手話 と 手話通訳

京都の手話通訳者の取り組みと研究の中からの伝承と教訓をみなさまに提起します。戦前戦後の苦しい時代を生き抜いたろうあ者の人々から学んだことを決して忘れることはなく。

哀しみと損失は膨大であったが希望は燃えさかって 京都ろうあセンターはなぜつくられたのか⑫

f:id:sakukorox:20180616220251j:plain

手話を知らない人も

     手話を学んでいる人もともに
{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議佐瀬駿介

 

 困りはてたろうあ協会は、これらの問題を引き受けてくれる弁護士を尋ね、弁護を引き受けてくれた著名な能勢克男弁護士に弁護を依頼する。1957(昭和32)年7月。

 

第二教室の立ち退きと裁判
   歴史に残すべき準備書面

 

 立ち退き問題は、調停に持ち込まれたが、両者の意見は対立。

 

 寺側は、1957(昭和32)年9月25日、京都地方裁判所に仮処分を申請。

 

 9月27日、京都府ろうあ協会が自己の事業のために勝手に事業場をつくったなどとする仮処分が執行された。

 

 これにたいして京都府ろうあ協会側は、直ちに仮処分決定に対する異議申立を行ったが、裁判所は、京都府ろうあ協会側の仮処分異議申立を却下。

 

 京都府ろうあ協会は1959(昭和34)年2月、京都地方裁判所

 

「被告協会がその事業場のために本件建物を所有している事を知りながら、その間の法律干係を調整すべき機会を故意に逸して、事後に於いてその得たる所有権を振りかざし、被告協会に対して強引且つ理由なく不法占拠と称して土地明渡若しくは建物去を要求し、被告協会の既得権を侵害して顧みぬのはその主張がきわめて不法であるか若しくは権利の乱用であります。」

 

などの準備書面を提出した。

 

 しかし、裁判は時間のみ経過し、結論がどうなるかが判明しずらかったため京都府ろうあ協会は苦渋の判断をして、方向転換を試みるように弁護士に依頼する。

 

和解せざる事態と
 ろうあ協会への侮辱と内部紛争

 

 結果的に1959(昭和34)年6月29日、和解が成立する。

 

 和解に基づいて京都府ろうあ協会は、三事業所の閉鎖、機器の一部を京都府身体障害者福祉センターへ管理委託、などなど山積する処理に追い詰められてろうあ協会内部でも紛糾する。

 

 だが、これらの一連の法的問題は、準備書面の指摘するようにろうあ協会が事業場の建物を所有していることを知りながら、後になって所有権を振りかざし、ろうあ協会に対して強引で、理由なく不法占拠と称して土地明渡、建物去を要求するという誠実に生き、生きようとするろうあ協会やろうあ者の人々の誠実な精神を踏みにじる許されないものであった。

 

 京都府ろうあ協会は、言い知れぬ屈辱を受けながらも、内部紛糾を徹底した話し合いで克服し、奪われた自分たちの夢と希望と事業を将来、必ず実現するという信念を失う事はなかったのである。

 

 事実、哀しみと損失は膨大なものであったが、希望は燃えさかっていた。

 

京都府ろうあ協会はろうあ者の手によるろうあ者のための事業をはじめたが 京都ろうあセンター はなぜつくられたのか⑪

f:id:sakukorox:20180616215605j:plain

手話を知らない人も

                     手話を学んでいる人もともに
{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議佐瀬駿介

 

   1955(昭和30)年、私立京都聾口話学園管理者たちは、第二教室と呼ばれていた建物付属施設一切を京都府ろうあ協会会長の明石欣造宛にその一切の権限を「譲渡」する。

 

 1955年京都都府ろうあ協会は
      授業場、集会所をはじめる

 

 そのため京都府ろうあ協会は、登記して京都府ろうあ協会の授業場、集会所として利用する事となった。

 

 第一事業場として洋服仕立て事業、第二事業場として印刷事業として京都府ろうあ協会の事業を始める。

 

 さらに翌年、第三事業場として洋服部分品加工をも始めるが、事業は困難続きであった。

 

 ここ事業は複雑で多岐にわたる問題を抱えていたが、1955(昭和30)年11月につくられた京都府身体障害者福祉センターの実習補導所とされ、数名のろうあ者が技術を習得してそれぞれの職場に巣立って行った。

 

事業所だけでなくろうあ者の
さまざまな集会や夜間成人学級を開設

 

