手話 と 手話通訳

京都の手話通訳者の取り組みと研究の中からの伝承と教訓をみなさまに提起します。戦前戦後の苦しい時代を生き抜いたろうあ者の人々から学んだことを決して忘れることはなく。

2018-08-09から1日間の記事一覧

ろうあ者権利主張と決別してプロ宣言をした 丸山浩路 氏の本音と苦悩 第2回全国手話通訳者会議および通訳者研修会 1969年

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 ろうあ者の権利か 手話通訳者の位置づけかの分岐 司会(京都ろう学校教師) この会議に出席することについて、私の場合、学…

法をまげてまでも、ろうあ者を守るのか 手話通訳者のあいまいな位置  第2回全国手話通訳者会議および通訳者研修会 1969年

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 ろうあ者の権利を守る ろうあ者の立場に立つて 坂本 指文字について、東海地方はあまりやっていない。 東京ではよくやつてい…

冤罪・罪なきろうあ者に罪を被せることに抗って 第2回全国手話通訳者会議および通訳者研修会 1969年

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介 冤罪・罪なき者に罪を被せることに抗って 司会 結婚間題、雇用間題は明日少しでると思います。 蔭森 スリをやつた人がいた。…