読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

手話と手話通訳

京都の手話通訳者の取り組みと研究の中からの伝承と教訓をみなさまに提起します。戦前戦後の苦しい時代を生き抜いたろうあ者の人々から学んだことを決して忘れることはなく。

聞こえないという条件があるろうあ者同士 がお互いのコミュニケーションを図るために手話は創られてきた 聞こえる人のために創り出されたのではない

f:id:sakukorox:20170327185113j:plain

   (特別寄稿) 再録・編集 原爆を見た聞こえない人々から学ぶ
 佐瀬駿介  全国手話通訳問題研究会長崎支部の機関紙に52回に連載させていただいた「原爆を見た聞こえない人々」(文理閣 075-351-7553)はぜひ読んでほしい!!との願いを籠めて、再録・編集の要望に応えて

 

  ろうあ者⇔手話通訳者⇔健聴者という信頼の上の人間関係が築かれているのである。

 

 話が脇道にそれたように思われるかもしれないが、今日、手話通訳と言うことがあまりにも「歪められ・限定されている」という危惧感が根底的に私の中にある。

 

    意識的であろうと無意識的であろうと

自由闊達にすすめられ
それが自由に受け止められ自然なうちに
 聞こえない人々同士の中でひろがり
 また創造されてきた手話

 

 では、「一定の規制された」また「決められた」「決められている」手話でない手話とは何か、ということになるだろう。

 

 それは、ろうあ者の人たちが、意識的であろうと無意識的であろうと自由闊達にすすめられ、それが自由に受け止められ自然なうちに聞こえない人々同士の中でひろがり、また創造されてきたろうあ者の人々の手話であると言うことになるだろう。

 

 聞こえないという条件があるろうあ者同士が、お互いのコミュニケーションを図るために手話は創られてきた。

 

 手話表現の中には、聞こえないという条件だからこそ、聞こえないという条件を「止揚」させた手話表現がある。
 
 日本では、手話は、現在も含めて永く手話が受け止められ、尊重され、コミュニケーションの法則性が把握され、広められてこなかった歴史がある。

 

 手話を広める「大きな障壁」であり、「軋轢」が影響していた。

 

  人々の自由な表現としての言葉を
  押し殺していった

 同じ歴史を歩んでいないだろうか

 

 極端な言い方をすれば、標準語として押しつけられた言葉が、それまでの人々の自由な表現としての言葉を押し殺していった同じ歴史を歩んでいないだろうかと、考え込むことがしばしばである。

 

 このような背景を乗り越えなければならなかったので全通研長崎支部の人々は苦労したのではないだろうか。

 

 過去から現在まで、ろうあ者の手話で語られた、手話を読みとり、文字化し、記録する。

 

 そこにあるコミュニケーションの法則性が研究・検討されていないため、まったく未開拓な分野に全通研長崎支部の人々が飛び込んでいったのである。

 

   「手のひらを返して=だけれど」が
長崎言葉の「ばってん」と符合しない

 

 ろうあ者の被爆体験を記録するときに、私は二つの問題を提案した。

 

 一つは、長崎ことばで手話表現されていないのかどうか、ということであった。

 

 長崎には、「ばってん」「しからしかー」など独特の言い回しがある。

 

 その話しことばと手話がマッチしていないかどうか、マッチしていたらそのことばで表現するのが適当ではないか、という提案だった。

 

 だが、このことは、後々私の判断が間違っていることに気がついた。

 

 当初は、「手のひらを返して=だけれど」が長崎言葉の「ばってん」ということばに置き換えてもいいのではないかとも考えた。

 

 ところが、年輩のろうあ者と手話で話していくうちにそうではないことに気がついた。

 

ろうあ者の被爆証言 現在から未来につづく決して忘れてはならない事実

f:id:sakukorox:20170327184346j:plain

  (特別寄稿) 再録・編集 原爆を見た聞こえない人々から学ぶ
 佐瀬駿介  全国手話通訳問題研究会長崎支部の機関紙に52回に連載させていただいた「原爆を見た聞こえない人々」(文理閣 075-351-7553)はぜひ読んでほしい!!との願いを籠めて、再録・編集の要望に応えて

 

 ろうあ者の被爆証言からも明らかなように、被爆という事実は、決して過去の問題ではなく、現在から未来につづく決して忘れてはならない事実なのである。

 

  手話で話し合っているとき

話が食い違うことに
 気がついて相互の手話表現を

                          取り入れながら

 

  第三に感じたのは、少し技術論的になるが、ろうあ者の手話で語られた、手話を読みとり、文字化し、記録することの意味と困難性と留意点である。

 

