手話 と 手話通訳

京都の手話通訳者の取り組みと研究の中からの伝承と教訓をみなさまに提起します。戦前戦後の苦しい時代を生き抜いたろうあ者の人々から学んだことを決して忘れることはなく。

手話テキスト中心の手話学習になると排除されたろうあ者の人々に  第7回全国手話通訳者会議1974年

f:id:sakukorox:20190406214900j:plain

手話を知らない人も

             手話を学んでいる人もともに
{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介

 

  手話サークルは1960年代には考えられなかったほど全国各地で無数に造られていく。このことに至福の喜びを感じたろうあ者は多かった。

 

 手話テキストがあまりなかった時期には、ろうあ者と聞こえる人々が会話して手話というコミュニケーションを学ぶ喜ぶを共有していた。

 

 だが、手話テキスト中心の手話学習になると、ろうあ者が書かれた文章が解らず、まちがって手話を教えたと指弾されていく時期を迎える。

 

 ろうあ者の理解という人々は、残念ながら読み書きが充分出来ないろうあ者を排除して、読み書きの出来るろうあ者が手話講習会の主役になっていく。

 

 この変化の時期を忘れてはならない。

 

 手話を学びたいと思う人々は、ろうあ者の読み書きが出来るようになりたいとねがう気持ちを受けとめ、手話を教えてもらって、文字を教える、という相互学習をすすめるべきではなかったのではないか。

 

 そうでなかったため、手話を覚えてもらえることに至福の喜ぶを感じたろうあ者は、手話学習や講習会の講師から「排除」されていくことが多くなっていった。この時期をもう一度取り戻そうにも残念ながら当時のろうあ者は亡くなられて居られない。

 

 だからある意味、本当にろうあ者同士が手話で会話した手話は、かき消されててしまったとも言わざるを得ない哀しみがある。

 

 わずかなながらに残された手話表現に籠められた手話をもとに至福の喜ぶを感じたろうあ者へ連帯の意を表して、伝え広められてきた手話をもう一度、何度も、学ぶ必要があるだろう。


第7回全国手話通訳者会議 第4分科会「サークルの諸問題。学習」について

 

  身体障害者

特に聴覚障害者の社会問題・ろうあ者
がおかれている現況や間題点, 手話について

理論的な知識が

 講習会等サークルの中で浸透されていない

 

(4) 内容について 

   手話講習会等で手話を学ぶ際, 身体障害者特に聴覚障害者の社会問題・ろうあ者がおかれている現況や間題点, 又, 手話そのものについての理論的な知識が講習会等サークル会員の中でもまだ浸透されておらず, 手話を学ぶ前に状況を知つておく必要があるのではないかという事が話し合われた。

 

 学習の方法については, サークル内で運営委員会を作り, そこでテキストを作成する。私たちの手話等の辞典類を基礎にして勉強する。

 

 その他, テープを聞きながらの手話実技やビデオテープのよみとり, 討論をしながら学ぶ方法, 直接ろうあ者に手話を使つてもらいそれをよみとる練習等が現在行なわれている主な方法である。

 

  ろうあ者が文章の意味がわからず

     まちがって教える

   ろうあ者の個人差・年令差・地域差

  などによる手話の違いについて
 ろうあ者とともに考えていくことが必要である

 

 又, ろうあ者と健聴者1名ずっが個別的に教える方法もあったが, 上達は早いかわりに,ろうあ者が文章の意味がわからず,  まちがって教える事や,ろうあ者が毎週異つた場合, 手話も異なってく ることがあるという問題が出された。

 

 この ろうあ者の個人差・年令差・地域差などによる手話の違いについては, 現段階では様々な手話を覚えていくより方法がないが, しかし, 基本的には, そのような手話のあり方そのものを,ろうあ者とともに考えていくことが必要であると問題提起された。

 

 つまり,  このように手話についての社会的規制がゆるいことが, ろうあ者のコミュニケーション伝達の上で大きな混乱となっていると思われるが, 現実的にろうあ者自身の生活の中でどのような問題を生ぜしめているのかを, ろうあ者へ問題提起していくことにより, これを手話に関わるすべての人々の課題としていく必要があろう。

 

手話サークル野火のごとく広がる その悩みと解決方法 第7回全国手話通訳者会議1974年

f:id:sakukorox:20190406213816j:plain

手話を知らない人も

            手話を学んでいる人もともに
{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介

 

第7回全国手話通訳者会議 第4分科会「サークルの諸問題。学習」について

 

