京都府教育委員会及び管理職層は京都ろう学校授業拒否事件を差別問題として考えることで全て問題を解決しようとした。

 

 京都ろう学校授業拒否事件を差別問題としながらも、どのようなことが京都ろう学校における差別であったのか具体的に述べようとはしていない。

 

 そればかりか、

 なぜ差別だったのか、

 なぜ差別があった、

 原因はどこにあったのか

 

などの解明はまったくなされていない。

 

 京都ろう学校高等部の授業拒否事件を詳細に調べてみると、手話に対する意識や生徒に対する差別問題というよりも、そもそもろう学校高等部の教師たちが授業をどのように取り組んでいたのかという基本的問題に行き着く。

 

 ろう学校だから授業をいいかげんにすればいいとするのは、教師たちが生徒たちを侮蔑していたのではないかと思われる。

 

 例えば、授業がはじまれば時間どおりきちんとはじめて欲しい、という生徒たちの要求は、当然の要求であるだけでなく教師たち自身の問題でもあり管理職の責任でもあった。

 

  差別問題として考えたとしながら
「差別」という言葉を使うだけで問題解決を図らなかった

 

 当時の京都府教育委員会及び管理職層は京都ろう学校高等部授業拒否事件を差別問題として考えたとするならば、時間を守って授業を開始すると明言すべきであった。

 

 だが、これすらもない。

 

 結局、京都ろう学校高等部の授業拒否事件を差別問題として考えたとしながら、「差別」という言葉を使うだけで問題解決を図らなかったと言えるのではないか。

 

 「差別」という言葉ですべてを曖昧にしてしまったのではないか。そのようにしか考えられない。

 

 

 

 

 

聴覚障害差別、障害者差別と平等と「差別論」「矛盾と闘う」

 

  村上中正氏の聴覚障害者教育試論 1971年を思惟

 

  村上中正氏の1971年試論では、村上中正氏は、この記述から論旨不明になるが、以降に述べる同和教育の「差別論」「矛盾と闘う」の影響とそれを導入することで考えて見ればそれなりに理解も出来る。

 

 だが、そのように考えるとそれまでの村上中正氏の論述と矛盾する部分がある。

 

 敢えて、同和教育との連関で考えたのか、そうする背景があったかも知れないが。と書かれている。

 

 たしかに当時の資料等を読む限り、「村上中正氏の論述と矛盾する部分」があるように思える。
 

  論述と矛盾する部分の考察

 

 当時の記録を調べてみると、青焼きコピーであったりざら紙であったりして文字すら読み辛いところが多い。

 

 だが、解る範囲で「村上中正氏の論述と矛盾する部分」を再現し、検討してみたい。

 

   「人間平等」であったとが差別論に傾注


 村上中正氏の差別に対する考えは、あくまでも「人間平等」であったと考えられる。

 

 差別論に傾注してしまう傾向があったのも事実ではないか。

 

  このことについて考察してみると当時の京都府立学校における同和教育の問題が関連していると考えられる。

 

 

 

聴覚障害者だけの保障なのか みんなの保障なのか みんなの保障のなかに聴覚障害者もいるのか 空論でなく具体的展開

村上中正氏の聴覚障害者教育試論 1971年を思惟

 

 高等学校選抜試験・高等学校の普通科や商業科等、高等学校にある全日制と定時制など。

 

 その評価などをめぐって差別や選別の矛盾がある。

 

 村上中正氏の「対案」は、聴覚障害者の教育保障が

「高校生の中に一人の落伍者も出さない」

というものであった。


 この「対案」は、理解するのが困難であるかも知れない。

 

 「高校生の中に一人の落伍者も出さない」教育は、その後「たのしい学校 わかる授業」へと結実していくが、村上中正氏は既に教育界に居なかった。

 

 教育理念と実践と発展。

 

 いくつかの長期的スタンスで捉えなければならないようである。

 

すべての人々の課題と結びつく
  障害者問題ではなくなる

 

村上中正氏の1971年試論では、
・選抜試験・普通科や商業科等、そして全日制と定時制などの差別や選別の矛盾と対しながら、聴覚障害者の教育保障が、「高校生の中に一人の落伍者も出さない」という集団主義と個々の発達保障を統一した真の高校制度をうちたてていくことに結びついたとりくみの中で、高校全入の課題として位置づいてくる。