 結論から言うとこのことは非常に困難をともなう。

 

 今日通常的に使われてしまっている「手話通訳」という言葉は、テレビやマスコミの影響で健聴者の音声を手話で伝達するものとして「広く知られて」いるようである。

 

 敢えて言うならば、国や行政やマスメディアなどによって「一定の規制された手話表現」また「決められた手話」「決められている手話」によって音声を手話に変換する「範囲」のために手話として「変換」されているのではないかということである。

 

 そのため「話して・受け手であるろうあ者」でさえ、「一定の規制された」また「決められた」「決められている」手話を学ばないと「手話として理解できない」という傾向は強すぎないかと思うことがしばしばある。

 

 お互いが手話で話し合っているとき、しばしば話が食い違うことに気がついて相互の手話表現を取り入れながらコミュニケーションを図っていくという「手話の連関相互作用」がある。

 

 手話にはこのことは非常に大切なことなのである。

 

 人間同士のコミュニケーションの特徴が正にここにある。

 

     人間の尊厳を高める仕事

     それは手話通訳である

 

 かって全通研大阪大会があったとき、外国語の同時通訳者の若き女性は、「同時通訳の理想」は、「通訳が存在をしていることが分からない状況を作り出すこと」だ、と講演して少なくない手話通訳者に影響を与えた。

 

 彼女は言う。

 

 運転席と助手席に異なった外国の人がいて、会話する。

 

 私は後部座席で通訳する。

 

 まるで運転手と助手席の二人が会話しているように時が過ぎていく。

 

 私の存在は無くなっている、と。

 

 だが、これは音声を媒介とする通訳の場合に言えることであって手話通訳の場合はそうは行かない。

 

 ろうあ者⇔手話通訳者⇔健聴者というのが、手話通訳の特徴なのであるから。

 

「音声を媒介としてコミュニケーションを図る」のと「人間を媒介としてコミュニケーションを図る」のは根本的に違いがあるのである。

 

 手話通訳者のポストは、外国語の同時通訳者のポストと比べて当時は極端な差があった。

 

 だから、みんなは同時通訳者の講演に聞き惚れたのかも知れないが、手話通訳者は、ヒューマンコミュニケーションを主とする仕事にもっと自覚と誇りを持たなければならなかったし、それを保障するための待遇を大いに要求してもよかった。

 

 人間の尊厳を高める仕事、それは手話通訳である、と言って良かったのではないかと思う。

 

 長崎の取り組みはまさにそのことを証明している。

 

 

ろうあ者 の被爆体験 過去の問題として考える恐ろしさ

  

f:id:sakukorox:20170327183519j:plain

  (特別寄稿) 再録・編集 原爆を見た聞こえない人々から学ぶ
 佐瀬駿介  全国手話通訳問題研究会長崎支部の機関紙に52回に連載させていただいた「原爆を見た聞こえない人々」(文理閣 075-351-7553)はぜひ読んでほしい!!との願いを籠めて、再録・編集の要望に応えて

 

 第二に私が強く感じたのは、ろうあ者の被爆体験をよく読む中で、私たちが知らず知らずのうちに広島・長崎に原爆が投下されたことを過去の問題として考いる恐ろしさであった。

 

 そこで、私は広島や長崎の原爆投下に関する本をもう一度読み漁ってみた。

 

  核戦争の脅威が広がるに至ってはじめて、私がこれまで一人合点していた

 

 特に私は、W・バーチェットの「HIROSIMA TODEY」(1983年8月6日 連合出版)という本に書かれていることに共通する感想を持った。

 

 Wifred G.Burchettは、その本の「はじめに」の部分で次のように書いていた。

 

 「あの事件から三十八年たった今、このようなタイトルで本を書くことは妙なことと思われるかも知れない。
 広島でのユニークた体験をもっているのに、なぜ早くそのことを書いておこうとしたかったのかと読者からよくたずねられたものである。それには多くの理由があった。

 その一つには、私が書きはじめてから数日後ーあとになって分かったことだが、原爆で跡かたもなくなった広島から私が送った記事は歴史的なものであったーヨーロッパに配転され、そこからまた国際紛争地点に送られたということがあった。

 私が広島にもどったのは、原爆が人類に対して最初に実験として投下されてから四分の一世紀たった一九七〇年のことであった。この期間は、核戦争の危険が後退したかにみえた時期であった。

 また、私は大きなまちがいをしていたのだが、一九四五年八月六日に広島で起きたことや、その結果については多くの本が出版され、このテーマについてはあらためて書くことはないと思っていた。