 各地のサークルの代表者が集まり, 様々な情報の交換が行なわれたが, 各サークルの抱える問題は多様であり, 又運営と学習は切り離して考えられないところから, 本分科会では広く各方面から話し合う意味で, 日的・実施主体・対象者・内容・募集の方法-講師・コース・場所・評価・経費-その他・と分けて話し合うことにした。

 

  なにが大切かを考えて
   地域の障害者の福祉向上を計る

 

(1)  目的  会の目的には,交流により連帯意識を持つ,通訳者の養成,ろうあ者の生活と権利を守る, 看護婦や保母等で作つているサークルでは自分の為というもの, 地域の障害者の福祉向上を計る. 又特殊な手話を作る, あるいは手話を変えていくというのもあった。

 しかし,これらは各サークル1つ1つ別個な目的を持つているのではなく, どこに重点があるかというような違い程度であった。

 

(2) 実施主体  手話講習会については, サークル独自で実施している場合, 県あるいは市から補助金をもらってサークルが実施している。

 

 市・自治体等サークル以外の団体が講習会を開き, それにサークルが協力している場合, サークルと市両方独自で行なわれている等, 各実施の仕方にも利害特質はあるが, 凡そ4つのタイプに分類されているのが現状である。

 

  いつでも

手話サークルの状況を把提できるように

 

(3)対象者  対象者の問題として,

 

イ.途中で脱落していく人への対策,

 

 ロ.途中から参加してくる人たちへの対策, 

 

ハ. 会員を増やす際の募集方法について,

 

の3点が間題としてあげられ, 会にいつも来る人は勿論, 来ない人にも機関誌等で会の情報連絡を継続し, いつでも会の状況を把提できるようにしておく。

 

 また, ろうあ協会等の行事には大いに参加し, ろうあ者と実際に手話を使うなどの接触の機会を多く持つようにする。

 

 更にレクリェーション等の活動を活発にし, ークル内での親陸交流。

 

 人間関係を重視していく方法等があげられた。

 

  二方向学習の方法と手話サークル

 

ロ)については, ほとんどのサークルが新会員はすぐグルー プの中に入れて一緒に学ぶか, 初級コース等に組み入れていくやり方と, 特別に以前よりの経験者が個別的に指導していくという補習型の2つのいづれかの方法で行なわれている。

 

  ろうあ者の働いている職場の人達に
 手話サークルの入会をすすめる

 

ハの会員募集の方法にっいては,市・自治体などの広報,地方新聞やテレビ等のマスメディアによる方法, ろうあ者の働いている職場の人達に対して会の方で入会をすすめる方法, 各種ポランティア団体にはたらきかける。

 
 又ポスター利用や善意銀行への参加要請, 講習会の際入会を勧める等が主であった。

 

 

 

 

手話技術の面でこれが良いという共通の手話は存在しない

f:id:sakukorox:20190405164140j:plain

 手話を知らない人も

                  手話を学んでいる人もともに
{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介

 

  第7回全国手話通訳者会議を調べて見ると第1回全国手話通訳者会議以降まで手話の統一や新しい手話をつくると言うはなしなどはごくまれな場合を除いて出てこない。

 

 それはなぜか。

 

 各地の手話は、手話として当然のように手話通訳者は習熟していたし、地域によって異なった手話であることも承知していたのである。

 

 特に全国交流がはじまると、それぞれの手話表現への対応と意味合いを尊重しながら手話通訳が行われていた。

 

  当然のこととして考えていたので、一つの手話ー一つの意味とは考えていず多様な組合せで手話表現出来たのである。

 

 このことを知るにつけ 第7回全国手話通訳者会議参加の手話通訳者のレベルは高く、対応能力も高かったと言える。

 

第7回全国手話通訳者会議 第3分科会「手話技術の諸問題」

 

  働く者の権利が

保障されないまま
    働かされたりするときの知識

 

札幌
  私の通訳の経験から就職間題に関した通訳の場合, ろうあ者の意志、を伝えるということからまだ通訳として完全でないことを反省させられます。

 

  働く者の権利が保障されないまま、働かされたりする, そんな時通訳者として知識が必要だということです。

 

手話技術の面で

これが良いという共通の手話は存在しない

 

助言者より
問題を単純化するということです。

 

 通訳もその人個人によつて違います。

 

  論理的な人は通訳も論理化され, ムード的な人は通訳もムード的になる。

 

 このように技術の発展から通訳が専門化されるということです。

 

 ろうあ者の場合, 目で手まねを見てそれを頭の中で整理しますが, それを時間的に見ながら記憶することはむずかしい。

 頭の中で整理されたものを今度は消化することが必要。

 

 通訳はろうあ者と一緒に考えて行く必要があると思います。

 

 手話技術の面でこれが良いという共通の手話は存在しないと思う。

 

