手話 と 手話通訳

京都の手話通訳者の取り組みと研究の中からの伝承と教訓をみなさまに提起します。戦前戦後の苦しい時代を生き抜いたろうあ者の人々から学んだことを決して忘れることはなく。

丸山浩路 さんと わいろ の話 日本最初の手話通訳付きテレビ放映をはじめたテレビ静岡  わいろ 京都の手話

f:id:sakukorox:20170815205752j:plain

手話を知らない人も

                手話を学んでいる人もともに
  {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー

 

 わいろ・賄賂。

f:id:sakukorox:20170815205906j:plain

 

 わいろとは、自分の利益になるようと正当でない目的で金品を贈ることであるが、袖の下、ともされている。

 

 すなわち袖の下の袂もとに隠すようにそっと金を渡す動きがわいろの手話である。

 

 この手話は、かなり以前から全国各地で使われた手話である。

 

 故丸山浩路さんとは、手話や手話通訳をめぐってほぼ意見は一致していたが、1971年5月に行われた第四回全国手話通訳者会議で手話通訳保障をめぐる問題で私とかなり激しいやりとりをした。

 

 そのため手話や手話通訳の方法が彼とよくにていたからであろう彼と私は、ろうあ者からしばしば間違われて呼びかけられ、話しかけられていた。

 

 後に、丸山浩路さんは手話通訳者のギャラを高くしないと手話通訳が認めらられないからそういう主張をした。

 

 私は、そのギャラの意味は解らないでもないが、あなたの生い立ちから考えても貧しいろうあ者から法外なギャラを取ることは理解出来ない、むしろ国や行政が手話通訳者の身分保障をするべきとして要求することが大切ではないか、と何度も話し合ったが話は平行線のママだった。

 

 その後、彼は、1977年、NHKの「聴力障害者の時間」の初代メインキャスターとなるが、彼と再会した時に彼のほうからつかつかと寄ってきた。

 

 そして、NHKのテレビカメラの写り具合から服装がチエックされる。このピンク色のワイシャツを着ているのはそのためだとか服装を変えたことなどを言いつつ、不満げに次のように言った。

 

 丸山浩路さんの、わいろ、の手話はNHKの担当者からだめだと言われる。

 

 袖の下にお金を入れている。それは、わいろを受け取ったということになる。

 

 当時、ロッキード事件が連日報道されていて、わいろを受け取ったかどうかが問題になっている。

 

 この時に、手話でわいろをすると袖の下にお金を入れる=わいろを受け取った、となるので絶対その手話はNHKとして認められない、と言われたとのこと。

 

 そこで手話表現についての意見交換をしたが、結局、丸山浩路さんはお金・袖の近く(袖の下までお金の手話を入れない。注 写真右側のところまで動かさない。)としたとの報告があった。

 

 これは手話の問題ではなく、わいろという言葉そのものの意味合いであるにもかかわらず手話だけを問題にするのはじつに不条理な事であった。

 

 丸山浩路さんもそのように感じたから、私に心の内を吐露したのだと思う。

 

 その後、NHKの「聴力障害者の時間」では丸山浩路さん自身がどんどんと手話表現を変えているのを見て辛かった。

 

 わいろ。の手話を思うといつも彼との話が頭によぎる。

 

 なおテレビ放送に手話通訳を付けたのは、1973年1月28日テレビ静岡が日本最初であった。

 

 当時、手話についてテレビ局としては干渉はしないとディレクターが言っていた。

 

 なお、テレビ静岡が手話通訳を付けた放映をはじめたのは、フジテレビからやって来たディレクターがフジテレビ時代にアメリカに行った。アメリカのテレビでは手話通訳付きの放送をしていたにもかかわらず日本では放映されていない事への疑問と改善提案と強い実施要望があったからだ、とも聞いた。

 

 もっと詳細なことも聞いたが、省略する。

 

鼻高高の意味から 得意 自慢 鼻高々 妙な へん 話の筋が通っていない 京都の手話

f:id:sakukorox:20170815133325j:plain

手話を知らない人も

            手話を学んでいる人もともに
  {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー

 

得意。
自慢。
鼻高々。

f:id:sakukorox:20170815133434j:plain

 鼻高高の意味表現からきている得意、自慢の手話。

 

 鼻をへし折る、はこの鼻高高の手話を手でつかんで取り去る手話で表現するが、よく使われているはなしことばを手話で表現しているが、このような手話は多くある。

 

妙な。
へん。
話の筋が通っていない。

f:id:sakukorox:20170815133538j:plain

 頭に人差し指を付けて、その指を丸めて開くように放つ手話で「妙な」。

 

  その話は、「妙な」な話だから、注意しないといけないよ。

 

 などの場合によく使われた手話。

 

 考えがあるようで、それが投げ捨てられている通常な考えではないから‥‥‥でないという意味を受けて表現している。

 

