手話 と 手話通訳

京都の手話通訳者の取り組みと研究の中からの伝承と教訓をみなさまに提起します。戦前戦後の苦しい時代を生き抜いたろうあ者の人々から学んだことを決して忘れることはなく。

宇治市手話言語条例「誤魔化しを許さない」ろうあ協会の機関紙

f:id:sakukorox:20180220221216j:plain

手話を知らない人も

                  手話を学んでいる人もともに
{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介
 
 京都の北部の舞鶴市でろうあ協会が「筆談」で課長と「ろうあ協会が市長と会う日」を連絡した。

 

  当日になって仕事を休んだろうあ協会の役員が市役所に行くと課長が

 

「そんな約束はしていない。市長は今日は会わない。」

 

とすごい剣幕で怒り出した。

 

震えながらもろうあ協会の役員が
   筆談のやりとりの文を出した

 

 そこで、震えながらもろうあ協会の役員が、課長との筆談のやりとりの文を出した。そこにはハッキリと市長に会う人日時が課長の文字で書かれていた。

 

 急に課長は黙って去った。

 

 これらのことは無数にあった。

 

 だから山城ろうあ協会と市とのやり方は消えない炎のように怒りと共に広がっていった。

 

「誤魔化しを許さない」

     状況が産まれてきた

 

 山城ろうあ協会には機関紙を作成する力を持っていた。

 

 機関紙4号目で、これまで誤魔化されつづけていたことが広く社会の注目と理解を広めるようになったのである。

 

 読み書きが出来ないろうあ者もいるけれど、読み書きの出来るろうあ者もいる。

 

 みんなが手を結び合ったとき、それまで、その場、その場で「誤魔化されてきた」ことに対して、「誤魔化しを許さない」状況が産まれてきたのである。

 

 1968(昭和43)年7月8日午後2時半頃の「また来よったワ」事件と地元新聞の9月28日付の新聞記事をめぐって京都府教育委員会主催のろうあ者成人講座(同年10月13日 田辺高校講堂)の学習会に集まってきた山城地方のろうあ者に知らされた。

 

 

 

宇治市手話言語条例  不快の原因は、あなたのとりちがえと宇治市福祉事務所長

f:id:sakukorox:20180219230432j:plain

手話を知らない人も

     手話を学んでいる人もともに
{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介
 

  福祉事務所長の「筆談」は、紙に鉛筆で書かれたもので紙質も悪く、もうほとんど消える寸前のものであった。

 

「筆談」で相手に自分の主張が通じたと

 

 この「筆談」を読むと

 

1,漢字とひらがなの使い分け。
2,ひらがなで書いても「よけいにことばの使い回し」が分からないところ。
3,「筆談」で相手に自分の主張が通じたと思っているところ。
4,両日とも不在だとしているのに書いていることにおかしい部分があること。
5,そして、文から読み取れるろうあ協会や聞こえない人々とのこと。

 

 この「筆談」には、今日でも「色あせないで」いる障害児者問題の 多くが内包されている。

 

福祉事務所長に

もう一度確かめたときの話を
 ろうあ協会の機関誌に掲載

 

 1968年10月13日付け山城ろうあ協会は、機関紙を4ページにわたる特集を組んでいる。

 

 そして、事実関係を調べた結果、「我々は抗議する!!」という見解を出しているが、そこには福祉事務所長にもう一度確かめたときの話が掲載されている。

 

 所長の話は、「筆談」とまったく異なった話となっている。

 

誤解だけで書かれては困ります
  話だけでは

証拠が残らないので決めて手もない

 

 その所長の話したことは、次のようなこととして書かれているので、全文を掲載する。

 

「この記事を見て新聞に出たことについて市の方がびっくりしている。」

 

「職員同志が笑顔で話ををしたりすることがありますね。
 あなた方が窓口へ来られた時に、福祉の職員が自分達を見て笑うとうことをいわれる。そうではないかということです。職員が笑うから不快な気分になる。」

