手話 と 手話通訳

京都の手話通訳者の取り組みと研究の中からの伝承と教訓をみなさまに提起します。戦前戦後の苦しい時代を生き抜いたろうあ者の人々から学んだことを決して忘れることはなく。

手話の伝統は続いているのか 祖先 友だち しわ 当番 役員 妾 血 京都 の 手話

f:id:sakukorox:20170626205800j:plain

手話を知らない人も

  手話を学んでいる人もともに

 

  {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー

 

祖先。

f:id:sakukorox:20170626205941j:plain

f:id:sakukorox:20170626210009j:plain

 

 親指を交互に回しながら上に上げて行く手話。

 

 逆にすれば伝統の意味の手話。

 

 しかし、祖先も伝統も同じように表現されていた。

 

 人から人へ、人から人へと伝えられる、引き継がれる、続くなどの意味合いをいち動作で表現する手話。

 

 手話の伝統は続いているのか、続けよと心底から言っているように感じる。

 

 友だち。

f:id:sakukorox:20170626210115j:plain

 

 手をつなぐ、手を合わす、数回合わせば久しぶりの友だちの再会。

 

 手を合わせたまま円を描けば友情。連帯。

 

しわ(皺)。

f:id:sakukorox:20170626210213j:plain

f:id:sakukorox:20170626210307j:plain

 
  三本の指で、額に波打つ動きをしてしわ(皺)。

 

 他府県では、親指を額にあてて波打つ手話は、おじいさん。

 

 小指で額にあてて波打つ手話は、おばあさんを表したりしていたが、手話では額、おでこはしばしば重要な意味が持たされた。

 

当番・役員。

 

f:id:sakukorox:20170626210357j:plain

  

  人差し指で腕を半円状に半周する。(ぐるりと回すことは出来ないので)

 

 腕に巻いた印で役を表したことから来ているとされている。

 

血。
血流。

 

f:id:sakukorox:20170626210438j:plain

 

f:id:sakukorox:20170626210458j:plain

 

 唇の赤。流れる。で血を表現し、血が赤だけで示すのではなく流れていることをきちんと捉え表現する。

 


妾(めかけ)
 
 妾は、目をかける意味としてあるため、目・女の手話としているが、正妻のほかに養れている女性を蔑視する意味でも使われていた時代。

f:id:sakukorox:20170626210540j:plain

 

 軽蔑した、蔑視した手話もいくつもある。

 

 写真では、目をかける女としての手話表現をしながら、表情は少しさげすんだ表情をしている。

 

 時代の反映を感じさせる手話である。

 

えん罪を防ぐために大切なこと 歳 誰 泥棒 京都 の 手話

手話を知らない人も

   手話を学んでいる人もともに

 {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー


  齢/齡。

f:id:sakukorox:20170626191524j:plain

 

 手話は漢字通り、歯 が いくつ(指を折り曲げて勘定する)で歯の手話である。

 

 この手話は、漢字とともに歯から年齢が分かるという意味でもじつにシンプルで的確な手話である。

 

 これらの表現には、人間のコミュニケーションの無限性を示唆する魅力的な手話であると思う。 

 

  誰。

f:id:sakukorox:20170626191601j:plain

 

 この表現方法について明石欣造さんから聞いた記憶があるのだが、たしかな記憶でないので記憶の範囲で述べておく。

 

 顔の輪郭で「誰か」が解るというのだが、手のひらを裏返して、誰か解らないという意味だったように思えるんだが。

 

手のひらを返すことで、否定の意味を表す意味もあり、顔の輪郭で誰だか解るが、誰か解らない=誰 という手話になった、肯定の否定の手話表現と思える。

 

 考える+顔だが、手のひらを裏返して頬に手をあて上下することで、知らない人、覚えがない人などの意味があり、それから手を前に差し出すことで「誰ですか」

「どなた?」と手話表現する。


泥棒。

f:id:sakukorox:20170626191753j:plain

 

鍵。

 和鍵の特徴である人差し指をコの字型に曲げて表現する手話。

 

  古くから盗賊・泥棒の俗称としてと買われていた指の形を受け継いだ物と考えられるが、この場合、コの字型に曲た人差し指を引き寄せる。

 

 盗むという意味もあり、警察署から手話通訳でよばれ、ろうあ者が取り調べている時に警官が大声で「ぬすんだんやろう!!」と叫び、人差し指をコの字型に曲げる。

 

 その動きにつられて、ろうあ者が頷くので警官が「ほら、盗んだことを認めているじゃないですか。」と詰め寄られたこともしばしばあった。

 

