手話 と 手話通訳

京都の手話通訳者の取り組みと研究の中からの伝承と教訓をみなさまに提起します。戦前戦後の苦しい時代を生き抜いたろうあ者の人々から学んだことを決して忘れることはなく。

知恵遅れ があるから ことば を覚えることは無理なんです 教えても  インテグレーション考

f:id:sakukorox:20180115200139j:plain

手話を知らない人も

                 手話を学んでいる人もともに
{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介

 

    知恵遅れがあるから
   ことばを覚えることは無理なんです

 

 ろうあセンターに相談に来たお母さんの話をろう学校幼稚部の先生にすると、

 

「ああ、あの子ね。聴覚だけではなく知恵遅れがあるからことばを覚えることは無理なんです。教えても、ことばは覚えられないでしょうね。」

 

とサバサバした調子で断定的に言われた。

 

  インテグレーション、ノーマル、ことば

 

 私は、この時、お母さん以上の疑問をその先生達に抱いた。

 

 インテグレーション、ノーマル、ことば、書き、普通……連発して飛び出すことばへの疑問と学習は、私の人生のテーマになった。

 

 いとも簡単に成人したろうあ者の姿を否定し、新しい普通児を造る。

 

 そんなに人間は、造形物のように造ったり、壊したり、造り直したり、造ったものを否定されていいのだろうか。

 

 帰って、ろうあ者にどう説明したらいいのか。悩み続けた。

 

 「マア、マア」という手話が飛び交うのか。足は前に踏み出そうとしなかった。

 

 1969年のことだった。

 

  ハンナ・アーレント
インテグレーションへの論考から考えると
 
 最近、ハンナ・アーレントが、アメリカ南部でおきたリトルロック事件のことを書いている本を読んだ。

 

 このハンナ・アーレントの論考を当時知っていれば、「普通校にインテグレトすることはすでに大きな成果を上げている」という問題についてもっと違った批判と方向が出来ていたとおもえてならない。

 

 黒人を白人の学校に入れるという意味で使われ日本ではろう学校などの教育に機械的に導入されてきたインテグレーションの問題。

 

現在カタカナ文字で表記が導入されて、それが横行している教育についても数多くの問題を指摘してている。

 

今の ろうあ者 のようになるのは困る 特別なメソッドとスキル

f:id:sakukorox:20180114201903j:plain

手話を知らない人も

    手話を学んでいる人もともに
{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介

 

今のろうあ者のように
    なるのは困るのです

 

 私たちが驚いたのは、ろう学校幼稚部のお母さんのねがいが

 

早期教育を受けて他のろう児と同じように普通校に入学したい。」

 

「幼稚部以外のろう学校の小学部・中学部・高等部にはうちの子を入れたくはない。」

 

「今のろうあ者のようになるのは困るのです。」

 

とろうあ者の目の前で平然と言われたことだった。

 

「マア、マア 」と
  みんなが気持ちを抑える手話

 

 手話通訳を食い入るように見詰めていたろうあ者の顔色はみるみる変わったが、「マア、マア 」とみんなが気持ちを抑える手話をしていた。


 この「マア、マア 」とみんなが気持ちを抑える手話をしていたことは、京都のろうあ者やろうあ協会の懐の広さを現していて今だに記憶しているし、現状を受けとめながらもそれを変革しようという気持ちが内包されていたのではないかと考えている。


ろう学校の幼稚部の先生に
   たしかめてくれ

 

 お母さんが帰った後、ろう学校の幼稚部の先生にお母さんの言っていることを

 

「本当かどうか」

 

確かめてくれとろうあ者から委任された。

 

 それは全日本ろうあ協会の役員をしている人の奥さんがろう学校の幼稚部の先生をしていることもあったからだっただろう、と思えた。

 

 後日。ろう学校幼稚部のある先生と話をした。

 

ろう児はもはやろう児ではなくなる

 

「普通校にインテグレトすることはすでに大きな成果を上げている」

 

と前置きしたうえで、その先生は、

 

「ろう児はもはやろう児ではなく、ことばをどんどん覚え、聞こえる子どもと同じくらい話せるようになり、どんどんと聞こえる子どもの中に溶け込めるようになる。手話なんかは必要でなくなり、ろうあ協会は自然消滅するでしょう。」


ろう児を教えたことのない
   あなたには解らないでしょう


 口を挟む間もないくらいに連続して一気に話され、質問をしても

 

「ろう児を教えたことのないあなたには解らないでしょう。」

 

「ろう児が話せるように、あなたは出来るんですか。」

 

「出来ないでしょう。」

 

聴覚障害だけで他はノーマルな子でないと話せるようには出来ないんです。」

 

「そこには特別なメソッドとスキルが必要なんです。」

 

 疑問や質問に答えることが出来ない威圧感で迫られてきた。が、ふと、この人は先生なんだろうか。

 

 子どもを教え育てていくと言うより、子どもに話させるようにする「魔法のスキル」の持ち主と思い込んでいるのではないか、と思えてならなかった。

 

