手話 と 手話通訳

手話通訳の取り組みと研究からの伝承と教訓を提起。苦しい時代を生き抜いたろうあ者の人々から学んだことを忘れることなく。みなさんの投稿をお寄せください。みなさんのご意見と投稿で(手話手話通訳)がつくられてきています。過去と現在を考え、未来を語り合いましょう。

哀しみだけが友だちに  遠い日の記憶の答え合わせ

( 遠い日の落陽から考えて 投稿 高橋連 ) ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 国立病院での手話通訳。午前8時半頃に病院受付窓口に行ったが、三枝木さんはすでに長く待っていた。出会うとニコニコ顔。受付をすませて専門科外来へ。 これから三枝木さんの名前が呼ばれるまでひたす…

手話通訳した内容をすべて書くのが報告書  遠い日の記憶の答え合わせ

( 遠い日の落陽から考えて 投稿 高橋連 ) ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 三枝木さんの朝は早い。60歳を過ぎても日の出と共に出勤して夜遅く帰る。それが日常の日々だった。 病院に3回乗り継ぎをして着いたのが、約束の20分前だった。ニコニコして出迎えてくれた三枝木さ…

聞こえない から市外の病院に行ってはいけないということはないですよね  遠い日の記憶の答え合わせ

( 遠い日の落陽から考えて 投稿 高橋連 ) 手話通訳は聞こえない人のためにあると考えていましたが、わたしの友人は「聞こえる人のはなしを手話通訳するのが手話通訳でしょ。だってTVの手話通訳は聞こえる人に伝えるため。聞こえない人が手話で伝えるTV…

手話通訳 見えないバリアーがある  遠い日の記憶の答え合わせ

( 遠い日の落陽から考えて 投稿 高橋連 ) 福祉の窓口だけの手話通訳って考えは今もたくさんあるようです。 ここからここまでとか。府県を越えた手話通訳はしてもいけないとか。 管内だけの手話通訳だけとか。思わぬ規則があっておどろいたりします。 ある…

窓口だけの手話通訳だけをすればいい  遠い日の記憶の答え合わせ

( 遠い日の落陽から考えて 投稿 高橋連 ) 次に書かれていたのは、役所における手話通訳のことでした。 手話通訳が公務員として働くことは、それだけに専念出来ない役所のシステムがあったようですね。 その歯車に軋みがあり、軋みをスムーズにしようとする…

届かなかった身体障害者手帳  遠い日の記憶の答え合わせ

( 遠い日の落陽から考えて 投稿 高橋連 ) 上向きの写真の障害児の障害者手帳をお母さんに渡して数ヶ月。 管理職がわざわざ寄ってきて「あたたかかった。とても感謝されて来られたよ。」と言う。 何を言っているのかよくわからなかった。「何のことですか」…

福祉は届いたの身体障害者手帳とともに 遠い日の記憶の答え合わせ

( 遠い日の落陽から考えて 投稿 高橋連 ) 寝たきりって言われていた子どもさんと書きましたが、調べますと寝たままとも書いておられる人もいました。 産まれて、ハイハイもお座りもない子どもさんだったのですね。 病気がいまだ続いているのか、入院中か、…

寝たままの子どもさんへの身体障害者手帳   遠い日の記憶の答え合わせ

( 遠い日の落陽から考えて 投稿 高橋連 ) 役所の福祉の職場から出かけると思わなかったことが見えたり。福祉の制度の実際を知って悩まれる。 それは、悩まれたかただけの問題なのかしらと問われることが次に書かれています。 身体障害者手帳を届ける仕事は…

表札のない家 遠い日の記憶の答え合わせ

( 遠い日の落陽から考えて 投稿 高橋連 ) 役所に居てはとても知り得ない多くのことを学ぶってことは、次のように書かれてゆきます。 障害者手帳を手渡そうと家を探した末にやっとたどり着いて、ここではないかと思っても表札もなかった。 郵便配達の人は、…

