手話 と 手話通訳

京都の手話通訳者の取り組みと研究の中からの伝承と教訓をみなさまに提起します。戦前戦後の苦しい時代を生き抜いたろうあ者の人々から学んだことを決して忘れることはなく。

宇治市手話言語条例 宇治市 全国初の手話通訳旅費・謝礼を支給

f:id:sakukorox:20180223155133j:plain

手話を知らない人も

               手話を学んでいる人もともに
{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介

 

宇治市手話通訳保障に
  全国初の予算

 

 「なぜ、ろうあ協会の責任で手話通訳を呼ぶのか」「市の方が責任を持って手話通訳を呼ぶのがあたりまえではないのか。」という道理あるろうあ協会の追求に対して、宇治市は、宇治市に手話通訳が来るたびに「旅費・謝礼」を支給するという全国初の予算を緊急に組んだ。

 

 そして、ろうあ協会との話し合いなどなどに来た手話通訳に市から直接「旅費・謝礼」が支給された。

 

ろうあ者にクライシグナル
 を無償で交付されたい

 

  事件が起きた1968(昭和43)年7月8日の翌年。

 

 1969(昭和44)年10月11日に宇治市ろうあ協会は、みんなと相談して「宇治市に対する要望について」を提出する。

 

 その主な内容は、

 

1,市に専任手話通訳を置かれたい。
2,ろうあセンターの事業に市としても助成されたい。
3,ろうあ会館をつくり、ろうあ者にいこいの場を保障されたい。
4,市職員にろうあ者を採用されたい。
5,市営住宅への優先入居をすすめられたい。
6,ろうあ者夫婦の子供を保育所への優先入所を行われたい。
7,ろうあ者にクライシグナル(注:乳児が泣いたとき点滅ランプで知らせてくれる機械。当時非常に高価なものでろうあ者の給料からはとても買える金額ではなかったに。)を無償で交付されたい。
8,ろうあ者老人の生活を保障されたい。
9,ろうあ者の要求に基づいた「ろうあ者成人講座を最低1ヵ月1回開かれたい。
10,ろうあ者の福祉保障のための実態調査をすぐ行われたい。

 

というものであった。

 

 この要望に基づいてろうあ協会は血みどろの取り組みをする。

 

 そして2年以内に、1,5,6,7、9,10の要求を実現し、その後、そのほとんどの要求を実現していく。

 

 

 

宇治市手話言語条例 市に頭を下げてお願いしすがりつくことから自分達の要求を言えるように

f:id:sakukorox:20180223153030j:plain

手話を知らない人も

                  手話を学んでいる人もともに
{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介

 

  手話通訳保障の行政責任を明らかに

 

 「なぜ、ろうあ協会の責任で手話通訳を呼ぶのか」「市の方が責任を持って手話通訳を呼ぶのがあたりまえではないのか。」と山城ろうあ協会は宇治市を追求したこのことはろうあ者運動において画期的な事件でもあった。

 

 行政責任と障害者福祉との関係を明確にしたとも言える。

 

 同時に手話通訳保障の行政責任を明らかにして「ろうあ者の自己責任ですべき」とする傾向を打ち破ろうとした点でも重要な意味を持つ。

 

  日本国憲法を具体的に
   理解して行動し要求する

 

 すなわち日本国憲法

 

第13条 すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。
第14条 すべて国民は、法の下に平等であつて、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。
第25条 すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。
2 国は、すべての生活部面について、社会福祉社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。

 

を具体的に行動し要求するものであった。

 

なんでもがまんの
  「殻」を打ち破った

 

 それまでは、市に頭を下げてお願いし、すがりつく、取り組みから、堂々と自分達の要求を言えるようになったからである。

 

「がまんがまん」

 

「なんでもがまん」

 

「やっていただけることだけでもありがたいと思え」

 

という「殻」を打ち破ったことになるからである。

 

 

宇治市手話言語条例 宇治市 は仲よくやりたいと言いながらろうあ協会の責任で 手話通訳 を呼べとは

f:id:sakukorox:20180222213231j:plain

手話を知らない人も

     手話を学んでいる人もともに
{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介

 

ろうあ者の福祉を

なおざりにしてきた過去が暴かれることに

 

 1968(昭和43)年7月山城ろうあ協会の機関は、宇治市に大問題を投げかけ、ろうあ協会の主張が誰しも認めることとなった。

 

 そればかりか、宇治市がろうあ者の福祉をなおざりにしてきた過去が暴かれることになると宇治市役所内で「動揺」が生まれたが山城ろうあ協会の追求はやむことはなかった。 

 

恨みや怒りを晴らす

感情的なものでなかったので
   人々の共感を生み
 宇治市の不当性 ごまかしが明るみに

 

 山城ろうあ協会が機関紙は、「ペンは剣よりもつよし」ということも証明した。

 