  京都府ろうあ協会は、第二教室と呼ばれていた建物を事業所としてだけでなく、ろうあ者のさまざまな集会や筆談・数学などの夜間成人学級をつくった。
           
 ところが、1956(昭和31)年4月。

 

 正体不明の利権屋たちが暗躍して、第二教室のある寺側を扇動して、ろうあ協会と第二教室の立ち退きを要求してきた。

 

 そして、京都府ろうあ協会の誠実な努力が踏みにじられ、寺側は裁判することまでの事態を発展させることになる。

 

第二教室の悲劇を繰り返してはならない 京都ろうあセンターはなぜつくられたのか⑩

f:id:sakukorox:20180616214524j:plain

手話を知らない人も

                    手話を学んでいる人もともに
{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議佐瀬駿介

 

  京都ろうあセンターを考える時、現在の京都聴覚言語センターなどを基にして考える人が多いが、それは結果を見て過程を十分吟味しない事でもある。

 

 また、 京都ろうあセンター、京都聴覚言語センターが造られる以前のろうあ者の人々の血と涙の叫びと行動を安易に考えて行く事にもなる。

 

はてしなく長い助走と
 それを挫く動き

 

 京都ろうあセンター、京都聴覚言語センターが造られるまでよりも助走の方がはるかに長く、複雑である。

 

 その複雑な状況を一貫して打ち破ってきたろうあ者の人々やろうあ協会の歴史に賞賛の辞を捧げる。

 

 1968年から1969年にかけて京都ろうあセンター設立時に繰り返し教えられた事がある。

 

第二教室の悲劇を繰り返してはならない

 

 それは京都ろうあセンターが第二教室の悲劇を繰り返してはならないと言うことである。

 

 故平松藤二郎さん(1947年京都ろうあ協会初代会長)、故明石欣造さん(1954年京都ろうあ協会三代目会長、1956年社団法人京都府ろうあ協会初代会長)からの切なる伝言でもあった。

 

 第二教室問題とは何か、を複雑で縺れている歴史と問題を簡略的に説明しておきたい。

 

私立京都聾口話学園がつくられるが

 

 1929(昭和4年)を前後して聴覚障害の子どもたちに、なんとか口話法による教育をすすめて欲しいという親の要求でそれまでの経過を踏まえて妙覚寺境内に新校舎が建築され私立京都聾口話学園がつくられる。

 

私立京都聾口話学園の経営はすぐ困難に

 

 だがその親のねがいと裏腹に私立京都聾口話学園の経営はすぐ困難を極め学園がつくられてすぐに京都府立聾唖学校に「移管」せざるを得なくなる。

 

 そして、私立京都聾口話学園校舎は京都府聾唖学校の分教場、すなわち「第二教室」とされて使われる。

 

 戦中は、これらも教室も閉鎖され、学校工場として学徒動員たちが働く場所に変更される。

 

 戦後の1946(昭和21)年に終戦とともに教室として復元され、京都府下の生徒のための臨時寄宿舎とも使用されるが、1954(昭和29)年第二教室としての役目は終えたとされたが、ここから大きな問題が産まれ紛糾が生じる。

 

制定された身体障害者福祉法に京都のろうあ協会基本問題を指摘 京都ろうあセンター はなぜつくられたのか ⑨

f:id:sakukorox:20180615132004j:plain

手話を知らない人も

                  手話を学んでいる人もともに
{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介

 

京都のろうあ協会原基本問題を指摘
   制定された身体障害者福祉法にたいして

 

  制定された身体障害者福祉法にたいして京都のろうあ協会は、

 

1,この法律の目的は「身体障害者の自立更生」を援護するためのものであって、すべての障害者の職業や生活を保障するものではない事

 

2,予算措置が貧弱であり福祉行政が窓口事務に終止している事

 

3,盲人・ろうあ者・肢体障害障害者の障害特殊性が考慮されず、それぞれの福祉行政が一貫していない事

 

などをあげそれらを改めさせながら戦後の民主主義の波の中でろうあ協会は、多くの人々と手を携えていく。

 

それぞれの障害を強調し
  障害者の中での対立と離反を許さない

 

 盲人・ろうあ者・肢体障害障害者の障害特殊性が考慮されず、というのはそれぞれの障害を一括りにしないで、それぞれの障害を十分配慮した事を前提とすべきだという事であり、それぞれの障害を強調し、障害者の中での対立と離反を許さないという意味でもある。

 

 京都のろうあ協会は、多方面にわたる活躍をするが、以下ろうあセンター設立までの長い歴史的経緯を考えて行きたい。

 