 

「誤解だけで書かれては困ります。」

 

「誤解でちがうかということ、事実なら私があやまります。今後こんなことがないようにしなければなりませんので」

 

「あなたには事実と思っていても、私も職場の責任者として両方とも疑いたくありません。でも話だけでは、証拠が残らないので決めて手もない。

 全ての人が納得のいく証拠があるならもっとこの問題もハッキリ出来ます。が、云うた云わんというのは問題があいまいになるということ」

 

「記事に書くとかいうことはハッキリした証拠がないといろいろ問題があとに残ります。」

 

「新聞の性格とはどういうことですか。あなたの主観ですか。みんなとは-しかし書いてあるのはあなた方が窓口に来られた時のことでしょう。
あなたの不快の原因は、あなたのとりちがえということはありませんか。そういことも考えられる。」

 

「どういうことかよく分かりませんが、少なくとも私は、ろうあ者の方が窓口に来られても、普通と同じように親切に気持ちよく応対することを心掛けている。私の気持ちは、職員も同じように、心掛けている。」

 

「(ろうあ者厚生対策事業費について地元新聞には)ろうあ者とかいていますが、身体障害者に対する予算として使うようなことをしています。
 たとえば、研修会の講師謝礼とか会場使用料とか必要に応じて支出することにしています。43年3月まで、今年初めて予算をとった。ろうあ者の方々だけでなく盲人の方もこういう計画があれば使ってもらうことにしています。
 だから計画書を出してください。」


 所長は「筆談」で書いたことをまったく忘れているか、書いたことを軽んじていたか、ろうあ者は読めない、と思っていたようである。

 

 それまでは、所長のようなやり方で事は済んでいたが、事はそうは行かなくなって行く。

 

 所長自ら書いたことと、確かめられたときの「言い分け」が、ハッキリとあきらかにされていくからである。

 

 

宇治市手話言語条例  こんどは通やくさんが入るのですか と宇治市福祉事務所長

 f:id:sakukorox:20180219225429j:plain

手話を知らない人も

                 手話を学んでいる人もともに

{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介

 

 (注:新聞記事の「福祉事務所としてはこれでは気の毒だと思いろうあ協会には、ろうあ者厚生対策事業費として特別に一万五千円出している。」について)

 

 1万五千円は、ろうあ者のための事業ヒとなっていますが、社協の総会では、ろうあ者を含む身体障害者のための事業ヒに対する者として使うようにと条件がつけられていました。

 

 最初は、予算案として出したので、ろうあ者とかいていますが、右のような結果です。

 

 しかし、ろうあ者の方々からかねて、いろいろ話があったことを少しでもみたすということで予算をとったのですから、有効に使ってほしいです。

 

 このことは、身体障害者協会の役員さんも承知しています。

 

だまっていたのではなく
  話がおくれていた

 

 故意にだまっていたのではありません。

 

 話がおくれていたのです。

 

 全部ろうあ協会のものではないということです。

 

 こんどは通やくさんが入るのですか。

 

 こんどは私の方も、福祉係長も一しょに話に出てもらうことにする。

 

 仲よくやりたい。

 

こんどは通やくさんが入るのですか
って何を書いているのか!!!!

 

 ろうあ協会ではこの福祉事務所長の「筆談」をめぐって延々どう考えるかと話をした。

 

 しかし、話をすればするほどみんなは怒り出した。

 

 「こんどは通やくさんが入るのですか。」って何を書いているのか、ということも含めて。

 

宇治市手話言語条例 宇治市福祉事務所長 あとできいた ろうあ者の方を差別したりまたきよったなどというようなことはなかった

f:id:sakukorox:20180219224329j:plain

手話を知らない人も

                     手話を学んでいる人もともに
{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介

 