 何度も繰り返して述べるが、読み書きの出来ないろうあ者、学校に行けていないろうあ者も、今だから明らかに出来るが失聴して全く聞こえなくなった医師(当時は聴覚障害があると医師免許がとれず医師になれなかった。しかし、医師になってから失聴すると医師免許を返還しない限り医師になれたたのだが‥‥‥。現在はそういうことは大幅に改善されているが。)も手を携えて「笑いながら」「怒りながら」、不当なことを許さない胎動がはじまったのである。

 

 それは今までの、恨みや怒りを晴らす感情的なものでなかったためよけいに人々の共感を生み、宇治市福祉事務所・宇治市の不当性、誤魔化しが明らかになって行った。

 

「仲よくやりたい」と言いながら

「なぜ、ろうあ協会の責任で手話通訳を呼ぶのか」

 

「故意にだまっていたのではありません。話がおくれていたのです。全部ろうあ協会のものではないということです。こんどは通やくさんが入るのですか。こんどは私の方も、福祉係長も一しょに話に出てもらうことにする。仲よくやりたい」はすでに掲載したが、この筆談で問題にされたのは、「福祉係長も一しょに話に出てもらうことにする。仲よくやりたい」としながら、「こんどは通やくさんが入るのですか。」と書いていることをろうあ協会は重大な問題とした。

 

 市の方が、

 

「仲よくやりたい」

 

としながら、

 

「なぜ、ろうあ協会の責任で手話通訳を呼ぶのか」

 

「市の方が責任を持って手話通訳を呼ぶのがあたりまえではないのか。」

 

と山城ろうあ協会は宇治市を追求した。

 

宇治市手話言語条例 バカにされ、けいべつされぶじょくされ冷たい目でみられ人権が無視され差別される理由はどこにもない

f:id:sakukorox:20180221214516j:plain

手話を知らない人も

                  手話を学んでいる人もともに
{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介

 

6 このようなウソを本当のように、又事実を無実と決めつけて平気な福祉事務所のあり方に疑問を感ぜずにおられない。

 

 ろうあ者への理解    そして連帯は
                    また遠のいてゆく

 

 本当のろう協に、1万5千円の厚生対策費が出ているとするなら、そのようなことを全々聞かされていないろうあ協会会員は、ろう協に対する信頼をなくするか、ろう協幹部不信の気持ちをだき、悪くすれば、会員であることをやめていくかも知れない。

 

 ろうあ者でない一般の人々は、ろうあ協会についてあまり知られていないから「つんぼとは、こんなにいやらしいやつらなんだ」という気持ちを抱かれたりされないということはいえない。

 

 ろうあ者への理解は、そして連帯は、又遠のいてゆかないと断言できない。

 

7 このような経過を統合して考えてみた場合、何がわかるだろうか。
 

それは、

 

「私達ろうあ者は差別されている」ということである。私達は、その職場も労働条件もよいとはいえず、社会的にも、日本語を十分身につけられなかった」

 

 今もないということ、一般的にいわれる教養も足らないようで、その地位は非常に低い。

 

 だからといって、バカにされ、けいべつされ、ぶじょくされ、冷たい目でみられ、人権が無視され、差別される理由はどこにもない。

 

宇治市手話言語条例   黙ってはおられぬ

f:id:sakukorox:20180221213858j:plain

手話を知らない人も

                   手話を学んでいる人もともに
{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介

 

   黙ってはおられぬ

 

 宇治市ろうあ協会の会長の談話は、

 

 福祉事務所とは、4月からいろいろな点、例えば近畿ろうあ者卓球大会を市で開くこと、山城ろう協婦人部料理講習会など、何か山城ろうあ協会が事業を行うたびに対立状態が生まれた。

 

 しかし、よく話し合いをもって、なんとかうまくやってゆけると思っていたら、この差別事件。

 

 黙ってはおられぬ。

 

 ぜひ、京都府ろうあ協会にも報告すると同時に、関係者との話し合いの場をもってゆくようにしたい。

 

 (会社が休みの日があるので)福祉事務所などに行って、そのための日取りなどを決めたい。

 

 それに続いて山城ろうあ協会の見解が掲載されている。

 

事実はこうである
 
 事実はこうである。

 

1 ろうあ協会の2名が7月8日、市福祉事務所に行き(身体障害者団体連絡協議会の会計がルーズであるため、この行政上の責任をただすため)社会福祉協議会の仕事をうけもっておられるという女子職員と話し合いをもった。

 

2 しかし対応に出た職員の態度は公僕として非常に残念なもの。のろのろと出てきて、ぶっきらぼうに用件は、ときいたり、ろうあ者が相談をもちこめないようないやな目つきをしたり、冷たい態度であった。

 

3 話し合いの中でも、身体障害者に対する理解、認識不足が目立ち。身障者の生活実態が把握されていない点、身障者の自主的運動、たとえば活動の内容・役員の選出方法などわかっていない。

