手話 と 手話通訳

京都の手話通訳者の取り組みと研究の中からの伝承と教訓をみなさまに提起します。戦前戦後の苦しい時代を生き抜いたろうあ者の人々から学んだことを決して忘れることはなく。

宇治市手話言語条例 お国のために戦い傷ついたから他の障害者とは別だ

f:id:sakukorox:20180329111600j:plain

手話を知らない人も

     手話を学んでいる人もともに
{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介

 

  宇治市身体障害者連合役員会議での混乱と障害者年金+軍人恩給の問題をめぐって会長は収まりがつかなくなるようにしてしまった。

 

  お国のために戦い傷ついたから

   別だとする軍人恩給手当

 

 障害者でも障害の「程度」によって障害年金支給額は異なってくる。

 

 でも、傷痍軍人は、お国のために戦い傷ついたから別だとする軍人恩給手当。

 

 軍人恩給には、軍人の階級によって同じ障害の程度でも支給額が極端に違う。上級士官となるととても高額になる。

 

障害者団体の中での
 驚きとため息と怒りの交差

 

 宇治市身体障害者連合で肢体協会のある役員が、「軍人恩給言っても戦争の時の階級で金額が違うのです。私らは、ほとんどありません。」と言い、会長のほうが上級士官だったから軍人恩給が高い、と言い出したことで役員会議は驚きとため息と怒りが交差した。

 

 盲人協会やろうあ協会からは、戦争が終わっても軍人の階級制度が廃止されるのではなく生きている。

 

 同じ障害を負いながら平等でないこと。

 

 身体障害者の役員に肢体協会から役員が出てくるのも旧軍人の序列となっていること。

 

 などが驚きとともに指摘され宇治市身体障害者連合会長はあわてだしたが、後の祭りであった。

 

行政が補助金
事業への補助という名目で団体に丸投げ

 

 結局、宇治市身体障害者連合会長は宇治市からの助成金を「三等分にする」と言い出して、この日の会議は終わった。

 

 後味の悪い会議になったと少なくない人は思ったようだった。

 

 この日から、障害者団体同士でもめることなく、行政が補助金を事業への補助という名目で団体に丸投げして事をすませ、障害者福祉を放置していることに目を向けていこうという動きになっていく。

 

宇治市手話言語条例
本市の責務及び市民等の役割を明らかにするとともに、本市が推進する施策の基本的事項を定めることにより、障害のある人もない人も相互に人格と個性を尊重し合いながら共生する社会を実現することを目的とする。