  地元紙の新聞記事を見た福祉事務所所長は。非常に驚き、ろうあ協会の二人役員を呼んで「筆談」をした。

 

  聞こえないから文で書いたら筆談したら話が通じる、と考えていたのである。

 

 だがそうではなかった。

 

福祉事務所所長の文が読めない

ろうあ者はその文章を持ち帰り相談

 

 福祉事務所所長の文が読めないろうあ者は、その文章を持ち帰り、文章の読めるろうあ者も含めてみんなで相談した。

 

 「言った言わない」

 

 「分かったはずだ、そちらの思いすごしだ。」

 

とさんざん痛めつけられてきた山城ろうあ協会は、みんなの力を合わすことで理解を深め合い、その力量を高めていた。

 

  話が十分理解できなかったのではないか

 

 その筆談が今も綴じて残っていた。

 

 紙が色あせて消えかかる文字を読みこなして、歴史的な文章なので紹介する。

 

  福祉事務所長が書いた文をそのまま掲載しても意味不明なので少し注釈を加える。

 

 福祉事務所長の筆談(注:筆談と書いているが、ろうあ者は何も書いていない。文が書けなかった。そのため正確に筆談とは言えないが。)

(注:1968(昭和43)年7月8日午後2時半ごろろうあ協会役員が来たときのことについて~)

 

 この前、こられたとき話をしましたように「お互いに話が十分理解できなかったのではないか」と思います。

 

笑うなどもそんな気持ちでいる者は

   ないと信じています

 

  記事(注:地元新聞記事について)は、こちらからいったのではありません。

 

 同紙は、ろうあ協会のニュースをみた上で福祉へ来て関係者の話をききかいたものです。

 

 丁度、こられたときも、記者がこられたときも、私が不在のため、どんな話であったか、くわしくわかりません。

 

 後できいたところでは、ろうあ者の方を差別したり、またきよったなどというようなことはなかったとのことです。

 

 私の部下で、そうわかることなら深く謝るにやぶさかではありませんが、そんなひどいことをするとは夢にも思いません。

 

 まして、笑うなども同様、そんな気持ちでいる者はないと信じています。

 

 ない。いわない。

 

宇治市手話言語条例 お二人のひがみではないか 差別していない

f:id:sakukorox:20180218193527j:plain

手話を知らない人も

      手話を学んでいる人もともに
{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介

 

 この山城ろうあ協会の機関紙を手に入れた地元宇治市内の新聞社が次のような記事を掲載した。以下、1968年9月末付けの要旨を掲載する。

 

 福祉事務所を批判 ろうあ協会が機関紙で
女子職員 またきよった と冷たく当たる

 

 最近発行された山城ろうあ協会ニュースに福祉事務所の女子職員が同所を訪れたろうあ協会の代表に「また来たのか」と冷たくあたったとーー市福祉事務所の行政を批判する記事が報道されており、福祉事務所とろうあ協会が対立するような事実があれば行政上まずいとして問題を投げている。

 

差別していない
お二人のひがみではないか

 

 山城ろうあ協会のニュースによると同協会の代表の二人が、去る7月8日午後2時半ごろ、市ろうあ協会に対する市の助成金問題で市福祉事務所を訪れたところ、窓口の女子職員が二人をみつめ、いやな顔つきでとなりの女子職員に「また来よった」とか何とかささやき合い、のろのろと対応に出て、ぶっきらぼうに「用件は…」ときく始末。

 

 われわれが相談ごとも持ち込めないようではろうあ者の人権を無視する行為だと批判しているもの。

 

 これについて市福祉事務所の担当女子職員は「私たちは決して身障者だから、ろうあ者だからと差別していないお二人のひがみではないかと思う」と前置きして事実を否定すると共に「ろうあ協会ニュースに報道されている7月8日ごろに二人が来られたのは事実だ。

 

 ろうあ協会に対する市の補助金が少ないので、もっとあげてほしいとの交渉だった。

 

