手話 と 手話通訳

手話通訳の取り組みと研究からの伝承と教訓を提起。苦しい時代を生き抜いたろうあ者の人々から学んだことを忘れることなく。みなさんの投稿をぜひお寄せください。みなさんのご意見と投稿で『手話と手話通訳』がつくられてきています。過去と現在を考え、未来をともに語り合いましょう。 Let's talk together.

舵が切られた ろうあ者問題やろうあ者の家族問題、ろう教育の問題の解決方向

全国手話通訳問題研究会運営委員会報告(1994年2月24日)「ILOVEパンフ運動その成果と教訓のための序説」を読んで アイラブパンフ運動は、手話通訳制度化のは最終目標ではなかったことは明らかでしょう。 ろうあ者と健聴者をつなぐ運動とされていたのに…

手話通訳制度は問題解決の出発点だったはずなのに

全国手話通訳問題研究会運営委員会報告(1994年2月24日)「ILOVEパンフ運動その成果と教訓のための序説」を読んで 手話通訳制度化のは最終目標ではなかった ILOVEパンフ運動で明らかになったろうあ者問題やろうあ者の家族問題、ろう教育の問題はそ…

手話通訳制度のねがいは 湧きあがる都道府県の創意ある取り組みによって

全国手話通訳問題研究会運営委員会報告(1994年2月24日)「ILOVEパンフ運動その成果と教訓のための序説」を読んで つぎつぎに寄せられた アイラブパンフハガキと日本の人々からの意見 全国手話通訳問題研究会運営委員会報告(1994年2月24日)「ILOV…

手話通訳の公的保障を問う大運動  ILOVEパンフ運動

全国手話通訳問題研究会運営委員会報告(1994年2月24日)「ILOVEパンフ運動その成果と教訓のための序説」を読んで 1994年2月24日付で全国手話通訳問題研究会運営委員会に報告された「ILOVEパンフ運動その成果と教訓のための序説」と「ILOVEパ…

日本政府を揺るがしたNew wave LOVEパンフ運動 手話通訳資格 報酬を受け取るのが手話通訳?利益を得る、得ない、派遣したところに利益が入る。利権横行でなく

日本を揺るがしたILOVEパンフ運動を知って 最近、1994年2月24日付で全国手話通訳問題研究会運営委員会に報告された「ILOVEパンフ運動その成果と教訓のための序説」をある方の手元にあり、それを読む機会がありました。 ILOVEパンフ運動は、手…

手話通訳制度のため踏み込んだことのない新しい峰へ 日本を揺るがしたILOVEパンフ運動を知って

日本の歴史上 国が初めて 手話通訳について 調査しそのあり方を考えた 4、ILOVEパンフ運動の展開 パンフ作成にとりかかる1985年7月13日には、全日本ろうあ連盟と全国手話通訳問題研究会との協議で次のようにパンフを広める運動方向が考えられ、…

手話通訳制度 すべての人々の賛否の意見を聞いてつくりあげられるもの 日本を揺るがしたILOVEパンフ運動を知って

手話や手話通訳をまったく知らない人に 「手話通訳制度調査検討報告書」を読んでもらう パンフ作成までのプログラムを次のように組んでみたのである。 第一段階は、ルポライターなどを仕事にしている人を探す。 その人の条件は、手話や手話通訳をまったく知…

手話通訳者 が除外された 手話通訳制度検討委員会 なぜ どうして 日本を揺るがしたILOVEパンフ運動を知って

ILOVEパンフ代表者三名で検討され1ヶ月で作成された 3、ILOVEパンフの作成 「手話通訳制度検討報告書」をめぐっては様々な評価が出されたが、報告書そのものの文章上の整合性上の不統一問題は、評価をさらに混乱させるものとなっていた。 198…

すべての人々のろうあ者や手話や手話通訳にたいする率直な意見を聞き・学び直すという大学習運動 日本を揺るがしたILOVEパンフ運動を知って

手話通訳研究28号より ろうあ者が直接地方行政に働きかけ 手話通訳制度化をつくりあげる 2、ILOVEパンフ運動をすすめるまでの若干の経過 戦前、ろう教育が、ろうあ者の意志とは別に手話法から口話法へと転換された頃に、手話を社会的に認知させようと…

