手話 と 手話通訳

京都の手話通訳者の取り組みと研究の中からの伝承と教訓をみなさまに提起します。戦前戦後の苦しい時代を生き抜いたろうあ者の人々から学んだことを決して忘れることはなく。

自分の思い込みで手話通訳をする とんでもない事態を引き起こす

f:id:sakukorox:20190710001634j:plain

手話を知らない人も

           手話を学んでいる人もともに
                                 {再編集投稿}手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介

全国手話通訳問題研究会結成の思いと行動
 全国手話通訳問題研究会結成

    当時の初代事務局長谷勇男氏へインタビュー

 

観察、考察、所感、感想などなど

       が区別出来ない

 

 (ケースワークの養成学校で学んでいる人が、実習簿が書けないんですよ。それでみんな泣かはる。)実習したことが書けないのですよ。

 

 なぜか。

 

 観察、考察、所感、感想などなどが区別出来ないでいるから。


 だから、観察、考察、所感、感想などなどが区別を教えることばかりしている。

 

ソーシャルワーカーが出来る力量
レベルでないと手話通訳

(資格を取得した)は出来ない

 

ーーそういう人は手話通訳出来ないでしょう。

 

 出来ない。

 

 ソーシャルワーカーが出来る力量、レベルでないと手話通訳(資格を取得した)は出来ないと思うんですが。 

 

  自分の思いで手話通訳をする。

 

 とんでもないことに事態を引き起こす。

 

 言っている(音声語)ことを手話にすることはなかなか難しいことがあるが、聞き手のろうあ者の言語力量も関係することもあるが、難しいことを可能な限り客観視して、伝えられる手話通訳の技術は絶対に必要。

 

ことばで言った通りに書き

            それを積み上げていく
 

 そういうことを言っても学生に言っても難しい、となるので私は、まず、ことばで言った通り「  」ないに書きなさいと言う。

 

  それを積み上げていくと観察、考察、所感、感想などなどが出来るようになってくる。

 

 積み上げていくと。

 

 否が応でも客観的に捉えなければならないことが出てくる。

 

 サービスを受けているお年寄りが、このように言った、俺はこんなところに居たくはない、と言う話があったことを実習簿には「私はこんなところに居たくない」と言いました、と書けるようになる。

 

 が、

 

「俺はこんなところに居たくはない」

 

と言ったことをそのまま書いたら言い、と教える。

 

 その「俺はこんなところに居たくはない」と言ったことに回りの人がどのように言ったか、そのまま書いたらいいと指導するが、それがなかなか出来ない。

 

センセーショナルにとりあげられるが
手話で話されていることとまったく違う

 

ーーあるTVでろうあ者の施設入所をめぐって親類が、ろうあ者はこの施設を退所したいと言っているのに退所させなかったとビデオの映像をTVが放映した。

 それを見ると、施設を退所したいと言ってない、○○○○に行きたいと。

 自分の産まれた○○○○に行きたい、といっている手話。でもTVでその動画が流さた。
 行きたい、と退所したい、と大違い。

 

 その人の年齢と地域から考えて「行く」「やめる(退所)」は区別出来るはず。
 とにもかくにも「行きたい」が「退所したい」と言っているとTVで説明され放映されていた。テロップでもアナウンスでも「退所したい」と言っているとなっている。

 手話で言っていることが「きちんと観られて(読まれて)」いない、何かセンセーショナルにとりあげられることがあまりにも多いのでは。

 

黒いカラスも赤いぐらい
 メディアの作用が大きすぎる

 

  今、映像をつくる側も解説する側の作用。

 

 メディアの作用が大きすぎる。

 

  今の時代は、そのように放映したり、言ったことがすべてになる。「言ったもん勝ち」。

 

 黒いカラスも赤いぐらいと言ってもおかしくない状況があるのでは。

 

  また突然「どんでん返し」もある。

 

  今こそメディアの側が真剣に考えないと日本の先は暗転するのではないかと思っています。

f:id:sakukorox:20190710002401j:plain

f:id:sakukorox:20190710002434j:plain

 

 

 

事実をありのまま手話通訳出来ない 話の筋道に主観が入り込んで

f:id:sakukorox:20190706220120j:plain

手話を知らない人も

                手話を学んでいる人もともに
                                   {再編集投稿}手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介

 

全国手話通訳問題研究会結成の思いと行動
 全国手話通訳問題研究会結成

    当時の初代事務局長谷勇男氏へインタビュー

 

自分の理解で手話通訳する
 言ってもいないのに

 