・だからこそ「難聴生徒にたいする高校での特殊学級ー全員入学」の要求を高い次元に発展させずにとどまるならば、それはさまざまな矛盾から身をかわし、一方ではすべての人々の課題と結びつく障害者問題ではなく、「特殊」な部分にかかわる「特殊」な措置に終わるであろう。
・それは、聾学校教育の展望とも、また高校全入とも結びっかない「ぬけがけ」ー |つまりは新たな差別と分裂にゆがめられていくおそれをもつものとなろう。と一気に述べる。

 だがこの記述は、思い先行型の記述であるように思える。そこでいくつかの視点から論旨に添って考えてみることにする。

 

  入学しても卒業出来ない
 のではなく「一人の落伍者も出さない」高校制度

 

・高校入試という差別と選別の矛盾に向かい合い、対決すること。
 ・高校に全員入学出来る「高校全入」を考えた場合、入学しても卒業出来ないのではなく、「一人の落伍者も出さない」という高校制度をつくりあげていくことが必要だろう。
・そのために「聴覚障害者の教育保障」が、「個々」と「集団」の保障が統一されると同様にすべての高校教育に結びついていかなければならない。

 

・以上のことを踏まえて高い次元に発展させなければ、人びとの課題と結びつかない障害者問題となり、「特殊な部分」の「特殊な措置」となって高校入学制度に「抜け駆け」が出来て、障害者と人びとの間に「新たな差別と分裂」がうまれ「歪めるられる」ことになるだろう。と書かれている。

 

 

京都府立山城高等学校の聴覚障害教育に関わる諸費用 京都府・京都府議会は国庫補助が全くなくても承認

村上中正氏の聴覚障害者教育試論 1971年を思惟

 

 1971年の前年。

 京都府議会は、全会一致で京都府立山城高等学校聴覚障害教育に関わる諸費用を承認したとされている。
 
  国庫補助が全くなく京都府独自に予算を組む。

 

 当時、独自予算を都道府県が組むと国から予算上の余裕があるとして各種国庫補助が削減されたりした時代。

 

 富裕県でなかった京都府が単独で京都府立山城高等学校聴覚障害教育に関わる諸費用を予算化して、承認するということは多くの制限を覚悟しなければならなかった。

 だが、それを理解した上で全会派が承認した。

 

 このことを考えるだけでも、京都府立山城高等学校聴覚障害教育に対する京都府京都府議会の並々ならぬ判断があったことが推測出来る。

 

 ー京都府立の学校の予算は、京都府教育委員会が組み議会の承認を得ると思っている人びとが多い。

 京都府立学校の土地、建物、机にいたるあらゆる備品は、京都府教育委員会のものではなく、京都府のものであることーを承知しておかないと、以上のことも以降のことも理解出来ないだろう。

 

聴覚障害者教育をすすめるための
 「必要な措置予算」の仕組み

 

村上中正氏の1971年試論では、
 京都府立山城高等学校で、聴覚障害者教育をすすめその保障のための「必要な措置」は、
以下のような手順が必要であり、踏まれていたはずだろう。
 当時の京都府条例、教育委員会規則などなどを調べて見ると、最低でも次のようなことが必要になるはずであった。

 

  聴覚障害者教育に対する具体的な措置要求 ⇔ 学校長・事務長(京都府出納責任)⇔
京都府教育委員会京都府担当⇔京都府知事⇔京都府議会⇔京都府議会承認

 

 京都府立山城高等学校で、聴覚障害者教育をすすめその保障のための「必要な措置」の予算が組まれると、校長はもちろん具体的には山城高等学校の事務長(京都府出納責任)⇒事務担当から連絡があり、「予算執行」となったはずである。

 

  京都府立山城高等学校聴覚障害教育予算
 単独予算を京都府議会も全会一致で承認

 

  この幾重にもチエック機能と検討が繰り返される中で、国庫補助の全くない京都府独自の予算が執行されていったとは。
 当時の京都府の行財政は、決して裕福ではなく近畿圏の中でも予算措置と執行は困難を抱えていたはずである。
 にもかかわらず、京都府議会も含めて独自予算を組み、執行されたことの状況と分析は必要であったはずである。と書かれている。

 

 