貧困にあえぐ中でもあえてなけなしのお金を   京都ろうあセンター はなぜつくられたのか ⑧

f:id:sakukorox:20180615125250j:plain

手話を知らない人も

               手話を学んでいる人もともに
{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議佐瀬駿介

 

  1968年から京都ろうあセンター設立がすすめられたが、そのほとんどはろうあ協会とその協力者の寄付でまかなわれていた。

 

  貧困にあえぐ中でもあえて、自分のこととしてではなく他の多くのろうあ者の人々のためにと身を切る思いでなけなしのお金を京都ろうあセンターの設立と維持のため寄付をした多くの人々。

 

 またそれを理解して協力を惜しまなかった人々で、京都ろうあセンターは設立され、維持されてきた。

 

戦前戦後もろうあ者や障害者のねがいを
率先して対応する事はなかった国や行政

 

 国や行政は、戦前戦後もろうあ者や障害者のねがいを率先して受けとめ対応する事はなかった。ろう教育も京都が発祥の地だとされている。

 

 その歴史を観ると、国や行政がろう教育(盲唖院)に積極的に関与し、援助したことはない。

 

 むしろ、民間の人々の努力では限界があるとして国や行政に働きかけ、陳情し、国や行政が陳情に対して「恩恵」的な対応をしたにすぎない。

 

忘れてはならないのは
   自分のことではなく

      多くのろうあ者の人々のためにと

 

 忘れてはならないのは、自分のこととしてではなく他の多くのろうあ者の人々のためにと身を切る思いのろうあ者とそれを理解して協力を惜しまなかった人々取り組みである。

 

 このことがなかったら国や行政何もしなかった事は間違いがない。

 

 それは、現代でもその姿は変わらない。

 

陳状、陳情ではなく、国や行政が果たすべき役割を果たしてそれに対して関係する人々

が要求したり、改変させる事が、福祉の分野では特に大切である。だが、今だ恩恵主義が横行している。

 

制定された身体障害者福祉法
京都のろうあ協会はいくつかの問題を指摘

 

  戦後憲法下で、1950年12月26日に身体障害者福祉法が制定された。この身体障害者福祉法は戦前の圧政からの解放として日本の近代的な福祉行政への第一歩として障害者はもちろん多くの国民から大きな期待が持たれていた。

 

 ろうあ者もろうあ者団体の活動・ろうあ協会の活動が一定援助されその期待は大きく膨らんだ。

 

 しかし、当初から身体障害者福祉法にたいして京都のろうあ協会はいくつかの問題を指摘していた。

 

立命館大学生存学研究センター の根拠なき京都市が設立したとする誤り 京都ろうあセンター はなぜつくられたのか ⑦

f:id:sakukorox:20180614111324j:plain

手話を知らない人も

     手話を学んでいる人もともに
{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介

 

  立命館大学生存学研究センターは、ネット上でいくつかの文章を公表している。だが、以下の文章は調査・研究として公表するだけの基礎研究がなされたとは思えない多くの問題がある。京都ろうあセンターの部分だけ抽出して掲載する。

 

 事実関係を明らかにしておくことは、多くの人々への誤解と今後の研究への警鐘だけでなく京都ろうあセンターを創りあげてきた人々への歴史的評価に繋がると考えるからである。

 

 立命館大学生存学研究センター
報告書の研究なき報告と社会的責任

 

立命館大学生存学研究センター報告書 [16] 第7章 手話通訳事業の現状と課題 ――3つの自治体調査から 坂本徳仁 佐藤浩子 渡邉あい子

 では、1.はじめに  の項で
 日本の手話通訳事業は、手話を主要なコミュニケーション手段としている聴覚障害者が日常生活に支障をきたさぬように、1970年代以降、当事者運動の要求に沿う形で公的に整備されてきた。

 

 としながら、さまざまな解釈を行っているが、そのことを立証する根拠は多くの疑問があるが、とくに京都ろうあセンターのことで根拠も脈絡もなく次のように述べている。


 本研究は2008〜2009年度に行なった三つの自治体(京都市、中野区、金沢市)の聞き取り調査をもとに、手話通訳事業の現状と課題を考察するものである。ただし、調査対象とした三つの自治体は手話通訳事業に対する独自の取り組みや歴史があり(2)、

 