 地平線上に核戦争の脅威が広がるに至ってはじめて、私がこれまで一人合点していたことは、実は広島に起きたことの意味を見過ごしていたからではないのかと気付き、ぞっとする思いがした。

 そして、広島の問題を全面的に見直さなければならない時だと考えたのである。

 本書は、事のはじまりの前から、予測しうる終末までが書かれている。

 一九七〇年から八二年のあいだ、広島を訪問して生存者の運命を調査し、本書のテーマにかかわるものをすべて研究してきた結論として、私は自分自身が広島の真の意味を少しも理解していなかったということが分かった。

 本書には、私自身と同僚の体験、それに私たちの調査ときわめて深いかかわりがあった責任ある米国当局の資料が入っている。

 全世界の人びとは四十年前に広島で起きたことを今日のこととして知る必要がある。原爆投下後から一九四五年末までのあいだに三十万広島市民のうち推定十四万人にのぼる人びとが殺されたが、いま私たちはそれと同じ爆発、火災、核放射線による身体の損傷で破滅するかもしれない危機に直面しているからである。

 私の広島からの記事は、デイリー・エクスプレス紙(ロンドン)の一面に『「世界にたいする警告としてこれを書く』という見出しで特報として大きく扱われた。破壊力のものすごさからして、広島や長崎を全滅した爆弾が、大きさでビー玉やバレーボール用のボールなどと比較されるような小さたものだとは当時の私には考えもつかないことだった。

 もしもビー玉の大きさのものが全市を全滅させられるなら、バレーボール用のボールの大きさのものは国全体を破壊することができるかもしれない。

 それらを一緒に使えば、全世界を数回以上破壊できる!これは大げさな言い方であろうか。いや決して誇張ではない。恐るべき現実である。」

 

    「HIROSIMA TODAY]
  「NGASAKI TODAY」

           というタイトルを付け加えた

 

 私は、W・バーチェットと同じ意見を持った。

 

 広島や長崎に原爆が投下されて以降、数多くの本が出版されてきた。

 

 しかし、障害者もまた被爆した事実を系統的に明らかにされた本は出版されて来なかった。

 

 被爆者の中に障害者もいるということすらも明らかにされてこなかったし、障害者の中で戦後数十年経っても原爆による被爆ということすら知らされていないという事実も社会的に知らされても来なかった。

 

 「広島に起きたことの意味を見過ごしていたからではないのかと気付き、ぞっとする思いがした。そして、広島の問題を全面的に見直さなければならない時だと考えたのである。」ということは、長崎・広島のろうあ者の被爆体験を聞く中で私たち自身にももとめられているのではないだろうか、と考え込んでしまった。

 

 過去になっていない現在の長崎・広島の報告という意味で私は、手話通訳問題研究誌の連載に「HIROSIMA TODAY]「NGASAKI TODAY」というタイトルを付け加えたのである。

 

一連の福祉制度の「改革」「改悪?」の突破口として 手話通訳士

f:id:sakukorox:20170325124533j:plain

  (特別寄稿) 再録・編集 原爆を見た聞こえない人々から学ぶ
 佐瀬駿介  全国手話通訳問題研究会長崎支部の機関紙に52回に連載させていただいた「原爆を見た聞こえない人々」(文理閣 075-351-7553)はぜひ読んでほしい!!との願いを籠めて、再録・編集の要望に応えて

 

 手話通訳士という「士」という言葉に厚生省がこだわったのも、その後の介護福祉士などの名称を考えるまでもなく一連の福祉制度の「改革」「改悪?」の突破口として手話や手話通訳が考えられていたのも火を見るよりも明らかなこととなっている。

 

    無念を

  打ち消してくれるヒューマンウエーブ

 

 1983年から長崎ではじまった取り組みの19年間と国の19年間の動きは、あまりにも対照的であったためそう書かざるを得ない。

 

 私はそれなりの根拠ももってここに書かせていただいている。

 

 そう考えるからこの19年間を腹立たしく、無念ににも思えるが、逆に長崎の取り組みはそれを打ち消してくれるヒューマンウエーブがあった。

 

 「原爆をみた聞こえない人々」で証言してくださったみなさんへの私からのお礼としてこの文をしたためているが、それだけ証言していただいた聞こえない人々の話は無限のひろがりがある。

 

 今、私たちは、もう一度人間の基本に立ち返って、当時の厚生省の打ち出した手話通訳制度や手話についての考えを脱本的に改編する時代を迎えている。

 