聴覚障害児⇔聞える生徒たち という単純図式で思考しない教育

村上中正氏の聴覚障害者教育試論 1971年を思惟

 

  多くの人々の中で、学び合い、育ち合うという教育原理が、「教える」ことの強調で、「教える」「教えられる」との関係で教育が評論されていないだろうか。

 

 聴覚障害者のインテグレーションについて考察したであろう村上中正氏は、聴覚障害児⇔聞える生徒たちという単純図式で思考していない。

 

 いくつもの輪の中に聴覚障害児も聞える生徒たちも存在すると捉えて、その輪の中で向上している教育を動的に捉えようとする。

 

 集団としてもたくましく発達するためには直面するさまざまな矛盾を回避してはならない、という1文にも深い意味があるのだろう。

 

 以下の「ひとり」で矛盾に立ち向かうということではなく「集団」で矛盾に向かい合うことで「たくましく発達」する、ことは現代教育ではもっと注視すべきことなのではないか。

 

  「集団」で矛盾に向かい合うことで「たくましく発達」

 

村上中正氏の1971年試論では、

 さまざまな矛盾に出会ってこそ発達するが、それは、「ひとり」で矛盾に立ち向かうということではなく「集団」で矛盾に向かい合うことで「たくましく発達」するという意味なのだろうか。村上中正氏は、このことについては具体的に述べていない。

 人間平等ということを「押し並べて平等」にすることではない。が、具体的に平等についての「矛盾」があれば、自分たちもその矛盾に食らい付くようにしないとたくましく発達しないというのだろう。

 

インテグレーションした聴覚障害生徒は
 裕福な家庭の場合 教科学習・聴覚言語指導

 個別指導家庭教師を雇って

 

 ここには、前述した、「ごく一部の聴覚障害者がそれぞれの発達段階において、一般の健聴者にまじって学校教育をうけてきた。しかし彼らは、それぞれのもっている一定の力量とそれなりの努力それに彼らに関わる教師や家族・周囲の人びとの善意によって支えられてきたものである。」「善意によって支えられてきた」とする一部の聴覚障害者を想定しているのかも知れない。即ち、教師や家族・周囲の人びとの善意によって支えられない生徒の場合はどうなのか、という自問自答の中での構想の発想である。

 村上中正氏は、「彼らに関わる教師や家族・周囲の人びと」と書いているが、裕福な家庭はでは、聴覚障害の生徒のために教科学習、聴覚言語指導の個別指導家庭教師を呼んでいたことを仄めかしていたのではないか。

 

  みんなが
 ひとしく教育をうけることにする

 

 では、ひとしく教育をうけることにするには、現行の高校制度の矛盾を避けてはいけない。でも、それはひとりで矛盾を受けとめることではない、という考えが織り込まれているように思えるが。

 村上中正氏は、教育行政と教師集団が聴覚障害者集団と生徒集団の発達を保障する立場で措置を講じるのか、そのために「生徒集団や父母集団がどのような要求を提起するかの具体的な課題」とする。
 だがしかし、氏は、高等学校における聴覚障害者の教育保障を現実的に考えた場合、現行の選抜制の中で入学し、「特殊学級」として固定せずに必要に応じた手だてを個々に、または集団として講じていくことが正しい、とすることによって、当時の京都府の教育行財政を分析した提起がない。
 彼の論述を実現するための基礎と前提条件を彼自身が考察しておくべきであったのではなかろうか。

 

  教育財政制度ぬきに教育のあり方は考えられない

 

 教師全般とは言えないが、多数の教師は自分たちの教育を裏付ける基礎条件としての教育行財政問題をほとんど考えていないように思える。村上中正氏が執筆した当時の京都府の教育財政等の一部概要を説明しておきたい。高等学校に「特殊学級」を置くことは、当時の学校教育法及び通知等で可能であったとすでに述べた。だが、「特殊学級」を置いたとしても義務教育でないので国庫補助制度など国からの財政援助は一切無かった。置いても置かなくても財政状況は変わらないと言っていいだろう。

 

独自予算を組むことができない
   都道府県政令指定都市の財政状況

 

 公立高等学校で「特殊学級」を置いた場合は、すべて設置者の都道府県政令指定都市の独自予算が必要となる。
 もともと国の高等学校への国庫補助及び各種補助は、設置者である都道府県政令指定都市を充足していなかった。
 そこにさらなる独自予算を組むことになると都道府県政令指定都市が負担出来ない状況まで追い詰められることになる。(高度経済成長期に一時的に「裕福な財政」であった場合を除き。)

