手話 と 手話通訳

京都の手話通訳者の取り組みと研究の中からの伝承と教訓をみなさまに提起します。戦前戦後の苦しい時代を生き抜いたろうあ者の人々から学んだことを決して忘れることはなく。

「私たちの手話」 は大阪のろうあ者が創造し今にのこしている手話を編纂する目的でつくられた 手話の統一について 第三回手話通訳者会議1970年

手話を知らない人も

      手話を学んでいる人もともに
{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介

 

司会者

 

 それでは正しい手話と手話の統一について話し合いたいと思います。

 f:id:sakukorox:20180819111243j:plain


斎藤

 

 手話統一に関して新しく私たちの手話という本が発行されました。

 

 それを基本として学習するため一泊二日位で集まって講習をしてもらったら、手話統一の方法としては良いのではないか。

 

 全国大会とは別に二回位やってはどうか。

 

私たちの手話は
手話の単位を一方的におし広めて
 行こうという考えはもっていない

 

向野

 

 この本、私たちの手話は手話の単位を一方的に全国におし広めて行こうという考えはもっていません。

 

 ただ、ろうあ運動と共に発展してぎた手話運動の先達的役割を果たしてきた大阪の指導者達が創造し今に遺している手話を編さんしようというのが、われわれ編集委員の統一的見解であった。

 

 今、話したように全国的におし広めるっもりはないということと、一応標準的手話というところをどのように受け止めて発言されたか少しお聞きしたいのですが。

 

中味がまだなんですが全国手語通訳者連絡会 第三回手話通訳者会議1970年

手話を知らない人も

                 手話を学んでいる人もともに
{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介

 

司会者

 

 会員を個人会員とするか、団体会員とするかという問題はどうすれば良いでしようか。

 

f:id:sakukorox:20180818152144j:plain

 

中味がまだなんです

 

伊東

 

現在では個人でも団体でも良いようです。全国にまだサークルが出来ていない所もあるのでそういう所は個入も認めなければならないと思います。

 

司会

 

 会費の件ですが、個入として払うのか、サークルとして払うのか。

 

田中(横浜)

 

 この連絡会が設立された訳です。連絡会を今後どのようにやって行くかというととで来年正式に発足したらどうでしようか。

 

伊東

 

 熊本大会の時で連絡会というものができました。

 

 中味がまだなんですが。昨年の大会の時は参与である福島先生が通訳者会議の通知を出しております。

 

開催地の地元にある
   グループにやってもらったら

 

坂本

 

 もう一度、参与の三人にお願いしたいと思います。

 

 会費の面でも現在は個人として三百円で良いと思います。

 

田中

 

 三人の参与が代表で事務掲はろう連事務所気付でしたが、お互に忙がしいと思いますので、事務的なことはどこかのサークルにやってもらったらどうか。

 

斎藤(奈良)

 

 全国大会の開催地の地元にあるグループにやってもらったらどうでしようか。

 

 もしグループがない時は近ぐの県にあるグループにたのんだらどうか。

 

司会者

 

 参与の三人の先生はどうですか。

 

連盟の方から
  おかしいという声が

 

 

 前にみみずぐ会がやることになっていましたが、連盟の方からみみずぐ会がやるのはおかしいという声があった。

 

 三人の参与がいる限り全日ろう連を無視しては考えられないと思うのですが。

 

司会者

 

 ろうあ連盟と竜密接な関係を持って運動するんだと思う。

 

 連絡会の責任は参与である三人と全国大会の開催地とですることにします。

 

 

 全日ろう連との関係は三人の先生にやってもらうわけですね。

 

司会者

 

 はい、そうです。

 

秋山(岡山)

 

 私が来年の岡山大会の事務局長をすることになっております。

 

 どうぞよろしぐお願いします。

 

  1970年 東京。

 手話通訳者の全国組織は、手話通訳、通訳などの名称や手話サークルが加盟するのか、個人か、費用はなどなどの問題をすべて残したまま翌年の岡山大会にすべてがまかされる。

 

 そして、全国手話通訳者会議が開催されなくなるまでの経過は、手話通訳史上重大な課題と問題を残す事になる。

 

