手話 と 手話通訳

京都の手話通訳者の取り組みと研究の中からの伝承と教訓をみなさまに提起します。戦前戦後の苦しい時代を生き抜いたろうあ者の人々から学んだことを決して忘れることはなく。

手話はいろいろある いろいろな手話があるのはあたりまえ 画一化する動きの背景が問題

f:id:sakukorox:20190620231148j:plain

 手話を知らない人も

               手話を学んでいる人もともに
{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介

 

全国手話通訳問題研究会結成の思いと行動
 全国手話通訳問題研究会結成

  当時の初代事務局長谷勇男氏へインタビュー

 

ーー全国手話通訳問題研究会を結成し、結成以降の全国手話通訳問題研究会を創りあげてきた中心人物として、現在の手話通訳者や全国手話通訳問題研究会を結成の頃の思いと比べて、手話や手話通訳や全国手話通訳問題研究会をどのように思いますか。

 

  全国手話通訳問題研究会結成前後からも学術研究などいわれていたが、本質的に形式な型にはめるようなことはほとんどやられてこなかった。
 
 手話の統一性や画一性は言われなかった。地域でいろいろな手話があり、あってあたりまえ、あるのは当然だと考えられていた。

 

手話の画一化は厚生労働省

全日本ろうあ連盟との関係が原因

 

 画一化されてきたのは、厚生労働省と全日本ろうあ連盟との関係でしょ。

 

  厚生労働省が、手話の単語を増やさなかったら補助金を出さないとか、なんだかんだと言ってくるからそれに巻き込まれた。

 

 それと手話通訳の関係とかいろいろあるのでしょう。

 

分かりにくいから
昔の手話はだめだと決めつけられているが

 

ーー昔から手話は、このように表現されていたと言ってもまったく通じなくなっている。

 

 通じない、通じない。

 

 音声言語を中心に考えたら分かりやすい、ということになってしまっている。

 

 分かりにくい(昔から手話)はあかん、と。 

 

ろうあ者の暮らしを知ったり
話をしたりろうあ者の手話や仕種を見たり
 そういうことで私たちは学んできた

 

  ろうあ者の暮らしや耳が聞こえない状況とか、そういうことは考えられないし経験出来ない。

 

 だからこそ、ろうあ者の暮らしを知ったり、話をしたりする、ろうあ者の手話や仕種を見たり、そういうことで私たちは学んできたし、学んでいく。

 

専任手話通訳 実現などの先駆的な実現の要因

f:id:sakukorox:20190620161822j:plain

手話を知らない人も

         手話を学んでいる人もともに
{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介

 

全国手話通訳問題研究会結成の思いと行動 

全国手話通訳問題研究会結成当時の初代事務局長谷勇男氏へインタビュー

 

  地方自治体職員のルネッサンス

 

ーー京都で、先駆的な手話通訳専任などの取り組むがすすんだのは、どうしてでしょう。


  知事、市長などが今と違うと言うこともあるし、ひとりひとりを大事にするという行政。今執筆したいと考えていますが、「地方自治体職員のルネッサンスーこんな役人がいたらいいのになぁー」っと。

 

 今、役人というか公務員が孤立して、元気がない。元気があるように復活させたい。

 

あんな知事は出てこない

   地方自治の知事の元祖

 

憲法第8章 地方自治第92条【地方自治の基本原則】 地方公共団体の組織及び運営に関する事項は、地方自治の本旨に基いて、法律でこれを定める。

 

 以上のことを京都府知事の蜷川さんはどのようなことも言われても徹底的にそれを行った人。

 

 その蜷川知事と「敵対」していた野中廣務も、あんな知事は出てこないと言っていた。

 

 蜷川知事が退任するとき京都府議会で野中廣務府会議員が議員を代表して謝辞を述べている。

 

 地方自治の知事の元祖は、蜷川虎三としている。

 

  ろうあ者の成人講座なども生まれた
 諸々の「下地」が京都にはあった

 

  今でこそ、とる漁業からつくる漁業などなどといわれているがすでに蜷川知事は言っていた。

 

 またろばた懇談会などの社会教育にも力を入れた。

 

 そこからろうあ者の成人講座なども生まれている。そういう諸々の「下地」が京都にはあったと思う。

 

  いい要素が府市協調で切っ掛けが作れて、すすんだ。

 