 

公立学校の設置者と都道府県の行政の矛盾
 
  公立高等学校で「特殊学級」を設置しても、しなくても、聴覚障害者教育に対する措置を講じなければならないのは、当時の京都府立山城高等学校であれば設置者である京都府となる。
 村上中正氏は、「教育行政」の措置を述べるが、それは京都府立高等学校で聴覚障害者教育をすすめる教育行財政状況とその措置の仕組みを充分理解していたとは思えない部分である。と書いている。

 

 

 

「合理的配慮」の先行 聴覚障害生徒の学校教育における 「配慮と排除」の違い 思いやりと「甘やかし」の違い

 

   村上中正氏の聴覚障害者教育試論 1971年を思惟

 

  以下の論述を思考すると、「配慮と排除」の違い・思いやりと「甘やかし」などの問題を根本的に考えるべきことが想起される。

 

 聴覚障害児者に対する「理解」が論じられる場合、その多くは配慮という名の基に「排除」と「過保護」などの問題はないだろうか。

 

 例えば、聴覚障害児の行動をすべて許容したり、他の人びととの間でトラブルが発生した場合、聴覚障害児への理解不足だけを問題にする。

 

 これらを考えると、ひとりの聴覚障害児の問題を改めることで人びととの人間関係をつくりあげることは消去されていないだろうか。

 

 聴覚障害児として生きている以上は、他の人びと以上の「ハンディキャップ」があるのだから高校入学などは、入学試験による合格ではなく「無条件入学」「優先入学」にすべきという考えも多い。

 

 だが、それでは入学した「聴覚障害生徒」と「聞える生徒」に入学段階から「差」をつけることである。それでは、入学以降に生徒間の平等関係は築かれないとする。

 

 現在でも、形態は変わっても根本の思考は同じ繰り返しがあるのではないだろうか。

 

 村上中正氏は、あくまでも入学試験は平等にすべき、ただ配慮すべきことは配慮するという公立高等学校の入学制度の基本を主張し続けた。


「聞える生徒たち」と学ぶが
     インテグレーションでない

 

村上中正氏の1971年試論では、
・高等学校における「特殊学級」の設置は現行法を運用するための要求としてみる場合、評価を惜しむものではないが要求がその条項の適用だけにとどまるのではなく、内容としての具体的要求を明らかにしなければ展望をもたない。と、しながら当時の高等学校における難聴学級設置に賛成はしない。むしろ、山城高等学校の「方式」を是としている。

 

 その理由として、
後期中等教育の現状を広い視野でとらえたうえで、高等学校における聴覚障害者の教育保障を現実的に考えた場合、現行の選抜制の中で入学し、「特殊学級」として固定せずに
必要に応じた手だてを個々に、または集団として講じていくことが正しい。

 

・なぜなら、現在のさまざまな矛盾に障害者自身も他の人びととともに逢着し、その中で集団としてたくましく発達していく道すじが明らかになっていくからである。とする。

 

  高等学校優先入学は
 平等に学ぶことにならない

 

 入学選抜、即ち高等学校入学試験という激しい競争が現実にある中で、聴覚障害の生徒が高等学校入学試験とは「別」に高等学校に入学するならば「さまざまな矛盾に他の人びととともに逢着し」「集団としてたくましく発達していく道すじ」が明らかにならないとするのである。

 

 要するに、聴覚障害の生徒が他の高校生と共に競合して高等学校に入学しないとたくましく発達する道すじが拓けないとする。

 

  「配慮と排除」の違い
 「思いやりと甘やかし」の違い

 

 聴覚障害の生徒が、集団としても、たくましく発達するためには直面するさまざまな矛盾を回避してはならない。
 むしろ、ひとりだけでなく仲間と共に「さまざまな矛盾」に「逢着」⇔出会うことことを必須なこととして捉えている。

 

 ここではよく言われる「配慮と排除」の違い、「思いやりと甘やかし」の違い、などなどの言葉上の理解や解釈でない、障害者が人びとと共に平等に生きる上での譲れない原則を教育の分野で貫かなければならないと述べているのかも知れない。と書かれている。