 「手話通訳は手話通訳者に任せて、あなたは声を出して話してください。大声はいりません。身振り手振りはいりません。」と言った。

 

 ろうあ者のえん罪を防ぐためには、大切なことだが警官はいつも不機嫌な顔をした。

 

 調書の後にろうあ者の名前と拇印。手話通訳者・名前と拇印を求められるのだから当然と言えば当然のことだったが、嫌な思い出だけが残っている。

 

泥棒の手話には、ねずみ小僧の頬被りの手話もあったが、意味は違って使われていた。

 

生きる上でかかせない 通訳 下男 学生 大便 小便 京都の手話

f:id:sakukorox:20170625153744j:plain

手話を知らない人も

     手話を学んでいる人もともに
 {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー 
 

 通訳の通は、とおる、とおす、かよう、行き来する、知らせる、などなどの意味があり、右から左、左から右へと親指を行き来させて表現する。

 

 手話通訳の「通」の場合、この表現が使われたかこの表現で「通訳」とされたこともある。

f:id:sakukorox:20170625153850j:plain

 

 自分と相手を少し首を動かして表現して、いるところに特徴がある。

 

 紹介、斡旋などでしばしば使われた手話。彼女を「紹介」するよ、と会話していたことも思い出す。

f:id:sakukorox:20170625154003j:plain

f:id:sakukorox:20170625153933j:plain

 

 下男。

 

 女中と比較して手話を見てほしい。女性が仕える場合と男性が仕える場合を見事に表現している。

 

 男性の場合は、下働きであっても女性のほうがひどかった時代を彷彿とさせる手話である。

 

 作り笑いで、「はいそうですか」と両手をつく男と手話で表現する。

 

 笑っていても心の底から笑っていない表情に「主人」に対する気持ちが表れている。

 じつに難しい手話。

  

f:id:sakukorox:20170625154219j:plain

  

 学生。

 

 学生には、さまざまな手話があるが、この場合男子学生の袴の帯締めの動作で表現している。

 

 帯締めをきっく締め上げるようすは、右・左の上下でその気持ちー決意を表している。

 

 よし学校に行くぞ、という決意は頬の膨らみでも示している。

 

 女生徒の場合は、袴のひもは逆に締める動作で横に引く場合もあった。

 

 明石欣造さんたちが通っていた頃のろう学校は着物であった。

 
 大便。

f:id:sakukorox:20170625154352j:plain

 
 口を膨らませて、力むようす。それとともに左右の手を内側に回して肛門から排便することもしばしば付け加えられて大便の手話。

 

 写真では、「肛門から排便する」ようすは省略されているが、これらの手話はとても大切で分かりやすい。

 

 よく医者に行って手話通訳した時、「お通じはどうですか?」「大便は固い、柔らかいですか?」など医者から聞かれた時、医者はこの手話を見てすぐ排便状況を把握してくれた。

 

 言わずもがな、である。 

 

小便。

 

 大便に対する小便。

 

 小便にもさまざまな手話があった。

 

 ここでは、明石欣造さんはあえて次のような手話をしている。

 

 f:id:sakukorox:20170625154450j:plain

 

 この手話表現を手話通訳研究誌で伊東雋祐先生は、分からないらしく解説を飛ばしている。

 

 伊東雋祐先生は、しばしばこのよう自分が分からない場合は省略、飛ばす、ようなことがあり手話通訳をめぐって、手話をどう見えるかで激しくぶっかったことがある。

 

 右手は、小の漢字を薬指。中指・人差し指を少し曲げて口をすぼめて大便と区別している。

 

 戦前の学校では、「小」という漢字よりもむしろ「川」に近い書体であったらしい。

 

 大便、小便のこの区別と表現は、生きる上でも、病気の発見でも重要な意味を持っていた。

 

 小便の口をすぼめて閉じたりして、そこに血を洗わすことで血尿と手話表現された。

 

 見逃してはならない手話である。

 

 

漢字の表意を手話に取り入れ 個人 手術 青年 京都の手話

f:id:sakukorox:20170625105338j:plain

 手話を知らない人も

   手話を学んでいる人もともに
  {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー

 

  個人。

f:id:sakukorox:20170625105510j:plain

 

 二度。三度繰り返すと「個々人」「めいめい」などの意味の手話となる。

 

 顔全体を人差し指で描いて、それぞれの表情の意味もあるが、個人の固は甲や顔を覆って身を守る意味も含められている。

 

 漢字の表意を手話に取り入れたとも考えるが、明石欣造さんがよく戦時中の「防空頭巾」のことを言っていた話とダブって見える。

f:id:sakukorox:20170625105544j:plain

手術。

 