ーー手話通訳以前の問題として、相手が何を言っているのか、何を言わんとしているのか、などなど理解出来ない人が手話通訳者が増えているのではないかと思うことがありますが。

 5W1H、Who(だれが)When(いつ)、Where(どこで)、What(なにを)、Why(なぜ)、How(どのように)を理解して手話通訳したり、伝えることすら出来ない。ましてや文章にすることも。言っている人の要点理解なども恐らく出来ないのではないかと思うことがありますが。言ってもいない、のに自分の理解で、言って、と手話通訳する傾向が非常に強くなっているのではないでしょうか。

 全国手話通訳者会議では、異なった意見でも論議し合ったのでは。それが今は無く、一方通行の話で、解らないのに「わかったふりをする」、これでいいのでしょうかねぇ。

f:id:sakukorox:20190706220357j:plain

 

手話通訳している人が
 感じたり 思い込んでいることを

    手話通訳する

 

 ものごとを客観視出来ないのでしょうね、それは。 

 

  例えば、Aさんが怖い顔をしてこっちを見ている、と手話通訳している人が言う。

 

 また書いたりする。

 

 Aさんが怖い顔をしてこっちを見ているのではないのです。

 

 手話通訳しているしている人が、そう感じたり、思い込んで、いる。

 

  では、どのように表現したらいいのかと言えば、Aさんがじっと私の顔を見つめていた、ということなのに「怖い顔をしてこっちを見ている」と通訳して客観的な手話通訳が出来ない。

 

  話の筋道に主観が入り込んで
   手話通訳してしまっている

 

 客観的。

 

 物事の道理や話の筋道に主観が入り込んでしてしまっている。

 

 事実をありのまま客観視出来ない。

 

 ケースワークの養成学校で学ぶときに、本当の訓練をしているが、物事の道理や話の筋道に主観が入り込んでしまっている人が非常に多すぎる。

 

 客観視した話が出来ないんです。

 

 ケースワークの養成学校で学んでいる人が、実習簿が書けないんですよ。

 

f:id:sakukorox:20190706220829j:plain

 

多様性 個別性 の手話 を認めてこそ 山の手話はひとつでないように

f:id:sakukorox:20190629195106j:plain

手話を知らない人も

     手話を学んでいる人もともに
        {再編集投稿}手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介

 

全国手話通訳問題研究会結成の思いと行動
 全国手話通訳問題研究会結成

    当時の初代事務局長谷勇男氏へインタビュー

 

  ろうあ協会から言われただから
 それをする 手話通訳として正しいか

 

  地方の手話通訳者が非常に困っていて相談がある。

 

 どのように手話通訳を位置づけて、どのような仕事をするのか、きちんとしていないと。

 

 ろうあ協会から言われたから、それをする、しなければならない、と。

 

 それが手話通訳として正しいかのように。

 

聴覚障害者が他の人々と生きること
 あたり前になるようにどのような仕事を

 

 そうではなくて、その地域に地方自治体として聴覚障害者が他の人々と生きることが当たり前になるようにどのような仕事をするのかとかが考えていかないと。

 

 考え切れていないのでは。またそのための運動があまりないのでは。

 

 今 すすめられている手話の悪いところは
 形式化画一化していく傾向

 

ーー1950年代以前、1960年代のろうあ者と手話で話をしてきたが、ある日、ある地域に行くとそこに行ったことがないのに、居たような気がする。
 なぜかなぁ、とよくよく考えてみると、その地域に居たろうあ者と話をしたことにハッと気がつく。話をしていたことが、イメージとして残っていてその地域に行くことで現実とイメージが結びつく。 

 

  山肌は△で表すただの山の形ではなく、その地域の山の形と情景が手話で表されていてその風景のなかに居たかのように思い出されてくる。そういう手話。

 

  今 薦められている手話の悪いところは形式化画一化していく傾向のために、山は山でしかなく、その地域の山の形状ではないことになってしまっている。

f:id:sakukorox:20190629195554j:plain

手話の多様性や個別性を認めて

 

 多様性や個別性を手話のなかでも認めていかないと、いけない。

 

 いろいろな手話通訳の活動スタイルがあってもいいが、手話通訳はかくあらねばならない、のようなことで決めつけて形式画一化してはいけない。

 

  ライセンスをランク付けして

 報酬分けして格差付け
    それは簡単である意味楽

 

 いろいろな人が居るのだから、いろいろな人を巻き込んで手話通訳者集団の裾野を拡げてゆかなければならないのではないでは。

 