 京都で、先駆的な要因だったのではないかと思う。

 

専任手話通訳を検討するなかで  個別ニーズに応じて対応する障害者福祉など新たな取り組みをはじめた京都市 

f:id:sakukorox:20190619210502j:plain

手話を知らない人も

                手話を学んでいる人もともに
{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介

 

  全国手話通訳問題研究会結成の思いと行動 
全国手話通訳問題研究会結成当時の初代事務局長谷勇男氏へインタビュー

 

  障害者福祉などの既存の考えを打ち破って
 1年間かけて京都市が検討し実行

 

 京都市では私を含めてどのような形態でなどなど中身を考えるのに1年かけて、いろいろな分析をして役所の手話通訳はどのようなことをするのか、柱をたてて考えた。

 

 1,障害者、聴覚障害者の窓口としての専門性を京都市のなかできちんと位置づけていく。

 

 2,現実的具体的な聴覚障害者への対応、これはひとりでする仕事ではないが。

 

   3,手話通訳者の養成。

 

  4,京都市の障害者施策の中に聴覚障害者の専門性を位置づける。

 

 これは全国的にやられていないことでした。盲・聾・肢をまとめて福祉を考えていたことを個別ニーズに応じて対応していかなければならないという障害者福祉などの既存の考えを打ち破っていくことでもありました。

 

 5,市民に開かれた対応をする。手話を学ぶことも含めて聴覚障害者市民講座を開くなどなど。

 手話の方法や技術を学ぶのではなく聴覚障害者問題を市民が学べる機会をつくる。

 

京都市が全国的に
  突出したことが出来たのは

 

ーーそのようなことは、全国的に突出しすぎたこととしておもわれたのでは。

 

 他府県ではやられていなかったことだし、戦後の障害者団体や関係団体の盲人協会やろうあ協会や肢体障害協会などの団体助成だけに留まっているところが多かっただからでしょう。

 

京都市長自ら専任手話通訳を置くと約束 京都市職員大慌て前例は何もない

f:id:sakukorox:20190619133841j:plain

手話を知らない人も

      手話を学んでいる人もともに
{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介

 

  全国手話通訳問題研究会結成の思いと行動

 全国手話通訳問題研究会結成当時の初代事務局長谷勇男氏へインタビュー

 

  京都ライトハウスの移転と
   京都ろうあセンター

 

ーー1968年、京都ろうあセンターが出来たのもその頃ですね。

 

 京都ライトハウスの移転の話があって。その頃京都府庁に配属されていた向野さんがそのはなしを聞いて、オーナーの鳥居さんと話をした。

 

 ライトハウスの鳥居さんは、了解してくれ、鳥居さんと明石さん平松さんらろうあ協会の年配の人たち(当時)と話し合ってくれた。

 

 移転したライトハウスにろうあ会館をということは、全面賛成ではないけれど、ろうあ者の拠点が要ることは事実だった。

 

 今まで向野さんの実家である旅館丹後屋さんばっかりに世話になっていたし、迷惑ばかりかけるしなんとかせんと、とみんなが思っていた。
 
 旧ライトハウスをろうあ協会が使われるようになって、栖川君や大矢君が働くようになった経過がよく解らないが。その後、1969年に専任手話通訳が置かれる。

 

 富井京都市長自ら手話通訳を置くと
 京都市の職員が大慌て 前例は何もない

 

 私は、1969年の1年間は京都市の嘱託手話通訳でした。

 

 1970年に京都市の正職員として手話通訳をすることになる。
 
  京都市の嘱託手話通訳の話は、1968年頃、当時の富井京都市長とろうあ協会が懇談会をした。
 
 富井京都市長は、京都市に手話通訳を置きますと言った。市長自ら手話通訳を置くと。そのため京都市の職員が大慌て。

 そんな手話通訳必要か、京都市で手話通訳が出来る人が本当にいるのか、と大騒ぎになった。

 

 そこでどのような人が、などろうあ協会に尋ねたのではないか。

 ろうあ協会が、谷勇男しかいない、と言い、1969年の4月から嘱託で手話通訳者として働くことになった。

 

 ろうあ協会は、手話通訳を京都市に置くだけは言うが後の具体的なことは言わなかった。

 

初めて手話通訳を行政に
 1年間かけて手話通訳の形態と中身を検討

 