今の手話通訳はもとめられてきた「理想像」なの 日本を揺るがしたILOVEパンフ運動を知って

最近、1994年2月24日付で全国手話通訳問題研究会運営委員会に報告された「ILOVEパンフ運動その成果と教訓のための序説」をある方の手元にあり、それを読む機会がありました。 ILOVEパンフ運動は、手話通訳認定や手話通訳のあり方に大きな影響を与…

手話言語条例 少しずれ メヒコ(メキシコ)が提案したことは

En solidaridad con Takahiko Mochida comentario 訳 1/12/2019 京都手話通訳問題研究会会長持田隆彦 ねっとわーく京都 崩された京都の福祉がすすんでいたところ 持田隆彦は、京都の福祉がすすんでいたという。 だが、ほかのところでやらないのなら京都もや…

漢字 をうまく取り入れた手話 ろうあ者に解り、伝わることへの創造的発展された手話 漢字に多くの影響を受けた日本の手話まで否定するとは 表意 表音 をみごとにとり入れている

En solidaridad con Takahiko Mochida comentario 訳 1/12/2019 京都手話通訳問題研究会会長持田隆彦 ねっとわーく京都 漢字に多くの影響を受けた日本の手話 漢字は古代中国で考えられアジアの多くの国に影響を与え、日本でも使われている。漢字は、世界四大…

手話の国家統制が「古い手話」の存亡の危機を産む

En solidaridad con Takahiko Mochida comentario 訳 1/12/2019 京都手話通訳問題研究会会長持田隆彦 ねっとわーく京都 持田隆彦は、日本の手話が「表現のうわべだけが統一されて」いて、彼の手話を「そんな古い手話は使わない」と言われると発言している。 …

気持ちを表現する手話 古いとされるのは なぜ

En solidaridad con Takahiko Mochida comentario 訳 1/12/2019 京都手話通訳問題研究会会長持田隆彦 ねっとわーく京都 持田隆彦は、日本の多くの手話と手話通訳を学び続けてきた。それだけの蓄積を身に纏った人物であると思われるが、じつに謙虚である。 日…

うらやましい の手話 先入観で、決めつけ、押さえてはならない手話 暮らしの中から産まれた手話が禁止されている 乳房に手を添えてを大切に

En solidaridad con Takahiko Mochida comentario 訳 1/12/2019 京都手話通訳問題研究会会長持田隆彦 ねっとわーく京都 持田隆彦は、日本の伝統文化と生活から生まれた手話を大切にしようと話す。 じつに感慨深い。 うらやましい 女性差別 卑猥とは 持田 (…

味のない手話が多く 私もそれに慣らされて

En solidaridad con Takahiko Mochida 訳 1/12/2019 ねっとわーく京都 1/12/2019 ねっとわーく京都に京都手話通訳問題研究会会長持田隆彦が、実に興味深いことをはなしている。 このことに対するcomentarioを発信する。 彼は次のように言う。 手話表現自体が…

聞こえない聴き取りにくいともすれば孤独になることもあるが「待つ」という時間の「間」

ある聴覚障害者との書簡 1993年 寄稿 手づかみで食べる身振りから箸、箸を使う「過程」を考えてみよう。 手づかみで食べる身振りは、表現としてひとつ。 手づかみを仲間たちは、止めようとした人がいたけれど、止めなかった。 自分も同じ経験をしてきたから…

聴覚障害は自分だけ みんなは聞こえている中で学んできたが

ある聴覚障害者との書簡 1993年 寄稿 瀬山君は、学ぶということを「教えられたこと」を「そのまま覚え込む」と思っていないだろうか。 また、教える人と学ぶ人を分けていないだろうか。 学ぶ人々がお互いに学ぶあってこそ 私は、学ぶことは学ぶ人々がお互い…

未就学のAさん どうしても「どっちに」「けれど」が解らない

ある聴覚障害者との書簡 1993年 寄稿 手づかみで食べる暮らしへの援助 未就学の聴覚障害者と「いろいろあったんよ、」とは。 未就学の聴覚障害者AさんとBCDEさんや多くの人がAさんと話し続けた。 手づかみの食事は、Aさんの生活そのものを現していたという。…