 ライセンスをランク付けして報酬分けして格差付けする。

 

 それは簡単である意味楽。

 

 

手話 地方の手話を 認めず 汲み取らない で官僚制度のように下すだ全日本ろうあ連盟の一部の人たち

f:id:sakukorox:20190627104636j:plain

手話を知らない人も

        手話を学んでいる人もともに

{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介

 

全国手話通訳問題研究会結成の思いと行動
 全国手話通訳問題研究会結成

   当時の初代事務局長谷勇男氏へインタビュー

 

ーーアメリカ手話の最近の傾向としては、いわゆるアルファベットの組合せの手話がある。昔はそうではなかった。京都にアメリカのろうあ者が観光に来たりしていたので。Japanは、小指でJをして目尻辺りを斜め上に引くJと目尻で表現する「日本」などのことがあったんですが。
 日本人と中国人をごっちゃに考えている手話表現だなぁと思った。これは誤解偏見と思うかもし得ないが、世界との交流が充分なかったとき日本人でも他国を誤って理解していることもある。パリとフランスは別の国と思っているような。
  今は、ABCなどの記号でで略した手話になってますね、共通語と言わないで標準語という日本は中央統制が強いのでは。

 

  中央主義の手話
 地方の活動を吸収しようとしない

 

 今は東京が日本の中心で、東京がいいとか、東京が手話の標準とか。中央中心になっている。

 

 まあ言えば、全日本ろうあ連盟も中央主義と言える。

 

 全日本ろうあ連盟の一部の人たちの旗印の下に地方のプランや活動を吸収しようとは思わないのでは。

 

 全日本ろうあ連盟の一部の人たちが決めたことを、地方に下ろすような、手話でも地方の手話を吸収しようとすることはほとんど無いのでは。

 

独特の手話や考えそれらが尊重されて
 地方の手話を感心しながら受け入れ

 

 かって全日本ろうあ連盟は、そういうことはなかったけれど次第に変質してきているのでは。

 

  長く苦労をしてきた全日本ろうあ連盟の役員は、苦労してきたが故にさまざまなユニークと言っていいのか、独特の手話や考えを持っていた。またそれらが尊重されてきた。

f:id:sakukorox:20190627105541j:plain

 

 物をつくっている人とか、画家とか、さまざまな仕事をしていてそういう人たちが全日本ろうあ連盟の役員になって非常な苦労を重ねて次世代の全日本ろうあ連盟を育ててきた。

 

  だから、手話も全日本ろうあ連盟の役員が決めて地方に下ろすということではなく、地方の手話を感心しながら受け入れてきた。だから多様な手話で話し合いをしていていた。

 

 組織的にするためかどうかわからないけれど、なんか全日本ろうあ連盟は官僚制度のような形になってきたのではとも言えるでしょうね。

 

 

 

手話研究は ろうあ者が実際使っていた手話 を分析してこそ研究 つくった手話でなく

f:id:sakukorox:20190623213742j:plain

手話を知らない人も

                    手話を学んでいる人もともに
{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介

 

全国手話通訳問題研究会結成の思いと行動
 全国手話通訳問題研究会結成

当時の初代事務局長谷勇男氏へインタビュー

 

間に合わせで後からつくった手話が多い

 

  ーーデタラメな手話が広められたり、している。それを安易に信じこみ広める人も。手話の伝統、引き継がれてきたものを手話として伝承しないで「新しい手話」などとしてつくられたといわれていますが。


 音声言語に間に合わせで、後からつくった手話が多いですね。

 

本当に手話を研究するなら
  ろうあ者が実際使っていた手話を分析
緻密に積み重ね深く探求
本質的な手話や手話表現を

     捉えていくことは出来ない

 

 本当に手話を研究するならば、ろうあ者が実際使っていた手話を分析する。

 

 どういう場面でどのように手話を使ったのか、とか。

f:id:sakukorox:20190623214453j:plain

 

 そういうことを緻密に積み重ねて、深く探求していかないと本来の本質的な手話や手話表現を捉えていくことは出来ない。  

 

日本の手話とアメリカの手話と交えて
 かなり手話で通じあえた

 

  国際手話づくりしていると聞いたが、共通するものがあることを知ればコミュニケーションは成立する。

 

 アメリカのろう学校の先生が、失恋して日本に来たんです。

 

 社会福祉法人の施設などを説明して回ったが、アメリカの音声会話でなくかなり手話で通じた。

 

 その人は、手話通訳のライセンスを持っておられて、日本の手話とアメリカの手話と交えて話し合うことが出来た。

 