古い習慣や技巧などを頑なに守らないで考え・発想を変えていく 趣味 反省 伝統 京都の手話

f:id:sakukorox:20170814195535j:plain

手話を知らない人も

     手話を学んでいる人もともに
  {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー

 

  伝統。

f:id:sakukorox:20170814195813j:plain

 

 この伝統の手話は別の項で紹介したが、今回は、二つの伝統の手話が紹介する。

 

 下段の手話伝統は、男女の手話を上から下に回しながら表現する。

 

  人から人へと伝えられてきたことを伝統としているのだが、上段の伝統の手話は少し違う意味合いが籠められた伝統という手話である。

 

  頭に人差し指を付けて=考え 次は右手と左手の手のひらを交差させながら、変化、替わるを表現する伝統という手話。

 

  上段の伝統の手話は、伝統とは古い習慣や技巧などを頑なに守るのではなく、次々と考え・発想 を変えていくことが伝統であるという意味を持たせている。

 

  京都の伝統文化を熟知しているからこそこのような手話表現が出来るのだろう。

 

  京都の伝統文化で何百年続いたという店があるが、その品物は時代とともに新たなる創作が加えられていることを知った上での伝統の手話。

 

 明石欣造さんたちの手話は「古い」と断定されて揶揄された1980年代以降、明石欣造さんは自分たちの手話が唯一絶対ではないが、私たちが創りあげてきた手話の伝統を引き継いで欲しいとさかんに言っていた。

 

 伝統とは、古いものを固持するだけではない、時代とともに新たなる創作が加えられていくものだと「古くから」手話表現していた。


趣味。

f:id:sakukorox:20170814195856j:plain

 趣味とは、上段の物事の「味わい」という手話を下段の「胸に仕舞い込む」という手話表現で趣味の手話。

 

 漢字の意味合いを捉えた手話とも言える。

 

反省。

f:id:sakukorox:20170814195934j:plain

 反省は、自分の行いをかえりみること、意味から誰もがする頭を下げる動作を手話で表している。

 

 手のひらで頭を下げる半円状の動きをして、心に留めると言う意味で腹に手のひらを付ける。

 

 心からの反省を表した手話。

 

鎧袖の重なりもダブらせて視覚的イメージを表し 歴史 流れ 経過 漢字 活字 ひらがな 京都の手話

f:id:sakukorox:20170814140115j:plain

手話を知らない人も

              手話を学んでいる人もともに
  {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー

 

歴史。
流れ。
経過。

f:id:sakukorox:20170814140211j:plain

  歴史ということばは、明治時代にhistoryの訳語としてつくられた漢字。

 

それまでは、「史」が主に使われた。

 

 このように明治時代に「造語」と言っていいことばが量産された。

 

 ろうあ者はその歴史の意味合である「歴史的探求の積み重ねから得られた知恵」の「積み重ねから」を巧みに表現した。

 

 肩から手までに手のひらを少しずつ凹凸を付けるような動きをして「積み重ね」を表現したが、同時に武士達の鎧袖の重なりもダブらせて視覚的イメージを表した手話。

 

 従って、「流れ」「経過」などでもこの手話が使われた。

 
  漢字。
 活字。

f:id:sakukorox:20170814140253j:plain

 次のひらがなの手話と比べてみるとよく解る。

 

 漢字は、手指を曲げて四角い、としてそれを下方に順番に置くしぐさで漢字の手話。

 

  金属の字型の活字を表現している。

 

  活版印刷の工程で、原稿に従って活字棚から活字を順に拾い、文選箱に納める文選工は、ろうあ者の憧れの仕事であった。

 

 ごく一部であるが、ろうあ者で文選工に就いた人がいた。

 

ひらがな。

f:id:sakukorox:20170814140332j:plain

 漢字に対してひらがなの手話は、手のひらを紙に、人差し指を筆にたとえて、すらすらと書く動きでひらがなの手話としている。

 

極めて不自然な手指や腕の動きを要求される指文字 念のため 思いを胸に 心に留める もし たとえば 仮に 京都の手話

f:id:sakukorox:20170813123803j:plain

手話を知らない人も

     手話を学んでいる人もともに
  {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー

 

 前回わいせつのところで触れたが、明石欣造さんは自分たちが平素使っている手話を余すところなく表現してくれ、撮影を許可してくれた。

 

 ところで、明石欣造さんは、現在使用されている指・数文字に対する強い不満を抱いていた。

 

 この指文字は、大阪市立聾唖学校の大曽根源助らがアメリカ式指文字を人為的につくったが、それは極めて不自然な手指や腕の動きを要求されるというのである。

 

 アメリカ式指文字は、斜め前に手指を変化させたが、大曽根源助らはアルファベットのアメリカ式指文字を手首曲げて縦方向に手指を動かすためから不自然な手指や腕の動きや腕肩手指の負担を増幅させて腕肩手指を痛めたからでもある。

 

 大曽根源助らがつくった斜め前に手指を変化させない指文字は、従来日本で使われていたカタカナ指文字であるとも教えられた。

 