手話通訳 の制度 厚生省の天下りと「偏向」

f:id:sakukorox:20170325123950j:plain

(特別寄稿) 再録・編集 原爆を見た聞こえない人々から学ぶ
 佐瀬駿介  全国手話通訳問題研究会長崎支部の機関紙に52回に連載させていただいた「原爆を見た聞こえない人々」(文理閣 075-351-7553)はぜひ読んでほしい!!との願いを籠めて、再録・編集の要望に応えて

 

 少なくとも言語に詳しい人なら、手話の語彙数がたとえ3000であったとしてもその組み合わせによって、手話表現が無限大に広がると反論できたはずである。

 

 が、残念ながら政府の答弁があたかもことの本質を突く「事実」であるかのようにされ、その後を「運命」づけた。

 

    手話通訳の制度に「厚生省の天下り
      厚生省の意図するところとして「偏向」

 

 そのためなんと多くのろうあ者や手話通訳者が、各地にある生き生きとした手話表現を振り返りたしかめる余裕もないまま「手話の語彙数」を増やすために、「新しい手話」なる名のもとにどれだけ翻弄されてきたことだろうか。

 

 一部の官僚は、机上の空論を唱えただけにすぎない。

 

 先に挙げた「被爆」という手話そのものについて振り向きだにしなかった。

 

 そればかりか、手話通訳の制度に「厚生省の天下り」、手話通訳保障制度も手話その

ものに対する理解も厚生省の意図するところとして「偏向」させられてきた。

 

  このことは、ろうあ者だけでなく日本で生きている人々の基本的蹂躙であるといいきれる。

 

生きた 手話 が伝承されないわけ 二つ以上の「詭弁」

f:id:sakukorox:20170325123017j:plain

   (特別寄稿) 再録・編集 原爆を見た聞こえない人々から学ぶ
 佐瀬駿介  全国手話通訳問題研究会長崎支部の機関紙に52回に連載させていただいた「原爆を見た聞こえない人々」(文理閣 075-351-7553)はぜひ読んでほしい!!との願いを籠めて、再録・編集の要望に応えて

 

 現代、私たちが手話を学びろうあ者と共に生きる中で、手話の基礎理論と創造的な分野のことを充分理解していくことは避けて通ることが出来ない課題である。

 

    残され記録され伝習されていない 

        生きた手話

 

 だがその手話の基礎理論となるべき歴史の生き証人がどんどんと亡くなられていくばかりである。

 

 生きた手話、生きたコミュニケーションが守られ残され記録され伝習されていない。

 

 返す返すも残念なことであるのだが、手話をコミュニケーションとして生き、手話を自らのコミュニケーションとして創造してきた聞こえない人々のコミュニケーションを「基準」を打ち立てたのが「原爆をみた聞こえない人々」ということになるのではないだろうか。

 

      二つ以上の「詭弁」

                  厚生省(当時)の官僚

 

 思えば国会の手話に対する国会議員質問に対して、厚生省(当時)の官僚の手話の語彙数は、2.3000語という何の根拠もない「手話語彙数論」が、国会答弁の根拠となり、手話の語彙数の少なさを根拠にして「音声言語」に対応する「手話」が数値的にも少なすぎるから、手話通訳の保障が出来ないかのようなイメージを与えつけた。

 

 ここには、少なくとも二つ以上の「詭弁」があった。

 

 よく考えれば明らかなとおり、全国各地のろうあ者の人々がコミュニケーションとしている手話を調査・研究したかどうかという問題がある。

 

 当時の厚生省は、何ら手話を調査していない。

 

      聞こえない人々の手話を

 ありのまま詳細に記録・調査
    スエーデン教育省

 

 数年前からスエーデンの「バイリンガル論」を唱える人々が手話の分野でも登場してきた。

 

 私はこのことを今論じるつもりはないが、スエーデンが、ろう学校で手話を導入するとき、時の政府と教育省がスエーデン全体で聞こえない人々がコミュニケーションとしている手話をありのまま詳細に記録・調査した。

 

 その手話を前提とし、そこに流れる法則性の上に「新しい手話」が作り出されていった事実が日本ではほとんど紹介されていない。

 

 さらにスエーデンでは、ろう学校における手話の導入を強制化していない。

 

    生徒の判断能力のつくとき

  手話かどうかの
      選択させるようにしている

 

 聞こえない生徒の判断能力のつくときに、手話かどうかのコミュニケーション手段を判断能力のある年齢で選択させるようにしているのである。

 

 判断能力が形成されるまで総合的コミュニケーションを獲得することが出来るようにしてある特定のコミュニケーションを強要していない。

 

   日本では政府が手話を全面的に調査
   記録され、研究することはなかった

 

 日本では政府や民間においても少なくとも1980年代まで聞こえない人々のコミュニケーションとしての手話を全面的に調査され、記録され、研究することはなかった。

 