 右手で患部を押さえて、左手の右差し指をメスにたとえて切る。

 

 真剣な表情。

 

 「目は口ほどにものを言い。」ということわざがあるが、目の方向の意味合いの大切さを教えてくれる手話である。

 

 同時に、手話は。全身で内面の気持ちを表現するものである。

 

 従って、これらの写真には、←→など手・指の方向は入れなかった。

 

 メスをまっすぐに切ることもあるし、少し切ることもあるし。適当な顔をする場合もあるからである。

 

 印を入れることによって手話を形式化することを避けたためである。

 

 手話学習する人は、自分なりに頭でイメージして手話をして欲しい。

 

 また、手話を知らない人はろうあ者の人々が、創造的に表現するためにつくりあげた手話にある奥深い意味を知って欲しい。

f:id:sakukorox:20170625105657j:plain

 明石欣造さんからは、髭そりの後の皮膚が青く見えるから「青=せいねん」とか、「未熟」などの意味で青=青年と教えられた。

 

 唇の上の髭のあたりをさして手話の動作は終わるのだが、ほっぺた部分を手のひらの甲を少し付けてくるりと(歌舞伎役者の頬の化粧のように)回す方法もあった。

 

 それをお尻に当てると「お尻が青い=青二才(蒙古斑)」とも教えられた。

 

 「一つの手話」が「ひとつの意味」ではなく多様であり、その組合せで無数に表現出来ると教わった。

 

 根拠なき手話ではなく、日本語を踏まえた、消化吸収手話が多く、驚かされた。

 

  ここでは、「若い」と「青年」が区別されていることに注視する必要があるだろう。

 

つきない恋の物語 恋 どきどき 声を出す 事務長 京都の手話

 

手話を知らない人も

   手話を学んでいる人もともに
 {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー

 

   声、話す、言う、騙して話す、など京都の手話には、さまざまな「聞く」・話すなどの手話がある。

 

 この場合は、「声を出す」の手話である。

f:id:sakukorox:20170624204258j:plain

 

 喉元から声が声帯(円で表現している)から口を通り、外に飛び出す。

 

 胸元まででている様子から「胸を絞り上げて出した声」ともとれるし、こころの奥底からの声ともとれる。

 

 いわゆる話という手話ではない。

 

 あれだけ出にくい声を出したのに、「聞いてもくれなかった。」などの時によくこの手話を見た。

 

 声をすらすらと出して言えない辛さも表現している手話である。

f:id:sakukorox:20170624204406j:plain


  事務は、まさに机に向かって書く仕事として表現される手話である。

 

 事務長。

 

 事務長は、その事務の責任者、偉いさん、上に立つ男として表現されている。

 

  手話から書いて手に持っているのは、鉛筆でも万年筆でも、ましてやボールペンでないことを見てとって欲しい。

 

 この時代のペンは、「つけペン」「付けペン」と言われてペン先にインクをつけながら書くので、書いたインクがすぐ乾かないので擦れないように手を添えている手話である。

 

恋=「戀」。

 

 男女が、惹かれ会い、こころが重なって、お互いのこころが一つになって行く。

 

 この意味合いをこころの微妙な心理を目を少し閉じて表現している。

 

 恋に落ち、こころが重なり合いひとつになる心情を見事に表現している。

 

 表情を見るだけでも夢見る恋心も伝わってくる。

f:id:sakukorox:20170624204502j:plain

 近年、ハートマークを画いた手話が恋だと手話講習会で教える人がいるが、この時代以前は恋をハートマークで画くこともなかった。

 

 恋の心情、胸の内を全身で表現する手話は、簡単に出来ないだろう。

f:id:sakukorox:20170624204545j:plain


  胸の高鳴り。どきどき。

 

 まさに心臓が高鳴り、脈拍が増えるようすをの手話である。

 

 あの女性を見た瞬間、「胸が高鳴り」、好きになり、交際を恐る恐る申し出て、お付き合いをしてお互い「」した。

 

 よく聞いた、見た手話であるが、恋の手指の動きや表情はみんな違っていた。

 

 つきない恋の物語。

 

 

戦前の人々やろうあ者の受けた惨い仕打ちを胸に 兵隊 親類 乞食 刑事 京都の手話

手話を知らない人も

  手話を学んでいる人もともに
 {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー

 

  兵隊の手話になると途端に厳しい表情になる。戦地に向かう兵隊を見ていた経験があるのだろうか。穏やかでない表情と菊の紋章の入った銃をしっかりと身につけた姿で兵隊を表している。

f:id:sakukorox:20170624195450j:plain


  乞食。金銭や食べ物を「めぐんで」もらうために右手で鐘を鳴らし、左手でお椀のような「めぐん」でもらう物を持って乞食を表現している。この場合は、目の見えない人の表情をしている。