 市の補助金は盲人、ろうあ、肢体の三団体に対し上部機関の市身障者連絡協議会に一括して渡し、同協議会が三団体に配分している。

 

 昨年の例をみると七万九千円を市身障連に出しており身障連は、これを盲人協会に二万六千円、肢体協会には三万四千円、ろうあ協会に一万九千円を配分した。

 

 配分は市身障連でやっているので詳しいことはわからないが、会員数によって配分しているようだ。このため会員数の少ないろうあ協会が少なくなっている。

 

 福祉事務所としてはこれでは気の毒だと思いろうあ協会には、ろうあ者厚生対策事業費として特別に一万五千円出している。」

 

助成金が少ない不満が福祉事務所にあたっているのではないかと思う。」と所見を述べている。

 

驚いた宇治市福祉事務所長

ろうあ協会の二人役員を

    呼んで「筆談」をしたが

 

 同ニュースで「私達は見えない目、不自由な手足、きこえない耳で毎日夜おそくまで仕事をして月給一万円そこそこで生活している。その反面、市福祉事務所は上司の命をそのまま手落ちなく、事務的に処理して行けばよいと、そんなことで身障者の福祉はよくならない。我々に対する認識不足も甚だしい。重大な差別だ」と憤懣をブチまけている。

 

 地元紙の新聞記事を見て、福祉事務所所長は非常に驚いたらしく、ろうあ協会の二人役員を呼んで「筆談」をしているが、その一人は文字もことばも発することの出来ないろうあ者だとはまったく意識になかったようである。
 
「聞こえないから文で書いたら=筆談したら話が通じる。」

 

と安易に考えていたようである。

 

 

宇治市手話言語条例 ろうあ協会の機関紙が与えた影響とろうあ者ためのろうあ者による新聞

f:id:sakukorox:20180218192554j:plain

手話を知らない人も

               手話を学んでいる人もともに
{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介

 

 山城ろうあ協会は、京都市以外の奈良県境までのろうあ協会でつくられていた。

 

 1968(昭和43)年当時は、ガリ版で印刷された機関紙。

 

 大変な努力であったことが会議の「議」がマス目に切り込めないので「ギ」なとと書かれていることからもうかがえられる。

 

一人が話をすれば
話をしないひとりが口話を見て記録する


 もう、ほとんど色あせて、ほろぼろになった山城ろうあ協会ガリ版印刷で刷られたざら紙の記事を再現してみた。

 

 それにしても、これほどの会話をどのように記録したのであったのか、後日聞く機会があった。

 

 手話通訳なんてとてものぞめないから、一人が話をすれば、話をしない一人が口話を見て記録する。

 

 福祉事務所の職員の口話を読み取るのは簡単だった、と言われた。

 

口話で読み取って書かれた
  機関紙の記事が大問題へと

 

 当時、行政は社会福祉協議会を通じて障害者団体への助成を行っていたが、社会福祉協議会は福祉事務所に置かれ、職員が対応していた。

 

 ところが、口話で読み取って書かれた機関紙の記事が大問題へと発展していくことになる。

 

信じられないほどの少ない給料や日当から
  ろうあ協会の会費を集めて運営

 

 月給1万5千円そこそこで生活、というろうあ協会の役員が言った給料の金額は現在の価格から想像も出来ないだろうが、当時ではろうあ者の中ではまだましな給料であったから悲しい。

 

 役所が早く団体助成をしてくれないから、給料から、立て替えてでもろうあ協会の団体費用をまかなわなければならない。

 

  この切実さを今日の状況で理解するのは難しいかもしれない。

 

 ただ、ろうあ協会は、団体助成にだけ頼っていたのではない。

 

  今では信じられないほどの少ない給料や日当からろうあ協会の会費をみんなで集めて運営をしていた。
 
 でも、ろうあ者だからと会場を借りるのを断られたりするため高い会場費を払わなければならなかった。

 