 京都市としては、訳がわからないまま市長が約束したことをどのように実行するか、戸惑いがあった。

 

 ともかく、全国的に先例がなかった。

 

 初めて手話通訳を行政に置く。

 

 どのように、どのような形態でなどなど中身を考えるのに1年かかった。

 

手話テキスト 動きをイメージ出来るイラスト含めて さらにビデオの導入も

 

f:id:sakukorox:20190618191700j:plain

 手話を知らない人も

    手話を学んでいる人もともに
{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介

 

全国手話通訳問題研究会結成の思いと行動 

全国手話通訳問題研究会結成当時の初代事務局長谷勇男氏へインタビュー

 

ーー手話テキストのイラストは、動きをイメージすることを含めて作成するので非常に難しいですね。

 

 そうですね。

 

 美術大学の後藤さんという学生さんがいて今まで表現出来なかった手話イラストを何度も工夫して描いてくれた。そこで、「手で話そう」のイラストでも描かれた手話テキストの形態ができた。

 

 さらにその後、「手で話そう」は連さんと山本さんの協力もあり手話テキストが引き継がれて出されていった。

 初版から重版を重ねて。ライオンズクラブの人々が、いいもの出来た、と。単なる寄付ではなく生きる寄付だ、ということで評価していただいた。それを原資に発行し続けた。

 

 全日本ろうあ連盟がつくった「私たちの手話」が出版されていなかった以前のことですが。

 

莫大な寄付で購入された
 ビデオレオレコーダとカメラ

 ろうあ協会の反対の中で若いろうあ者が

 

ーーライオンズクラブからは、今では信じられないほど高価だった当時カラーのビデオはなく白黒のポータブルビデオレオレコーダとカメラが寄付されていますね。

 

 あのポータブルビデオレオレコーダとカメラが寄付はろうあ協会は大反対だったんです。

 

ーーええ、どうしてですか。

 

 ろうあ者にそんなものは要らない。

 

 でも、大矢君がこれからはそういう時代が来るので映像を記録して、ろうあ者のためになる時代が来るのでは、と主張した。

 

 若いろうあ者は喜んだ。


  新しい時代が来る、と。

 

 

 

手話サークルみみづく会 つくられた経過と手話の広がり

f:id:sakukorox:20190617200957j:plain

 手話を知らない人も

           手話を学んでいる人もともに
{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介

 

全国手話通訳問題研究会結成の思いと行動
全国手話通訳問題研究会結成当時の初代事務局長谷勇男氏へインタビュー

 

優秀な手話通訳者は退いていく現状

 

-ー 全国手話通訳問題研究会が出来たとき参加していた手話通訳者が潰れる、離れる、人間関係のもつれで離れる、ということが非常に多かったんですか。

 

  とても多かった。

 

 優秀な手話通訳者は退いていく現状が。

 

  手話サークルみみずく会

               に参加していた経過

 

-ー 谷勇男さんは全国手話通訳問題研究会の初代事務局長として全国手話通訳問題研究会をつくる中心にいたわけですが、もともと手話サークルみみずく会に参加していた経過もあったわけですね。

 

 19歳頃、家がとても貧しかったから高等学校の定時制にいって昼働いていた。その時、同じ学校の日赤病院の准看護婦だった中村さんが、高等学校の資格を取って正看護婦になろうと勉強していた。

 

  どうも理不尽だ
  コミュニケーションの問題では

 

 その日赤病院にろう学校の西田先生が入院しておられた。西田先生は京都府立医科大学に入学して医者になろうとしていた、しかし、耳が悪くなってきた。そのため入退院を繰り返していたが、西田先生と担当医と絶えず喧嘩する。

 

 准看護婦だった中村さんがその様子を見ていて、どうも理不尽だ、と思っていた。

 

 やはり、コミュニケーションの問題では、ということになって。私は高校で中村さんとは友人だった。手話を勉強するのはどうしたらいいの、ということになった。

 

糺の森 京都府身体障害者福祉センター
  出会いと学びと手話サークル

 

 そこで京都市左京区にある糺の森京都府身体障害者福祉センターに行った。そこに行って手話や手話通訳のベテランの向野さんと出会った。

 

 そして、中西先生を紹介してもらった。

 