 

耳だけが悪ければいいけどと……

f:id:sakukorox:20180114201201j:plain

 手話を知らない人も

              手話を学んでいる人もともに
{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介

 

 ある日。聴覚障害児のお母さんが訪ねてきた。

 

他にも障害があるので幼稚部
          入学が断られた

 

 聞けば、

 

「ろう学校の幼稚部に入りたいけれど、うちの子どもは他にも障害があるので幼稚部に入学できないと断られたんです。」

 

「耳だけが悪ければいいと言うことなんですが……」

 

と言われた。

 

聴覚以外の障害もあるからダメ

 

 よくよく聞いてみると聴覚障害児の教育は早期教育が大切だと聞いて、ろう学校の幼稚部を訪ねたけれど「聴覚以外の障害もあるからダメだ。」と断られてお母さんは藁をもすがる思いで話された。

 

 私も、その場にいたろうあ者も非常に驚いた。

 

「なぜ、他にも障害があるとダメなんだろうかと」

 

と考えた。

 

インデグレーションという
   用語が初めて明らかにされたころ

 

 ろう学校に問い合わせてみると「幼児の場合は、聴覚障害以外の障害があると言語指導の効果がないからお断りしています。」「聴覚障害以外は、ノーマルでないとダメです。」と言われた。1969年の頃である。

 

 この頃、文部省は教育に関する協力者会議の審議結果としてアメリカの黒人の公民権問題でしばしば使われていたインデグレーションという用語を初めて明らかにしていた。

 

 

 

実母の言い残した言葉を 唯一のこころ のよりどころとして

f:id:sakukorox:20180114200205j:plain

手話を知らない人も

      手話を学んでいる人もともに
{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介


 警察はFさんは○○店へ行かないようにと考え、Fさんは○○店へ行くのは当然だ、と話は進展せず、時間はムダに過ぎ去る一方だった。

 

 私はFさんとゆっくり話し合う必要も感じたし、Fさんも、いつまでも警察箸にいるのが辛くなりともかく「○○店に迷惑をかけない」ということを約束をして警察署を出ることができた。

 

 それからが大へんだった。

 

もしもお前が困った時
○○親類にたよっていきなさい

 

 Fさんの話によると、Fさんは幼少の頃、養子になり姓が変わったがそれ以前は○○と言っていた。

 

 実の母親が死ぬ時、Fさんを枕元に呼び

 

「もしもお前が困った時、○○親類にたよっていきなさい」

 

と言ったとのこと。

 

 だからFさんも本当の親類は、○○という姓であると心に刻みつけた。

 

 実の母親の死に際に言った通り、困ったので○○店を訪ねたのだと言う。

 

 けれど、○○親類かどうかぜひ、もう一度確かめてほしい、とFさんとAさんも懇願した。

 

「本当」「本当」「本当」と
   手話で語り ガックリと

 

 話を聞いた○○店は協力してくれて、自分たちの戸籍を次々ととり寄せてくれた。

 

 一方Fさんの戸籍をとり寄せた(この当時は可能であった。)。

 

 親類関係を調べたが、○○という姓は同じでもFさんと○○店の人々と血縁関係は全く無いし、Fさんの親類はすべて死亡していることが明らかになった。

 

 何十年も以前にろうあ者が生きていくために親類をたよるしかないと判断した母親の最後の言葉。

 

 そして、それを唯一頼りにして生きてこなければならなかったFさん。

 

 すべてが判明した時、Fさんはもう一度「本当」「本当」「本当」と手話で語り、ガックリと肩をおとした。

 

 突然苦しみ
ひっそりと死んだFさん

 

 その後、数回の話し合いの中で定職につけるようになったさんは、A子さんとろうあ者同士の人間的な触れ合いを深めていった。

 

 ところが、その後、Fさんが突然苦しみ、ひっそりと死んだ話がA子さんから報告があった。

 

見えてくる
 社会の非情な荒波

 

 Fさんの生き方には多くの非難することがあったかも知れない。

 

 Fさんの思い込みかも知れない。

 

 だが、「本当」「本当」「本当」と手話で語り、ガックリと肩をおとした姿から見えてくるのは、実母の残した言葉を唯一こころのよりどころとして生きてこざるを得なかった社会の非情な荒波だった。

 

 泥沼の中で実母の死に際のことばを唯一の支えにして、黙々と生きてきたFさんの人生にかぎりない愛着を覚える。
 

 

もの言えん人をつかまえたので

f:id:sakukorox:20180113225047j:plain

手話を知らない人も

                    手話を学んでいる人もともに
{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介

 

 さて、再び京都ろうあセンターが出来た1969年に戻って考えてみる。

 

「もの言えん人をつかまえたのでたのんます」

 

 突然今は無くなったN警察署から電話があったのは1969度の秋の頃だったと思う。

 

 まだまだ未熟で経験不足だったがは、N警察署を訪れた。

 

   二人のろうあ者がしょんぼりと

 