全国手語通訳者連絡会 の強引に名称を決めた余波 第三回手話通訳者会議1970年

f:id:sakukorox:20180818145037j:plain

手話を知らない人も

              手話を学んでいる人もともに
{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介

 

名称を
全国手語通訳者連絡会と決定します

 

伊東(京都)

 

 現在は全国手話通訳者連絡会です。

 

 他に御意見がなければこれに決めたいと思います。 それでは名称を全国手語通訳者連絡会と決定します。

 

 この会議は手話通訳者連絡会が主催する通訳者会議ということです。

 

司会者

 

 会の事務局みたいなものが必要ですね。全日ろう連の参与の三人の先生の誰かにお願いしてはどうでし上うか。

 

向野(京都)

 

この連絡会が責任を持って開くととに決定しましたね。

 

連盟と関係のある三人の先生は今までもやってぐれましたので引ぎ続きお願いしたく思います。

 

岡山開催に向けて調節

 

貞広

 

今回もそうなんですけど、この全国大会を行う連盟の事務局の人が責任を持ってやっていました。ただ私たちの連絡が悪かったのです。

 

伊東

 

 来年は岡山大会です。

 

 地元と連盟の本部と、この連絡会の三人との間で連絡をとってやったらどうか。福島大会も熊本大会の時も地元の先生にお願いしました。連盟では地元がやるんだろう……

又、地元は連盟がやるんだろうというように連絡が不充分なこともありました。

 

司会者

 

 事務局さえ決定すれば良いわけですね。例えば連盟から連絡会へ、違絡会から大会事務局へと連絡すればどうでしようか。

 

伊東

 

 連絡会と岡山の事務局とが直接会って話し合えば良いでしょうが、むずかしいこともあるので,例えばこの会場はろうあ連盟と地元の実行委員会で用意してくれたわけです。

 

 会場費は連盟で払つておるんだと思います。


 伊東雋祐氏の他に御意見がなければこれに決めたいと思います。それでは名称を全国手語通訳者連絡会と決定します、という決め方は、その場の会場にいた人だけで決めたものであり、時間をかけて相談してもいないし、ましてや全国手語通訳者連絡会がどういうものか、どういう組織か、を考えない強引な決め方であった。

 

 大会後、多くの府県から不満や批判が寄せられたが、伊東雋祐氏のこのやり方は次年度の大会でも出てくる。

 

 時間をかけて大局的な意見の結集という事をしないで、一時的、一方的に決めるやり方は後々全国の手話通訳者の集まりと意見交流を困難なものにしていく。

 

 

最初の話し合い 全国の 手話通訳者 の集会と組織・名称をめぐっての 第三回手話通訳者会議1970年

f:id:sakukorox:20180818131503j:plain

手話を知らない人も

               手話を学んでいる人もともに
{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介

 

   第三回手話通訳者会議では、福島のろうあ者大会の第一回手話通訳者会議の開催を受けて手話通訳者の主体的な全国集会の開催が求められた。

 

 だが、各都道府県の状況から全国集会の開催を準備する人員等が不足しているために結果的に京都のみみずく会手話通訳団が一応その任をになう事になっていた。

 

心情的にろうあ者従属的な手話通訳か
 手話通訳者とろうあ者は対等平等関係か

 

 京都のみみずく会手話通訳団会議では、全国の状況を踏まえて京都の押しつけではない自由な論議の場の保障と当時あった手話サークルや手話通訳者とろうあ協会との「確執」問題についても長時間論議された。

 

 手話通訳者とろうあ者は対等平等関係であってこそ、それぞれを認め合うことになり、双方の発展を期すものであるという点では全員一致していた。

 

 しかし、伊東雋祐氏は、ろう学校授業拒否事件の負い目(当該高等部の事件でありながら何の行動も起こしていない)もあり、心情的にろうあ者従属的な手話通訳・手話通訳者の全国組織の有り様を思い浮かべていた。

 

 これに反して、全国的な障害者問題や障害者団体などを熟知しているろう学校中学部の村上忠正氏が、ろうあ協会との「確執」問題も含めて手話通訳のあり方や手話通訳者の全国組織のあり方を客観的冷静的論理的に整理して、伊東雋祐氏の「心情的解釈」は、今後に悔いを残す事でもあり、人間関係が関連する手話通訳の分野では特にそれらの問題は克服すべき課題であると指摘した。