役所に居てはとても知り得ない多くのこと  遠い日の記憶の答え合わせ

( 遠い日の落陽から考えて 投稿 高橋連 ) 役所の手話通訳をされているかたは、次のように書いています。 車いすに乗ったご主人と奥さんの姿を見て、身体障害者手帳が交付されると福祉係から届けに行こうと考えた。 でも、そのことで多くの批判を浴びること…

福祉の仕事は出かけないの  遠い日の記憶の答え合わせ

( 遠い日の落陽から考えて 投稿 高橋連 ) 手話通訳のかたがグランドを借りるはなしは、まだ繋がります。 拭えきれない汗が出る中でグランドを借りる手続きをして役所に帰った。歩いて動くのはとても無理だと思い「福祉係で何か乗り物はないの」と聞いたと…

見えない処にある人のあたたかさ 遠い日の記憶の答え合わせ

( 遠い日の落陽から考えて 投稿 高橋連 ) おくれて書いて申し訳ありません。 ある人から学習するようにといただいた文章をもとにわたしなりの考えを書いています。 すみません。 手話通訳のかたがグランドを借りる仕事になる話は、次のようにも書かれてい…

グランドを借りるのが手話通訳の仕事  遠い日の記憶の答え合わせ

( 遠い日の落陽から考えて 投稿 高橋連 ) 筒井つの井筒にかけしまろがたけ過ぎにけらしな 遠い昔は今と未来 と考えています。 そこで、遠い日の記述から手話通訳の姿も考えてみたいと思い投稿させていただきます。 よく、手話通訳で今は昔と違うこともある…

年間数百万が口座に入ると言っていた 全国手話通訳問題研究会発行等出版に関わる基金とその使途について コメント その9

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに ・年間数百万が口座に入ると言っていたのに 全国手話通訳問題研究会以外の人に、Bさんは年間数百万円が何もしなくても入金されると自慢していましたよね。 今回の事でそれが著作料であった事が解りました。古…

故板橋正邦さんからの伝言 キャッチフレーズですませないで 全国手話通訳問題研究会発行等出版に関わる基金とその使途について コメント その8

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに ・故板橋正邦さんの後世へのwritten message 2007,1,31 たぶん今回のことと関係すると思うので故板橋正邦さんからのwritten messageの一部を紹介させていただきます。今まで誰にも明らかにしていませんでした…

努力が蔑ろに 積み重なると大金になる 全国手話通訳問題研究会発行等出版に関わる基金とその使途について コメント その7

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに ・森川早苗 買った本をもう一度調べて見ました。 著者もきちんと書いてあるのもありましたし、大先輩の話では印刷代も払えない時代に立て替えて本にされた人もいるし、買っていただくために運んだり、お金の…

著作料を著者に無断で 全国手話通訳問題研究会が受け取り、収入としていた 著作を含めて基本的認識と理解が全くなかった 全国手話通訳問題研究会発行等出版に関わる基金とその使途について コメント その6

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに ・ 東京都I・F 通研一会員様へ 通研一会員様 これではないですか。 9年ほど前に通研の役員の人から通研は間違いをしてもすぐ改める。 その見本はこれ学ぶように言われいただいた資料があります。 通研の正式な…

全国手話通訳問題研究会 に対するクレームではなかった 思い込みを反省 全国手話通訳問題研究会発行等出版に関わる基金とその使途について コメント(2020年4月30日まで) その5

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに ・ N A-A 最初は通研に対するクレームと思っていました。 すみません。 知り合いによく読んでみたらと言われてもう一度読んでみました。私の思いこみの読み方でした。 通研に対してではありませんでした。す…

厚生労働省 に忖度か 全国手話通訳問題研究会 発行等出版に関わる 基金 とその使途について コメント(2020年4月30日まで) その4

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに ・元同僚京都府職員 私が全国手話研修センターに転職するから基金を流用したというのはまさに言いがかりであり事実ではありませんと書くBさん。 誤魔化しはやめられたら。 定年退職前に全国手話研修センター…