「読み書き出来る」会員が
機関紙を配りながら中身を説明する

 

 また、みんなが今の世の中のことを知りたい、という切実な要求を持っていて、市役所から社会福祉協議会を通じて支払われる団体助成金で学習会を開いていた。

 

 だから、一日でも早く支払ってほしいという気持ちで、役所に行ったのだが、障害者団体の手続きが遅いからと言われたりする。

 

 当時の山城ろうあ協会の会員の多くは、学校にも行けずに、「読み書き」も出来ない会員がほとんどだった。

 

 この会員の気持ちをくんで、「読み書き出来る」会員が、山城ろうあ協会の機関紙を作成していた。

 

 受け取った会員の大半は、その機関紙を読むことが出来ないため、機関紙を配りながら、中身を説明するのも機関紙を作成した会員の仕事だった。

 

 だから、山城ろうあ協会の機関紙は、「読み書きの出来ない」会員にとっては、自分たちの新聞であり、自分たちのことを言ってくれている新聞だったのである。

 

 大事に、大事に保管されていた。

 

 

宇治市手話言語条例助成金を配分 汽車の割引き券 それだけが障害者福祉の仕事じゃない

f:id:sakukorox:20180218191341j:plain

手話を知らない人も

      手話を学んでいる人もともに
{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介

 

 社協(注:社会福祉協議会の略称)から出ている助成金が10月頃決まり、実際手に入るのは年末問題で、山城ろうあ協会の事務局長は、

 

「しかし、月給1万5千円そこそこで生活させられている上、活動もしなければならない僕たちのことを考えておられるのか。
 見えない目。不自由な手足。聞こえない耳で、毎日夜おそくまでやっているのですよ。一日の仕事のつかれの上に。ここの仕事は何ですか。上司の命令をそのままておちなく、ぬかりなくかたずけていけばよい。
 事務的に処理していけばよい。そんなことで、身障者の福祉はよくなりますか。
 もちろん、僕たちも僕たちの組織である身障連をよくしていくようにがんばります。
 けど、あなたの話をきいていれば、当然役所がやらなければならないことを、僕たちに押しつけようとされている。そんな感じですよ。責任転嫁ですよ。」

 

「そんなことはありません。こちらはちゃんとやっています。」

 

そんなことばかり こちらもやれない
   あなたたちが

そんな役員を選ばないようにしたら

 

「じゃ今まで何をされ、これから何をされるのですか。ひとつひつと説明してください。行政指導のカントクも含めて」

 

「そんなことばかり、こちらもやれない。だから、あなたたちの方で、そんな役員を選ばないようにしたら。一体役員はどうして選んでいるんですか。」

 

助成金をぬかりなく配分
汽車の割引き券を出す
それだけが障害者福祉の仕事じゃない

 

「何がそんなことばっかりだ。これを(注:障害者福祉)やるのがここの仕事で、それをやってこそ、あなた方は税金で給料をもらえるのだ。
 助成金をぬかりなく配分する。汽車の割引き券を出す。それだけが仕事じゃない。指導、指導おっしゃっている尻から、どうやって役員を選ぶのですか、だと。
 そんなことわからなくても、今までよく指導して来られましたネ。我々に対する認識不足もはなはだしいですよ。重大な差別ですヨ。
 一体福祉協ギ会というのは、どんな仕事をするところですか。一つきかせてください。」

 

 すると二人の女の人が一枚のプリントを持ってこられた。

 

社会福祉協ギ会とは」と印刷されたものであった。

 

10年前の社会福祉協議会
  の印刷物で理解をせよとは

 

 あとでわかったことであるが、これは、約10年前に印刷されたものであったらしい。

 

 10年前の時代の行政を客観情勢の変わりにも無関係に今もつづけているらしい。

 

 所長が病気欠勤とのことで、これ以上話しても口かけ論になると二人で相談して帰ることにした。