手話 と 手話通訳

京都の手話通訳者の取り組みと研究の中からの伝承と教訓をみなさまに提起します。戦前戦後の苦しい時代を生き抜いたろうあ者の人々から学んだことを決して忘れることはなく。

2017-07-22から1日間の記事一覧

本質をとらえた多様な手話 うなぎ ねずみ やぎ 竹 松 虎 たこ たこ踊り 淡路 スイス 腕時計 イタリア ドイツ 京都の手話

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー うなぎ。 今は高値で、食べられないウナギ。昔は、店先でうなぎを選んでさばいてかば焼きにしてもらったという。 だから、うな…

広く取りいられていた身体表現と同じ 鳥 馬 鬣 おうむ とり 牛 かに あひる 京都の手話

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー 馬。 この馬の表現は、手のひらを拡げて目尻の少し後ろにの甲をあてて手の甲を付けたまま手の平を後ろに回す。 馬の鬣(たてが…