忖度の道か、独自の道か 全国手話通訳問題研究会 発行等出版に関わる 基金 とその使途について コメント(2020年4月30日まで) その3

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに ・東北ブロック F 考えて、もう一度資料を調べて見ました。Bさんの言われる2002年から研修センターに入った2008年頃、故Iさんが、全通研はカワッタ。取り組みの内容方向が変質したのではないかと心配だ。 君…

資料がない、記憶にない、とことを済ませようと 全国手話通訳問題研究会 発行等出版に関わる 基金 とその使途について コメント(2020年4月30日まで) その2

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに ・静岡 先輩からいろいろと聞いていましたが、個人の問題ではなく広く手話通訳の人々に関わる大切な問題だと思います。明らかにしてほしいです。 いまどき、役所や団体に気兼ねしないで手話通訳研究が出来る…

闇に葬られる前にぜひ明らかに 全国手話通訳問題研究会 発行等出版に関わる 基金 とその使途について コメント(2020年4月30日まで) その1

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに ・手話研究中手話通訳問題の基金を確保していたと書かれていますよね!! ・全国手話通訳問題研究会基金を全国手話研修センターにだしたのですか。 全国手話通訳問題研究会は、お金がなくて運営が大変と聞い…

この世に障害が感じられなくなる日まで

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに (投稿 後藤克美さんからの提起 四 ) 地方版の依頼で原稿を寄せられた後藤克美さんの文が、書き換えられていました。 書かれた文章が、漢字からひらがなやカタカナに変えられるのは書き換えと言っても間違い…

障害に「負けない」のであって「乗り越える」のはほぼ不可能に近い

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに (投稿 後藤克美さんからの提起 参 ) 後藤克美さんは、聞こえない画家とかろうあ者画家などの言い回しは全面的に否定しておられました。 画家であること自体を認めないことだと言われてました。 なぜ、聞こ…

まだ日本語には適切、的確な言葉がない

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに (投稿 後藤克美さんからの提起 貳 ) 故後藤克美さんは、画く時はとても素早く、おどろくほどです。またスケッチに描いてそれを色づけする時も見たままを色づけするように見えました。 ですが、障害⇔障がい…

障害者という漢字が「障がい」と無断で書き換えられたとき

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに (投稿 後藤克美さんからの提起 壱 ) 後藤克美さんがお亡くなりになる前にお手紙を頂いた。 それは、朝日新聞に『 行政用語 障害を「障がい」とする意味は』という投稿でした。 後藤克美さんが、自分の気持…

調べればわかるものも多く何もかも明らかにするように主張していない 全国手話通訳問題研究会基金使途不明

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに 全国手話通訳問題研究会基金の使途不明問題 資料及び意見 全国手話通訳問題研究会発行等出版に 関わる基金とその使途について (その6) 寄せられたコメントはすでに掲載してある以外は原則承認させていただ…

全容解明はできない 古い資料が探し出せない  全国手話通訳問題研究会基金使途不明

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに 全国手話通訳問題研究会基金の使途不明問題 資料及び意見 全国手話通訳問題研究会発行等出版に関わる基金とその使途について (その5) 寄せられたコメントはすでに掲載してある以外は原則承認させていただき…

貴重な手話通訳問題研究のための基金が有効活用されるよう あえて 全国手話通訳問題研究会基金使途不明

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに 全国手話通訳問題研究会基金の使途不明問題 資料及び意見 全国手話通訳問題研究会発行等出版に関わる基金とその使途について (その4) 寄せられたコメントはすでに掲載してある以外は原則承認させていただき…

アイラブパンフ 2億4000万円 以上のお金が寄せられていた 手話通訳問題研究会基金使途不明

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに 全国手話通訳問題研究会基金の使途不明問題 資料及び意見 全国手話通訳問題研究会発行等出版に関わる基金とその使途について (その3) 寄せられたコメントはすでに掲載してある以外は原則承認させていただき…