 多くの警察官がいるのになぜか静かな警察署の一階の片すみに、年老いた二人のろうあ者Fさんと愛する人A子さんがしょんぼりと座っていた。

 

 しわが何重にも重なり、ふるぼけた帽子の間から白髪がはみでていたFさんは、私たちと視線があうと、解放されたごとくしきりに語りかけてきた。

 

 警察官は矢継ぎ早に、

 

 Fさんは京都で多くの店舗のある有名な老舗○○店に何度となく訪れ、店の主人に会わせろ、やれ○○店は自分とは親類であるとか、生活に困っているので援助してほしいなどなど何を言っているか分からない叫び声をあげ、手振り、身振りでしっちゅうやってくる。

 

 特に一緒にいたAさんの叫び声は耐えきれないほど大きくて、店の客が帰るほどだったのでやむを得ず、困りはてた店の経営者は警察署に連絡した。

 

手話通訳している私が取り調べで
       責められているような状況に

 

 警察官はFさんの行動をしきりにたしなめ続けたが、FさんをかばうAさんの声は、私にはFさんは悪くない、店が悪いと、言っているがそれが伝わらない警察官に叫び声のように声が次第に大きくなってきた。

 

 それにつられて警察官はついつい捜査口調になり、聞こえないFさんの手話通訳している私が取り調べで責められているような状況になった。

 

 そこで、警察官からしばらく時間をもらいFさんになぜ○○店へ行くのかと聞くと、

 

「○○店は私の親類にまちがいはない。」

 

「自分は聞こえないから相手にされないのだ」

 

と言いつづけた。

 

 AさんもしきりにFさんに同情し続けた。

 

ろうあ者Cさんの教員採用問題は 見えないところで多くの人々を「救済する」道を拓き

f:id:sakukorox:20180112220740j:plain

  手話を知らない人も

                    手話を学んでいる人もともに
{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介

 

障害者であることをはじめさまざま
教員になることの

「弊害」とされていたこと

     取り消し 改め直した

 

 いろいろあったけれど結局、教員採用試験の内々の慣習を改めるところからはじめようということになった。

 

 障害者であることをはじめさまざまな教員になることの「弊害」と決めつけていた主観的なことを取り消し、改め直した。

 

 どんな時代でも、教育とは、行政とは、という本道を忘れてはいけないということをあなたたちから「諭された」事件だった。公表はしていないが数え切れないほどの改善をした。

 

Cさんの不採用を今さら
取り消すことはとても出来なかった

 

 でも、Cさんの不採用を今さら取り消すことはとても出来なかった。

 

 本当にCさんには申し訳ないことをした。

 

 三度目の採用試験を受けてくれると思えなかったが、受けてくれた。

 

 すべての面で。問題だ、と口を挟んで来る人が出来ないほどの完全な出来だった。

 

あなたたちの指摘が教育行政
本来の立場に戻れるようになった

 

 退職してからで申し訳ないが、私も大きな責任があった事をお詫びしたいし、あなたたちの指摘が教育行政本来の立場に戻れるようになった事のお礼を長く言いたかったけれど言えなかった。

 

 本当に申し訳ありませんでした。

 

  Cさんの思いと行動は、見えないところでCだけでなく多くの人々を「救済する」道を拓き、公正な教育行政と教育の本来の姿を取り戻すことを産み出していたのだった。

 

本道を忘れてはいけないということをあなたたちから「諭された」事件だった 公表はしていないが

f:id:sakukorox:20180112215830j:plain

手話を知らない人も

                  手話を学んでいる人もともに
{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介

 

退職したが、十数年前Cさんの教員採用問題の京都府教委の担当者だった人は次のように言った。

 

「ともかく時間稼ぎをして交渉を終わらせようと言うことで一切あなたたちの言うことは受け入れないつもりで交渉に臨んだ。」

 

あれだけ細やかに調べられると
    ぐうの音も出なかった

 

「でも、あれだけ細やかに調べ、府教委が公表していることで事実関係を追求されるとぐうの音も出なかった。」

 

「だから第一回の交渉が終えた後、担当者の中と府教委で大騒ぎになった。」

 

「教員採用問題の表と裏。裏が暴かれたらどうしよう。」

 

「いや組合の言っていることは行政が本来なすべき事をしていないということを明らかにしているのではないか。」

 

「わしら事務屋は、上から言われたことや言うだろうと推測して仕事をしてきたが、なにかもともと行政としてなすべき事を見失っていたのではないか。」

 

騙しだと言われても認めざるを得ない
  公表していない教員採用

 

「もともと採用されない内部の慣習事項を決めていて、それを公表していない教員採用を受ける人々への騙しだと言われても認めざるを得ないことをしてきた。」

 

「かと言って、今さら組合の要求を吞んだようになるといろいろ問題が出てくるしなぁ」

 

などと混戦状況だった。

 

 でも自分たちは、教育に携わる仕事をしているのだと改めて考えて見ると教育に携わる仕事をしていないことが多々あった。