手話 と 手話通訳

京都の手話通訳者の取り組みと研究の中からの伝承と教訓をみなさまに提起します。戦前戦後の苦しい時代を生き抜いたろうあ者の人々から学んだことを決して忘れることはなく。

2017-12-18から1日間の記事一覧

電話が鳴ってこないわけ 「聞こえないろうあ者は~」といっも言っているのに

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃のことから}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 ならない黒電話を前に 電電公社に到着して息つく間もなく必死になって電話を引くための手続き。 電電公社の人が言…

「待ってくれ!!」「速すぎる!」「止まって!!」と叫んでも届かない

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃のことから}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 頭の中で考えるとと 実際に経験することとの間で差が生じそれをどう理解するかで 手話通訳者の方向が決まる 「聞…

微妙な問題も生じた 手話通訳 は何から何まで全て ろうあ者 のためにするものではない

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {再編集投稿・1969年頃のことから}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 手話で話をしていくことが増えるにつれ Aさんの声が気にならなくなる 「ハイライトクダサイ」と言ったAさんの声…

ろうあ者は手話を と言っているのに声を出すのはおかしい????

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃のことから}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 自分で出来ることは自分でする でも、出来ない時は 手話通訳をしようとすると、Aさんは押しとどめた。 ここでは私…

押しとどめる仕草と手話通訳

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃のことから}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 何かしなければという焦りが手話通訳者を襲うとき 新たな体験をしたとき、その印象は強く残るものである。 まして…