 ろうあ者運動の発展は通訳者の位置づけの方向にある。

 

 通訳者は, 政治、経済において政治職をおびて通訳をやるというなら抵抗を感ずる。

 

 政治や宗教が関係してくると通訳はむずかしくなる。

 

 各地域において通訳をどのようにもつていくかということである。

 

どの手話が良いとか 悪いとかではなくどんな方法でもろうあ者に通じたら 第7回全国手話通訳者会議1974年

f:id:sakukorox:20190319112146j:plain

手話を知らない人も

           手話を学んでいる人もともに
{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介

 

第7回全国手話通訳者会議 第3分科会「手話技術の諸問題」

テレビ番組における通訳技術の諸問題

 

 神奈川では, テレビ番組での手話通訳が保障されてから, いろいろな番組やニュース。コマーシャルなどの通訳がなされ, その中では表現のできない言葉や表現しにくい言葉などが出て来ましたが, そんな時はその場においてアイデアや工夫を生かし, 手話を作つてもかまわないと思います。

 

 そんな意味からも知識を高める必要があります。

 

 イデアで作り出した手話を
  その場だけで終らせるのではなく

  ろうあ者どうしの話し合いの中で

        良いものが残つていく

 

 やる方の通訳者が知つていてもうけとめるろうあ者が知らない場合は, 相手にどう説明したなら分つてもらえるかということを考えなければなりません。

 

 その場合,その場のアイデアで作り出した手話をその場だけで終らせるのではなくて, その後も多くの人に広める必要があります。

 

 それがろうあ者どうしの話し合いの中で内容に良いものが残つていくと思います。

 

  どんな方法でも相手に通じたら

 

 いかなる方法を使つても相手にどれだけ理解していただいたかということです。

 

 どの手話が良いとか, 悪いとかではなく,どんな方法でも相手に通じたら良いと思います。

 

 

昔からの手話であるかのように信じこまされれ 第7回全国手話通訳者会議1974年

f:id:sakukorox:20190319110608j:plain

手話を知らない人も

                手話を学んでいる人もともに
{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介

 

  7年間にわたる手話通訳者会議を再考察してみると、手話はこうでなければならない、正しい手話こうだ、手話が違うので困るなどなどのことがあまり出されていない。

 

 最近手話を学ぶ人々のつぶやきを知ると、ありもしなかったことがさもさも昔からの手話であるかのように教えられていて疑問を持っていることも書かれている。

 

 だが、7年間にわたる手話通訳者会議の内容や討論はほとんどそういうものは出てこない。

 

 ましてやそれぞれの地域の手話を正しい、間違いであるとされる意見は出されていない。

 

 それはなぜか。

 

 手話通訳が机上の空論としてではなく、現実直面する手話通訳の諸問題を率直に話し合われたからではないかと考える。

 

 ただ、手を動かすことで、手話通訳をした、とか、手話が上手である、とか、手話通訳者の権威を誇示することはなかった。


 第7回全国手話通訳者会議第3分科会

          「手話技術の諸問題」

     運転免許の通訳にお け る手話技術の諸問題

 

 奈良県では, 運転免許においての通訳について学科の講習の時, カタカナの言葉が多く出てくる。

 

 その場合はほとんど指文字を使つている。指文字のわからない人については, 出来る範囲でやつてもらつています。

 

 栃木では, 運転免許の通訳は, カタカナの文字や車の専門用語については, ろうあ協会の中で新しい手話を作つて, その後通訳者及びろうあ者に教えています。

 

 浜松では. 運転免許の講習の通訳は, 指文字を入れてやつている。 技能の場合は自動車学校の先生がカードを見せる方法をとつている。

 

 運転免許での通訳で一番感じたことは、問題の最後の文字でろうあ者がひつかかるということです。

 

~しなければならない。

 

~するべきだ。

 

 とかその他, 語の意味や文章の読解ができないということです。

 

 そのため. なかなか免許をもらうことができないろうあ者がいます。

 

ろうあ者 と 手話通訳者 にはもつと人間的なつながりが 7回全国手話通訳者会議1974年

f:id:sakukorox:20190223162016j:plain

手話を知らない人も

              手話を学んでいる人もともに
{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介

 

    第7回全国手話通訳者会議 第3分科会
「手話技術の諸問題」 4.   ろう教育と手話技術について

 

  ろうあ者にもレべルが
 教育背景が高いほど手話技術は簡単

 

 手話技術には限度がある。

 

 それはろうあ者の教育に問題がある。

 

 ろうあ者にもレベルがあり,教育背景が高いほど手話技術が簡単。

 

 通訳者の養成がろうあ者のレベルの高い人だけのためにあるのであれば問題があり, 養成された通訳者にも間題がある。

 