 さらに大曽根源助らがつくったアメリカ式指文字で捨てられたものにTという指文字がある。

 

 このTは、巷でしばしば使われている性交を意味する猥褻なものであるので親指を立てた「た」に替えられたと言う。

 

 取捨選択された基準が、日本の手話を尊重しないで「輸入」し、自分たちで勝手に取捨選択されたことは認められない、という主張は、重みを増し続けた。


念のため。
思いを胸に。
心に留める。

f:id:sakukorox:20170813123935j:plain

 念とは、心(注 腹)の中心にある思いということから、開いた手を胸にあてる時閉じて胸にしまい込むで、念のための手話。

 

もし。
たとえば。
仮に。

f:id:sakukorox:20170813124017j:plain

 仮定を表す手話で、人差し指と親指を少し開いて頬に付けて人差し指と親指を付ける。

 

  これらの仮定形の手話は、抽象思考に欠かせない手話となっていく。

 

 このもしの手話は、もう一つの手話と組み合わせられるが、省略されている。

 

ろうあ者の人生が裏腹に表現されて ほれる 騙される ねたむ 猥褻 性交 同衾 交合 京都の手話

f:id:sakukorox:20170812210018j:plain

手話を知らない人も

          手話を学んでいる人もともに
  {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー

 

ほれる。
騙される。

f:id:sakukorox:20170812210659j:plain

 初めてこの手話を知った時に大変驚いた。

 

  惚れると騙される、は同じ手話だと言うからである。 

 

 恋するという手話は別にある。

 

 顎が外れる・ぽかーんとするで惚れるの手話。
 
   惚れるの意味の、ぼんやりする、放心する、意味を表した手話である。

 

 ところが、騙されるとの同一だ、とも言うろうあ者がいた。惚れるのは騙されるからだ、とまで言う。

 

 ともかく、ぼんやり、放心した、心奪われた場合は、スキが出来るので騙されやすい、というのかも知れないが京都に伝わる手話には、それまでのろうあ者の人生が裏腹に表現されている。

 

ねたむ。

f:id:sakukorox:20170812210759j:plain

 

  妬む、嫉むの漢字表記から来ていると思われるが、鼻を手のひらで左右に少し動かして「ねたむ」の手話。


猥褻、
性交。
同衾。
交合。

 

f:id:sakukorox:20170812210938j:plain

 

 伊東雋祐氏は、この手話をわいせつ・猥褻とすらりとすり抜けて書いてた。ところが、実際は、性交、同衾、交合などの手話である。このことでどんな意見のやりとりがあったか省略する。

 

 いわゆる手話の猥談でしばしば出てきた表現である。

 

 右拳をホッペタに当てて、同時に左側のホッペタを膨らませる手話。

 

 男性器が、女性器に入った時の様子を手話で表したと説明されてきた。

 

  性交中に「膣内に空気が入る、それが出るときに音が鳴る」その音が、口に空気をためて、ほっぺをつついたら「ブー」と鳴るの同じということでも表現された手話でもある。

 

 ろうあ者は、音が全く聞こえないとか決めつけないで、考えればこういうことは理解出来るが、こういう手話はすべてわいせつな手話とされた。

 

 アメリカで出版されている性に関するイラストで描かれた手話を十数年前に見て、日本でわいせつな手話とされてきた手話とほとんど同じだった。

 

 一つの時代が、わいせつとし、また一つの時代が性用語の手話としている。

 

 

肖像画からとりいれた手話 できない 縛られて どうしようもない もったいない 損した 恥 名誉 誉れ 京都の手話

f:id:sakukorox:20170812195347j:plain

手話を知らない人も

     手話を学んでいる人もともに
  {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー
 

  できない。
 縛られて。
 どうしようもない。

f:id:sakukorox:20170812195525j:plain

 

 まさに手首が縛られた様子で。身動きとれないという手話。

 

解放される、の項を参照。

 

  もったいない。
 損した。

f:id:sakukorox:20170812195607j:plain

  両手でお金(丸)を示し、それを捨てる動作でもったいないの手話。

 

 金を捨てる=もったいない。逆の手話をすると=得する・儲かるの手話となる。


恥。

f:id:sakukorox:20170812195652j:plain

話した人差し指で顔にあてる、顔が傷つくという手話。

 

顔が傷つく、即ち他の人に隠しようもない面目などを示す手話と言える。

 

名誉。
誉れ。

f:id:sakukorox:20170812195736j:plain


  人差し指を楕円形に動かし肩まで付ける。

 

  将官などの飾緒を手話表現したとも言われているが、飾られた将官などの装飾から取り入れた手話も多い。

 

 例えば、特別の手話。一般の兵士と違い軍服の袖襟の縫い込みで表したりされた。

 

 これら肖像画からとりいれた手話は、戦前の歴代天皇肖像画の髪型を手話で表したことと同じである。

 

 飾緒は、名誉の象徴と魅入った事からも来る手話表現。

 

 その大きさによって名誉の大きさを表現している。