 

 みみずく会手話通訳団会議では、ろう学校中学部の村上忠正氏の指摘・研究・論理的解明・現実と展望が京都の手話通訳者に大きな影響を与えた。

 

 以上の意見で、みみずく会手話通訳団会議では一致し、全国組織の任に谷勇男氏、事務連絡は伊東のり子氏があたる事となった、

 

 連絡先としては、伊東雋祐氏の自宅とされた。

 

 細々とした出発であったが、その後いくつかの改変が行われるが、基本的考えはこの時期に整理されていた。

 

  第三回手話通訳者会議の伊東雋祐氏の発言は、みみずく会手話通訳団会議の議論を経たものであるが。

 

手話通訳者連絡会議と
        厚生省との関係が

 

司会

 

 サークルの情報交換に時間をかけすぎたようですので、次に連絡会設立の問題について話したいと思います。

 

伊東(京都)

 

 福島大会の時に京都のみみずく会が色々とやっているのでみみずぐ会の方で事務的なことをやってもらってはどうかということがあったが、その後熊本大会についての呼びかけがあったのですが、各サークルの住所がわからないために連絡できませんでした。

 

 又、連盟とみみずく会との間もうまく連絡が.とれなかった。

 

 通訳者会議はみみずく会でやるということが連盟では知らなかったので。

 

 熊本大会の時は大阪の福島先生の名前で各協会に連絡したと思います。

 

 それで昨年は手話通訳者連絡会議というようなことで決定して第三回はこの名前で連絡してあります。

 

 しかし誰が責任なのかはっきりしていませんでした。

 

 ただ明日の講習会だけは厚生省の方からされて貞広先生が責任を持つております。

 

 この連絡会を今後どのように位置づけていくのかということと、実務的な仕事をどのように責任を持つてやるかということですが、3年長日続けたんですから今後どのようにするかはっきりさせたいと思います。

 

司会

 

 ありがとうごさいました。

 

 この通訳者会議を毎年全国大会がある時に行いたと思います。

 

  この連絡はどこで誰がするかということですが、先ずこの会の名称はどうしますか。

 

文章 を作って手話を覚える手話サークル 第三回手話通訳者会議1970年

f:id:sakukorox:20180817121809j:plain

手話を知らない人も

                 手話を学んでいる人もともに
{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介

 

文章を作って 手話を覚える

 

こだま会(東京)

 

 こだまの会は毎週土曜日やっている。
 
 テキストは私たちの手話です。

 文章を作って手話を覚えて、交流会をする。

 こだま会は、ろうあ者と健聴者とが仲良く交流する会なのです。

 

手話講習会に参加したがせっかく

手話を覚えたのだからと手話サークル

 

頂(神戸)

 

 葦の会の場合ははじめろうあ協会が行った手話講習会に参加した者がせっかぐ手話を覚えたのだから自分達でやったらどうかということで始めたのがこの会です。

 

 活動する上でろうあ者を忘れての活動は成立しません。

 

 ろうあ協会の内情も良く知り、その上で交流会もやりたい。

 

 他のサークルではろうあ者と手話を学ぶ者とがうまく行かないようですが、私の会の場合はかなりうまぐやっていると思う。

 

 事務所はろうあ協会の事務所においてある。

 

ろう学校 を卒業しても 手話 がわからない ろうあ者 が多い 第三回手話通訳者会議1970年

f:id:sakukorox:20180817121006j:plain

手話を知らない人も

                  手話を学んでいる人もともに
{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介

 

ろうあ者と聞こえる人と
 分担して手話講習会

 

岡山

 

 ろうあ協会からは金をもらっていない。

 

  ろうあ協会の主催で手話教室を開いている。

 

坂本(浜松市

 

 浜松市の場合は ,個人の家を会場として集会を開いてやった。

 

 これは個人的な善意から始めたわけで運動を通じて市の教育委員会から場所を提供してもらっている。

 