 

 それを追求すると、福祉事務所は忙しいところで、そんなことばかりやっておられないという言葉が返って来るのみ。

 

 すごく感情的であった。

 

4 この内容の記事を山城ろうあ協会4号で一般会員にも伝えた。又行政関係者にも前からの慣習として配布した。

 

ろうあ協会の機関紙が
たまたま新聞記者の目にとまったが
正しく報道されていない

 

 たまたまこのニュースが新聞記者の目にとまったのか、記者が福祉事務所と話をして真相を調べ、28日の報道となった。

 

5 その中で(新聞記事)

 

イ ろうあ協会が7月8日に福祉事務所に行った目的について正しく報道されておらず、一方的にねじまげられている。

 実際、市の助成金が少ないからどうしろということで行ったわけではない。

ロ これは、職員が記者に話したものである。

ハ 又その職員は、二人に対してつめたい態度をとったことを否定しているのみならず、ろうあ協会のニュースの記事は、ろうあ者のひがみによって書かれたものであるとも記者に答えている。

ニ 又会員数の少ないろうあ協会へは助成金額が少なくなっているので、気の毒だと思い、特別にろうあ者厚生対策事業費を出している等しゃべっているが、これほど悪意にみちた話はない。

 

 何故ならば、ろうあ協会として出しているといわれる1万5千円の厚生対策事業費など、受け取った覚えもないし、ろうあ者の厚生事業に出されたのかさっぱり心あたりがないからである。

 

宇治市手話言語条例 人間性を取り戻せるという講座で

 f:id:sakukorox:20180221213236j:plain

手話を知らない人も

                 手話を学んでいる人もともに
{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介

 

わたしたちの生活と基本的人権
    わたしたちも人間だ

 

 1968(昭和43)年7月8日に開かれたろうあ者成人講座の中身・講座の論議は白熱した。

 

 当時、京都府教育委員会が主催して成人ろうあ者のための社会教育の中身は、

 

1,午前講演「私達の生活と基本的人権
2,午後 各地域の意見発表
3,劇 山城ろうあ協会「わたしたちも人間だ」

 

というテーマだった。

 

  人間はどんな時期でも

    どんなに年令を重ねても

 

 このろうあ者成人講座は、学校に行けなかった未就学のろうあ者、読み書きの出来ないろうあ者、いくつもの障害のあるろうあ者が多数参加し、ろうあ者同士が学び合うことを目的として開かれていた。

 

 講座を通じて、読み書きや仲間や支え合い、助け合いを知った人は少なくない。

 

 人間は、どんな時期でも、どんなに年令を重ねても学ぶことによって人間性を取り戻せるという講座でもあった。

 

 講座は、山城ろうあ協会の源泉になっていた。

 

みんなの怒りが爆発した

 

  その日に話されたことは、その日に山城ろうあ協会の機関紙として発行された。
 
 事件への対応は素早かった。

 

 みんなの怒りが爆発したとも言える。

 

 宇治市ろうあ協会の会長の談話が掲載されている。
 

宇治市手話言語条例「誤魔化しを許さない」ろうあ協会の機関紙

f:id:sakukorox:20180220221216j:plain

手話を知らない人も

                  手話を学んでいる人もともに
{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介
 
 京都の北部の舞鶴市でろうあ協会が「筆談」で課長と「ろうあ協会が市長と会う日」を連絡した。

 

  当日になって仕事を休んだろうあ協会の役員が市役所に行くと課長が

 

「そんな約束はしていない。市長は今日は会わない。」

 

とすごい剣幕で怒り出した。

 

震えながらもろうあ協会の役員が
   筆談のやりとりの文を出した

 

 そこで、震えながらもろうあ協会の役員が、課長との筆談のやりとりの文を出した。そこにはハッキリと市長に会う人日時が課長の文字で書かれていた。

 

 急に課長は黙って去った。

 

 これらのことは無数にあった。

 

 だから山城ろうあ協会と市とのやり方は消えない炎のように怒りと共に広がっていった。

 

「誤魔化しを許さない」

     状況が産まれてきた

 

 山城ろうあ協会には機関紙を作成する力を持っていた。

 

 機関紙4号目で、これまで誤魔化されつづけていたことが広く社会の注目と理解を広めるようになったのである。

 

 読み書きが出来ないろうあ者もいるけれど、読み書きの出来るろうあ者もいる。

 

 みんなが手を結び合ったとき、それまで、その場、その場で「誤魔化されてきた」ことに対して、「誤魔化しを許さない」状況が産まれてきたのである。

 

 1968(昭和43)年7月8日午後2時半頃の「また来よったワ」事件と地元新聞の9月28日付の新聞記事をめぐって京都府教育委員会主催のろうあ者成人講座(同年10月13日 田辺高校講堂)の学習会に集まってきた山城地方のろうあ者に知らされた。