手づかみで食べることから産まれた「微笑み返し」

ある聴覚障害者との書簡 1993年 寄稿 聴覚障害者の人びとは一生懸命 でもなんの反応も表さなかった 未就学の聴覚障害者と出会って、十数年経ってしまったが。 その人が、聴覚障害者の人たちの集まりに参加しはじめた最初の頃は、ただただじっとしているだけ…

同じ身振りと手話の繰り返しから手話の伝播までに至る「法則」

ある聴覚障害者との書簡 1993年 寄稿 「手話の伝播」までに至る「法則」 なかまには笑みがあふれ出してきた、との話。学ぶことと意味があるので少し心に留めておいて欲しい。 同じ身振りと手話の繰り返しが続いたが、それから少しづつ手話が「伝播」して、さ…

ともかく同じ身振りと手話をするのが楽しくてたまらない

ある聴覚障害者との書簡 1993年 寄稿 聴覚障害者の施設の廊下を歩いていると忘れることの出来ない娘さんに出会った。 昔の面影は残しながも表情は生き生きしていた。 ある聴覚障害者に同行して京都府下の小さな家を訪ねたと書いたが、同行した聴覚障害者が施…

学ぶ権利を投げ捨てる権利だけ

ある聴覚障害者との書簡 1993年 寄稿 聴覚障害者が学ぶことが大切だというの?という質問は、学校で、という意味も含まれているだろう。 学ぶ機会がいくらでもある 今の時から過去を考えていないか 学校に行けなかったら、学校以外で勉強したらいいと言うか…

聴覚障害の子は産まれてからほとんど家を出ることはなかった

ある聴覚障害者との書簡 1993年 寄稿 聴覚障害者が学ぶことが大切だというの? 未就学の聴覚障害者の未来 ある聴覚障害者に同行して京都府下の小さな家を訪ねた。駅から歩いてとても時間がかかった。 農村地帯の集落の端。他の家と比べると「納屋」かと思え…

「聴覚障害で困ったことは?」「何にもない」

ある聴覚障害者との書簡 1993年 寄稿 聴覚障害で困ったことは なんにもない お母さんがしてくれる あなたの友人(仮名 瀬山君)から少し違った質問があり、それに対して書いた手紙のコピ-を同封しておきますので合わせて読んでみて下さい、と書いておきまし…

最高の手話通訳 トップレベルの手話通訳 はいない 螺旋階段を「登り切ったと思う人」

ある聴覚障害者との書簡 1993年 寄稿 本当に言いたいことを手話で表現が出来る あなたは、「受け身の手話」ではなく、「手話」はあなたのものでもあることも理解して、あなたの本当に言いたいことを手話で表現が出来るようになってきていますね。 人間の成長…

「受け身の手話」ではなく 「手話」はあなたのものでもある

ある聴覚障害者との書簡 1993年 寄稿 「自己表現」することが「ひとつ」しかない いくつも表す手話なんて、おかしい、とまで言いましたね。 でも、そういうあなたの中に「自己表現」することが「ひとつ」しかないという「受け身のコミュニケーション」を見い…

聴覚障害者の基本的人権 対等平等の関係のコミュニケーションから

ある聴覚障害者との書簡 1993年 寄稿 基本的人権の感覚が脱落した 聴覚障害者のコミュニケーション 私は聴覚障害者のコミュニケーション問題を論じるときに基本的人権の感覚が脱落していることに気づくことがしばしばあります。 例えば、聴覚障害者のコミュ…

手話が「消されて」しまう

ある聴覚障害者との書簡 1993年 寄稿 手話で会話をしている人たちの手話を すべて調査・記録・保存・研究・公開 日本では、それらのことがされないまま主観的に経験的に手話を断定されて、と書いたのは、手話で会話をしている人たちの手話をすべて調査・記録…

手話 はなしことば それぞれの良さを生かして「共有」することこそ

ある聴覚障害者との書簡 1993年 寄稿 はなしことばにも手話にも一長一短がある 手話を見きわめてゆけば、はなし言葉にある無駄なことがあったりして、手話で表現することを困難にしているとさえ感じられるときがあります。 日本語のはなしことば(音声言語)…