 学習は初めの半分は健聴者だけで , 後半はろうあ者も一緒に交流している。

 私のサークルでろうあ者と健聴者の間で運営面で少し問題がある。

 

 健聴者はもっと手話を学習する機会を要求している。テキストは私たちの手話を使つている。

 

手話サークルのひろがりと
 各分野や分担の取り組み

 

司会者

 

  同じ場所で学習会をする場合でもグループを分けてやればろうあ者との交流もできると思うのですが。

 

谷(京都)

 

 みみずく会の場合は毎週木曜日に例会をやっている。


 中に手話の学習の日,交流の日,ろうあ団体との交流の日等がある。
 他に交流会の部,機関紙の部,親子のつどいの部,通訳研究会などがあり活動している。
 みみずく会の支部で東山地区でも活動を始めている。

 

司会者 京都のみみずく会の活動はとても良い。他にありませんか。

 

ろう学校卒業生に手話学習

 

上森 こだま会(東京)

 

 東京手まねを学ぶ会は他のサークルとちがうのはろうあ者に協力してもらうのではなく一緒にやっていることです。

 世話人も5対5でやっている。

 

 会員制ではない。

 会費は50円で学習会は二つに分けて手語がわかる人, わからない人とに分けてやっている。

 

  後半は十人位のグループに分かれて交流会をしている。

 

 ろう学校を卒業しても手話がわからないろうあ者が多いので一緒に私たちの手話の本をテキストにして学習している。

 

 

ろうあ者が手話通訳の必要を要求するう運動の高揚 批判には改善や創造がある 第三回手話通訳者会議1970年

f:id:sakukorox:20180816121937j:plain

手話を知らない人も

                 手話を学んでいる人もともに
{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介

 

手話サークルに行政の援助と

             ろうあ協会と共同行動を

 

愛知県

 

 大会の会場費などの支給を要請したがまだ支給されていない。

 

札幌

 

 昨年はろうあ協会が市に対して要請したが,今年は手話サークル自体で要求して実現させたい。

 

斎藤 (奈良)

 

 天理市社協の職員を月に二回手話の講習を始めた。

 

 これも社協でやっている。ろうあ協会の働きかけが大きいと恩う。ろうあ協会が要求すれば実現できると思う。

 

司会者

 

 現に助成を受けているサークルはもっともらうように,まだの所はこの会議等も参考にして地域のろうあ協会と一緒に交渉して実現させて下さい。

 

 ろうあ者が通訳の必要性を行政に対して訴えて運動して行くべきだと思います。

 

 次にサークルの情報交換に入りたいと思います。成功例、失敗例など話してください。

 

ろうあ者側は手話サークルを
 自分達の付属団体と思つているが

 

広島県

 

手話サークル設立の際に、ろうあ協会との間に運営上のくい違いがあった。

 

  ろうあ者側は手話サークルを自分達の付属団体と思つていたようである。

 

  ろうあ協会と話し合いがなかったので,会計の件などでも問題があった。
 
 ろう協からは金銭的な援助は受けずに健聴者だけの独立した団体とした方が良いのではないかと思う。

 

 ろうあ者の協力も必要だし,交流もしたいのだが,何かむずかしいことが残っているようである。

 
 ろうあ者側は手話サークルを

     自分達の付属団体と思つていた

 

 ろうあ者の協力も必要だし,交流もしたいのだが,何かむずかしいことが残っている、など率直な意見が出されている。

 

 この率直な意見は、各地で出されていた。

 

 このような意見を言うのはろうあ者に対して失礼である、ともかく言うべきでない、聞こえる人はろうあ者に従うべきである、とする形式的発想の下に率直な意見が出せないでいた。

 

 手話通訳者会議があったからこそこのような意見が出されていた。

 

 率直な意見を対立として捉えるのか、批判として改善する方向を模索する事として捉えるのかは、手話や手話通訳を広げていく上で極めて重要な問題を内包していた。

 

 建前や形式によってこれらの意見は対立意見として捉えられ、次第に表面的な意見として出されなくなっていく。

 

 批判には、改善や創造があること。

 

 民主主義的解決があることが軽視され、一部のろうあ協会の役員の「意見」がすべてであるかのようになっていくことは、平等な人間関係の疎外になる。