手話 と 手話通訳

京都の手話通訳者の取り組みと研究の中からの伝承と教訓をみなさまに提起します。戦前戦後の苦しい時代を生き抜いたろうあ者の人々から学んだことを決して忘れることはなく。

2017-06-21から1日間の記事一覧

手話 「手話はろうあ者の母国語である」は錯誤 1954年 京都 の 手話

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー 「1954年手話冊子」 第1章 (1)-8 生まれながら音声言語をきくことのない ろうあ者を 思惟や心性を この社会から切り離して考…

手話はろうあ者の母国語と国民や日本に住む集団のつながりを否定する1954年 京都 の 手話

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー 誤解されやすい、二、三の点について記述 「1954年手話冊子」 第1章 (1)-7 僕らの考える手が、シンボル的表現として、抽象段…

サリヴァン女史が述べている合図や身振りをそのまま「手話」と考えることはまちがいである 手話とは何か 言語とは何か(その3 )ヘレン・ケラーからまなんだ1954年 

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー 「1954年手話冊子」 第1章 (1)-6 更に、同じ日の出来事について、彼女の偉大なる教師でもあったサリバン先生は次のように述…

手話とは何か 言語とは何か(その2 ) を ヘレン・ケラーからまなんだ1954年に提起 京都 の 手話

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー 「1954年手話冊子」 第1章 (1)-5 彼女(注 ヘレン・ケラー)は「私の生活」という自叙伝の中に、次のように述べている。 「…