 

 ろうあ者も京絵巻に乞食をしていた様子が描かれていたと明石欣造さんは言う。


 親戚。

 

 人差し指を頬の上から降ろして(赤・血・血すじ)と人々で親類を表している。手の拡げ工合で親類関係が、身近な親類か、遠い親類かを表す。

 

 この場合、かなり遠い親類も表していることが右手の拡がりで分かる。

f:id:sakukorox:20170624195601j:plain


刑事。刑事の人相は良くない表情。

f:id:sakukorox:20170624195711j:plain

 

 警官と分からない姿なので、ろうあ者はよく痛めつけられたり、犯罪者としての予断からひどい目に遭ったことがあるとのことで、表情は憎しみが交差すると言う。

 

  なお、胸の二本指の交差は、「井」を表すがマークではない。

 

 刑事の「刑」は、手かせや・足かせを使って罰を加えるという「しおき」の「足かせの井」の漢字の語源を踏まえて表しているのである。

 

 このように漢字を特徴的にとらえて手話表現することは数多くある。

 

 胸にしおき。

 みせしめのため、こらしめること。

 おしおきを胸にあてる手話。

 

 戦前の人々やろうあ者の受けた惨い仕打ちを胸に、とも読める手話である。

 

戦禍を生き抜いてきたからこそ1954年に論破した 「手話はろうあ者の母国語である」 を

 f:id:sakukorox:20170622232259j:plain

  {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー

 

  涙目で語ってくれた
   人間であり
人間そのもので
基本的人権が保障されている

 

「1954年手話冊子」は、1950年代も含むそれ以前の社会の中で

 

・ 生まれながら音声言語をきくことのないろうあ者ー彼等の知性は低いといわれ、適応性に乏しいといわれ、言語を知らない以前はほとんど動物的段階とも考えられている

 

 ・ のみならず彼等の心性は、しばしば原始未開人のそれに近いのではないかと

などなどの人間であり、人間そのものである基本的人権が保障されたろうあ者に対して「日本人ではない」「人間ではない」という根拠に手話母語や日本語と異なった手話で話をする「手話はろうあ者の母国語である」とする一部の主張に敢然立ち向かわざるを得なかったと明石欣造さんは涙目で語ってくれたことは忘れられることは出来ない。

 

  人間みな平等 非人道的扱いに
  どうしても

反撃しておかなければならなかった

 

 戦時中は、戦闘員になれない者は人間以下とされ、戦後は、手話で話すことは日本語ではないからと排外されることへの人間としての炎をあげる思いだったと感じた。

 

 手話を否定する根拠に、「手話はろうあ者の母国語である」という一見手話を肯定しながらその内実はろうあ者の存在を否定するこの非人道的扱いに対して、戦禍を生き抜いてきたからこそ亡き友へ、亡き家族へ、亡き理解者に、どうしても反撃しておかなければならなかったと言う。

 

だから、

 

・ 彼等の思惟や心性をこのままこの社会から切り離して、未開社会や動物社会と同一に考えることは、その錯誤も甚だしい。

 

・なぜなら彼等も又、この社会に行き、この社会の慣習に従って生活しているのではないか。

 

・なぜなら彼等も又、この社会に行き、この社会の慣習に従って生活しているのではないか。

 

・彼等は、日本の家庭や学校や社会で教えられ、日本語を学習し、日本語で思考し、日本語で伝達し報告する。

 

・また彼等の触れるもの、体験し得るものも、ほとんどが日本の、しかもその地域の事物ああり事柄である。

 

 ・彼等にとって、母国語はやはり、僕逹と同様に日本語であらなければならないのだ

 

と反撃する。

 

   手話は、日本語そのものである
   みんなと平等に同じ生きる権利がある

 

 手話は、日本語そのものである。
 
 日本語の音声で話される通りでないから手話は日本語と異なったものだとするのは、ろうあ者がこの社会で生きていて、みんなとともに生活し、みんなと同じ感情を抱いていることを否定することである。

 

 ろうあ者もみんなと平等に同じ生きる権利がある、このことをあえて立証しなければならない「空しさ」を胸に抱き。

 

 当時知りうるあらゆる学習をして手話が日本語と異質なものでないことをであることを次々と明らかにしていったその記録と話を知るにつけ逆行に飲み込まれない逞しさを感じる。

 

 これらの「立証」は、1960年代、1970年代の手話や手話通訳を否定する人々への道理ある根拠として生き続けた。

 

 64年以上経った今日でもそのことを忘れてはならないだろう。