  ろうあ者のレベルに
   通訳は合せる必要がある

 

 技術としてまかなうのか。

 

 教育としてまかなうのか。

 

 又教育の低いろうあ者のために通訳が養成されるのであれば, その教材はどこからくるのかということです。

 

 これに対しろうあ者より,ろうあ者のレベルに通訳は合せる必要があります。

 

 ただその場合,  レぺルの高い人と低い人が集つた時はどうするのかというと, その場合は中位のレぺルでやるのが最も良い方法だと思います。

 

  参加者の年齢に合わせて手話通訳

 

 静岡では,例えば, 40才以上の人と40才以下の人を見た場合, 40才以上の人は戰前の教育を受け,口を動かさないで身振りや手まねをします。

 

 又40才以下の人は戦後の教育を受け,  口を動かし手まねをする。

 

 このようなことから集会においての選挙の時などの通訳などは, 年令に合せて判断し通訳をしています。

 

 各地で手話の知らないろうあ者に対してどのような対策をとつているのだろうか。

 

 ろうあ者が教えているのか

それとも通訳者が教えるのか

 

という問題が出された。

 

  わからないろうあ者は
    そのままの状態にしている

 

 ろうあ者は確かに手話の技術をみがいて行く必要があります。

 

 私のろう学校では, 勉強のわかるろうあ者とわからないろうあ者を2つに分けて教ス_ていますが, わからないろうあ者にはそのままの状態にしている。 (和歌山のろうあ者から)

 

手話というよりも
 体の言葉で通じることが

 

助言者より
 通訳の立場というのは, 本当にむずかしい。

 

 手話のわからない人と話しをするのは容易ではないが, 手話というよりも体の言葉で通じることができる。

 

 ろうあ者のレぺルと言うのが果してそのレぺルをどこまでつかんでいるかということです。

 

  手話にこだわるのではなく,  ろうあ者と通訳者には,  もつと人間的なつながりがあると思う。

 

  ろうあ者がやることをまず見てほしい。

 

 通訳とは指導の立場にあるのかどうかということについて, 人間的なつながりから教育のできる人の立場にある人はそれでかまわないと思います。


時間の関係でより多くの参加者の声をということで各地におけるその他の手話技術について話し合いが進められた。

数字はわかっても 年月日と期限が解らないろうあ者に 第7回全国手話通訳者会議1974年

 

f:id:sakukorox:20190223155903j:plain

手話を知らない人も

               手話を学んでいる人もともに
{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介

 

    第7回全国手話通訳者会議 第3分科会
   「手話技術の諸問題」

 

ろうあ者は集団の中に
入つていきたくても

    入つていけない交通機関の減退

 

京都の場合, 私の町は人口4万人で面積の90%が山になつており, ろうあ者は現在45人おります。

 

 その中で書いてお話できる人はほんのわずかです。

 

 人口が減つてきている現在, 山間部にいるろうあ者は交通機関が減退しているため未教育のろうあ者は集団の中に入つていきたくても入つていけないというのが現状です。

 

  8年前のバス定期券を使用
   罰金が十万円要求され

 

 私の経験からある未就学のろうあ者の女性がおりました。

 

 その方が8年前のパス定期券を使用していた事が分り罰金が十万円要求されました。

 というのは調査したところ, そのろうあ者は自分のものを見分けられ, 数字が書けるということから名前も数字も理解できるとなり, 罰金が課せられたわけです。

 

数字はわかっても
 年月日と期限が解らない

 

 しかし間題は,  1・2・3という数字がわかつていても'昭和48年3月31日まで、というパス定期に書かれていた意味を理解していたかどうかということです

 

 技術というよりも相手にどれだけ話を伝えることができるかということです。

 

 そのろうあ者との話は, 手話というよりも身振りだけでやつたわけですが通じませんでした。

 

  定期券に書かれてある
数字の意味がわからなかつたと証明

 

 その後何度もそのろうあ者に会い家族の協力で古い定期を表示してどれを使つたらパスに乗れるかとやつたところ理解できなかつた。

 

 そして本人は, 定期に書かれてある数字の意味がわからなかつたのだということが証明され, 罰金は解消できました。

 

 京都での例は, 実際に未教育者にやつた身振りなどが実演され, 参加者の深い関心を呼んだ。


 このように手話通訳の経験を通して, 手話技術についてお互いに研究しあつたことをこの分科会だけで修めておくのではなく, 多くの人に考えていただくためにもお互いに経験や技術問題を交換し合つたらどうかということで意見が統一された。

 

 そして更に新しい間題として, ろう教育と手話技術・通訳者の立場ということについて話された。