 スエーデンとの比較を見ても明らかなように、聞こえない人々への民主主義と基本的人権がいかに守られてこなかったのか、は言うまでもないことだろう。

 

 ふたつめには、以上のことをしないでさもさも日本の政府が手話を調べ「手話の語彙数」を国会の場で答弁したことである。

 

「爆風=被爆」の 手話 に凝縮された想い

f:id:sakukorox:20170318121159j:plain

  (特別寄稿) 再録・編集 原爆を見た聞こえない人々から学ぶ
 佐瀬駿介  全国手話通訳問題研究会長崎支部の機関紙に52回に連載させていただいた「原爆を見た聞こえない人々」(文理閣 075-351-7553)はぜひ読んでほしい!!との願いを籠めて、再録・編集の要望に応えて

 

 全通研長崎支部への連載は、私にとって初めて全通研に対して自分の気持ちや考えを発表する機会を与えていただいたことになる。

 

 でも当初は10回ぐらいの連載で終わると考えていたが、書き進めるうちに大変なことに気がついてきた。

 

     明治、大正、昭和と生きてきた
    ろうあ者の生き方やねがい

 

 その第一は、証言を読めば読むほど、ろうあ者の被爆体験が被爆直後の体験だけにとどまらず、その前後の生活がリアルに語られていて明治、大正、昭和と生きてきたろうあ者の生き方やねがいやろうあ者の周辺の人々との人間的な関わりによって浮き彫りにされていることであった。

 

 それだけに、時には淡々と手話表現されている被爆直後の長崎の全容とその中にいたろうあ者の人々の被害状況は計り知れない深刻なものがあると改めて感じざるを得なかった。

 

     ろうあ者の人々が
  探し求めたものは何であったのか

 

 あらゆるものが瞬時にして消えさせられてしまった長崎の街。

 

 まずろうあ者の人々が探し求めたものは何であったのだろうか。

 

 被爆直後どの場所にいて、その時の年齢は何歳であったのか。

 

 それまでどのような教育を受けてきたのか。

 

 読み書きはどの程度出来たのだろうか。

 

 被爆という現実の受け入れと苦悩は……

 

 家族は仕事は……

 

 このように考えていくとひとつ一つの手話表現に籠められた意味があまりにも多く、かつそれが見事にシンプル化され、凝縮されていることに驚嘆せざるを得なかった。

 

     「爆風=被爆」の手話に凝縮された想い

 

 例えば「被爆」という手話について、後で述べる全通研の長崎と広島の交流をしたときに「爆風=被爆」でろうあ者の人々が手話表現していて驚いたことがあった。

 

 調べてみるとそれは、ろうあ者同士が共通して表現しようと約束・取り決められた手話表現では決してなかった。

 

 あの瞬時の出来事を生き残れたが故に聞こえない人々が、聞こえないという条件の中で凝視して、その意味内容を知らせてゆく手話表現が、「爆風」だったのである。

 

 それは、またろうあ者の人々同士に瞬時に伝わるコミュニケーションだった。

 

 決して、炸裂・キノコ雲のような今日のような「一部で考案」された手話ではなかったことに、今、手話を学ぶ人々は注目してほしいと強くねがわざるを得ない。

 

 手話とは、聞こえないという条件の中で凝視して、その意味内容を知らせてゆくものであるとしっかりとかみしめ「凝縮」された中にある想いを大切にしていかなければならないと今も考えっている。

 

     生き残ったことの証である手話

 

 被爆してもろうあ者の人々が、生き残れたからこそ表現できた手話。

 

 生き残ったことの証である手話があった。

 

 被爆した直前の人々は自らの身体が一瞬にして消え去る恐怖を手話でどのように表現したか、を知ることは絶対不可能なことなのだ。

 

 生と死の隣り合わせの中で生が残ったから、聞こえない人々が手話表現することは可能なのである。

 

 ここには、人間の生命とその存在を架けた手話があるのだとひしひしと感じた。

 

   聞こえる人々が学んでいる
 手話学習とあまりにも大きな隔たり

 

 このように考えてくると、ろうあ者の被爆体験を中心とした生活の証言を読み取り、「聴き」、書き留めるという全通研長崎支部の取り組みは、手話そのものについての学習そのものであり、手話通訳そのものであり、世界史的な取り組みだった。

 

 しかし今日、日本の各地で様々な聞こえる人々が学んでいる手話学習とあまりにも大きな隔たりがあるため、長崎支部の取り組みは「特異な取り組み」として理解されている逆層状況が生じている。

 

 それは手話そのものに対する理解の根底的な違いとなっている。