(2)の[注]として 「(2)具体的には、京都市は1969年に全国に先駆けて京都ろうあセンターを設立し、手話通訳の養成や派遣、聴覚障害者向けの生活相談といった事業を行なってきた。金沢市は常勤正規職員の手話通訳者1名を市役所に雇用している全国的にも珍しい自治体であり、中野区は1973年に都内で初めて自治体主催の手話講習会を開始している。」

 

と述べているがそのことの文献・資料などは何ら示されていない。

 

京都府京都市

ろうあ者福祉や聴覚障害者福祉に

 取組まなかったためろうあ協会が中心に

 

 だが、京都市は1969年に全国に先駆けて京都ろうあセンターを設立し、手話通訳の養成や派遣、聴覚障害者向けの生活相談といった事業を行なってきた、とする根拠は何もない。

 

 そればかりか、京都府京都市がろうあ者福祉や聴覚障害者福祉に取り組まなかったためろうあ協会が中心になって京都ろうあセンターを創りあげてきたものであり、立命館大学生存学研究センター報告はこれらの事実が多くの資料や研究があるにも関わらず何ら調査もしないで報告している。

 

 このことは、解釈や考えの違いではなく、研究の基本を踏まえて事実と根拠を持って公表すべき大学の社会的使命以前の問題だろう。

 

 初めにの部分で書かれている、1970年代以降、当事者運動の要求に沿う形で公的に整備されてきた、当事者運動の要求に沿う形で公的に整備という研究姿勢がまったく見られない。

 

 立命館大学生存学研究センターは充分な検討をした上で公表すべきであろう。

 

大学の研究・実証なき報告
  学術的・社会的に

   重大責任があるとの自覚を

 

 このことをあえて述べるのは、学術研究や大学の名や各種さまざまな人々が、調査はもちろん文献も調べないで手話や手話通訳のことを「研究や解釈する」より主観的・思いつきの文やはなしが横行し、それがどんどんと孫引きされて、事実であると断定されることがまかり通ってしまう今日の状況があるからである。

 

 京都市は1969年に全国に先駆けて京都ろうあセンターを設立したのではなく、京都ろうあ協会が京都ろうあセンターを創ったのである。

 

 立命館大学生存学研究センターは、事実でないこと、誤った事、を広めることを自浄してほしいものである。

 

 以下その経過を紹介したい。

 

 

ろうあ者の読み書き出来るようになりたいと「筆談教室」 京都ろうあセンター はなぜつくられたのか ⑥

f:id:sakukorox:20180612121705j:plain

手話を知らない人も

                   手話を学んでいる人もともに
{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介

 

ろうあ者の多くの人々が

「読み書き出来る」

ようになりたいとねがっていた

 

 「あの人はかしこいろうあ者」と言うろうあ者の意味は、「内言語を形成している人か、どうか、」「読み書き出来るかどうか、」で「あの人はかしこいろうあ者」と言っていることがわかってくる。

 

 それは、ろうあ者の多くの人々が、「読み書き出来る」ようになりたいとねがっていたからである。それは心からの要求だった。

 

ろうあ者が文字を覚えて
自分の気持ちを表現する眼差しは真剣

 

 そのためしばしば、「筆談教室」が開かれた。

 

 当時、ろうあ者の文章には「てにをは」がないと言われてきた。書けても単語の羅列だと言われた。

 

  でも手話を学ぶと、「てにをは」がなくても言いたいことの意味はよく解るものである。

 

 そこで、言いたいことの意味を手話で確認して、それなら書き文字で表すとこのようになると文章の例を示した。

 

 その積み重ねを幾度と繰り返したが、いつもろうあ者が文字を覚え、自分の気持ちを表現する眼差しは真剣だった。

 

聞こえる人々文字も充分書けない
 その人が手話を覚えると

 

 最近、一部の聞こえる人々の文章?を見ていると「てにをは」どころか、文字も充分書けない人が多いので驚く。

 

 単語の羅列。

 

 それも充分がわかったつもりで書いているのだから、「イミフー」(意味不明)をめいめいの「主観」で思い込むので、しばしばトラブルになっている。

 

 また、そういう人々が手話を覚えるので混乱する。

 

「声を出さない」ことが手話ではない

 

 また日本手話と言って「声を出さない」ことが、ろうあ者のアイデンティティーとするろうあ者の人がいるが、その人の表情や喉の付近を見ていると明らかに「声が出るのに声を出さないで」いることが解る。

 

 そういう人に限って筆談を否定するが、内実は文字から情報を得ている場合がある。

 

 ろうあ者の多くの人々の要求が、「読み書き出来る」ようになりたいとねがっていた時代を想起すると、空しさを感じる。