 

「新しい手話」 は  伝統・引き継がれてきた手話を発展させたものではない 

f:id:sakukorox:20190622114904j:plain

手話を知らない人も

     手話を学んでいる人もともに

{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介

 

全国手話通訳問題研究会結成の思いと行動
 全国手話通訳問題研究会結成当時の

    初代事務局長谷勇男氏へインタビュー

 

コミュニケーションの自由で

     多様な方法が「制限」

 

ーー昔は、学校にも行けないし読み書き出来ないろうあ者は多かった。
 今は、読み書き出来たり、パソコンでやりとり出来るようになったいる。
 だからそういうことと手話を組み合わせて自由にコミュニケーションとってもいいと思われますが。

 

 そのことについては、全日本ろうあ連盟の方針があるのではないですか。

 

 手話の言語化とかあって、フレキシブルに考えない。

 

 手話がなぜ出来たのか、を考えれば、おのずと自由にコミュニケーションをする、ということが解るはずだと思いますが。

 

記号化されたものを言語とする考え

 

 言語とは何かを明らかにしないで、ひとつには記号化できる、されたもの、であるという考えが頑なにある。

 

 しかし、もうひとつには、手話はそれぞれの地域でさまざまな表し方があって、発音の違いや身振りがある。 

 

 さまざまな表し方を肯定しない。

 

表記出来ない仕種や音声言語だけではなくいわゆる非音声言語などいろいろなものを含めて考えることがある。

 

手話を記号化出来るかどうかが左右

 

 今の時代は、記号化出来にくいもの、出来るもの、が左右されている。

 

 パソコンが中心になっているからでは。

 

ろうあ者が手拍子とる

  はずがないとかの決めつけ
 伝統引き継がれてきた手話を伝承しない

 

ーー京都の「嵐山」の手話は、八重桜を表しているとネット上に動画で出ている。
 嵐山は八重桜の名所でない。嵐山で昔からろうあ者は花見に行って踊ったり、手を叩いて手拍子をとった(嵐山)のにまったく根拠もないデタラメなことがネット上で広められたりしていますね。それを安易に信じこみ広める人も。

 

 ろうあ者が手拍子とるはずがないとか、そのような考えで、つくった手話が多いのでは。 

 

 伝統とか、引き継がれてきたものを伝承した形で発展させたものではない。

 

 

 

手話はいろいろ それが手話である あたりまえして考え画一化する動きを問題視して

f:id:sakukorox:20190620231148j:plain

 手話を知らない人も

               手話を学んでいる人もともに
{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介

 

全国手話通訳問題研究会結成の思いと行動
 全国手話通訳問題研究会結成

  当時の初代事務局長谷勇男氏へインタビュー

 

ーー全国手話通訳問題研究会を結成し、結成以降の全国手話通訳問題研究会を創りあげてきた中心人物として、現在の手話通訳者や全国手話通訳問題研究会を結成の頃の思いと比べて、手話や手話通訳や全国手話通訳問題研究会をどのように思いますか。

 

  全国手話通訳問題研究会結成前後からも学術研究などいわれていたが、本質的に形式な型にはめるようなことはほとんどやられてこなかった。
 
 手話の統一性や画一性は言われなかった。地域でいろいろな手話があり、あってあたりまえ、あるのは当然だと考えられていた。

 

手話の画一化は厚生労働省

全日本ろうあ連盟との関係が原因

 

 画一化されてきたのは、厚生労働省と全日本ろうあ連盟との関係でしょ。

 

  厚生労働省が、手話の単語を増やさなかったら補助金を出さないとか、なんだかんだと言ってくるからそれに巻き込まれた。

 

 それと手話通訳の関係とかいろいろあるのでしょう。

 

分かりにくいから
昔の手話はだめだと決めつけられているが

 

ーー昔から手話は、このように表現されていたと言ってもまったく通じなくなっている。

 

 通じない、通じない。

 

 音声言語を中心に考えたら分かりやすい、ということになってしまっている。

 

 分かりにくい(昔から手話)はあかん、と。 

 

ろうあ者の暮らしを知ったり
話をしたりろうあ者の手話や仕種を見たり
 そういうことで私たちは学んできた

 

  ろうあ者の暮らしや耳が聞こえない状況とか、そういうことは考えられないし経験出来ない。

 

 だからこそ、ろうあ者の暮らしを知ったり、話をしたりする、ろうあ者の手話や仕種を見たり、そういうことで私たちは学んできたし、学んでいく。