  京都大学北門前の進々堂の喫茶店ではじめてろうあ者と出会うことになった。そこから定時制の仲間を中心に会員を募って「みみずく会」が出来た。
 
 定時制の仲間が中心になってつくったけれど、他の人もいた。ろうあ者が身内にいる人などなど。

 

 京都府身体障害者福祉センターで集まった。

 

京都府身体障害者福祉センター発行
 手話テキストが出来たのは

 

 ろうあ者の山本さんが絵を描いて、向野さんが編集し、ろうあ者の川島さんが印刷課の指導員であったので京都府身体障害者福祉センターの授産施設印刷機凸版印刷してもらった。

 

 京都府身体障害者福祉センター発行の手話テキストが、みみづく会がつくられてからつくってもらったりしました。

 

 ろうあ者全国大会が京都であって、ガイドさんに手話を教えるのに手話テキストがなかった。

 

 京都大会の前に松山大会で使われたガイドさん用の手話テキストを使うことになった。

 

 絵が描かれていない文章だったので、さっぱり分からない、ということになった。

 

 そこで、京都府身体障害者福祉センター発行の手話テキストを使って手話を覚えてもらおうということになった。絵は平面に書かれていたので限界はあった。

 

 私が、京都市の専任手話通訳になったときたまたまとても手話を絵で表すことが上手な人と出会うことになる。

 

 そこから手話テキストは大きく変わる。

 

 

 

 

認定手話通訳 市職員がその時代にそのような制度をつくった証でも誇りでもある

f:id:sakukorox:20190617194906j:plain

 手話を知らない人も

     手話を学んでいる人もともに
{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介

 

全国手話通訳問題研究会結成の思いと行動

 全国手話通訳問題研究会結成当時の初代事務局長谷勇男氏へインタビュー

 

障害福祉関係の上司が賛成してくれて

 

 -ー 1971(昭和46)年5月につくられた京都市規則。認定手話通訳制度をつくることは京都市ですんなり受け入れられたのですか。

 

 いや、いろいろいろいろありました。

 

 京都市規則をつくる担当課では、このような規則は作った前例がない!!と言い続けた。

 

 前例がないならつくればいい、と言った。でも障害福祉関係の上司が賛成してくれた。

 

 認定手話通訳制度をつくることは、自分たちがその時代にそのような制度をつくったという証でも誇りでもある。

 

 やったらいい、やったらいいと応援してくれ、規則を作る担当課と課長などのやりとりしてくれて、ようやく1971(昭和46)年5月13日に京都市手話通訳認定規則と言われた名付けられてた京都市規則第16号をが公布された。

 

京都市認定手話通訳者は

   合議制ですすめられた

 

-ー 1971年5月につくられた京都市認定手話通訳制度をつくられてからは、特に問題は生じなかったんですか。すんなり、と。

 

 特に問題は出てこなかったですね。研修会したり、京都市認定手話通訳者の合議制ですすめていったので。

 

 一定の単位をつくって受講した人を最初は京都市認定手話通訳者が合議制で最初は互選でした。

 

-ー そういう京都市認定手話通訳制度が次第に本来の趣旨とかけ離れたようですが。

 

 まぁ‥‥‥ろうあ協会の動きもあったし、手話サークルみみづく会のなかで当時京都市認定手話通訳者は七人だったので、「七人の侍」とか「雲の上の人」と噂されることもあって(笑う)。

 

 京都市認定手話通訳制度をつくった以上は、設置事業と派遣事業をしなければと考えて二つの事業をつくった。

 

 それが、厚生省の社会活動メニューに入って、全国に広がった。

 

 ところが、国はあくまでも手話奉仕員養成事業。

 

全国手話通訳問題研究会は最初から
実践的にも理論的にも

 高めて行くことが潰され

 

-ー そういうことを受けて全国手話通訳問題研究会が、実践的にも理論的にも高次化していくということになったんですかねぇ。

 

  全国手話通訳問題研究会が、実践的にも理論的にも高まっていったとは、まったく思えませんね。

 各地方から、全国手話通訳問題研究会を実践的にも理論的にも高めて行くことが潰されていった、と思えてなりませんねぇ。

 

 各地のろうあ協会と手話通訳者、手話通訳者集団がまだまだ「未熟」なところがあった。

 

 京都は社会的にも確立した手話通訳者たちが、中心になっていました。

 いろいろ課題はあっても京都は手話通訳者として各市町に配置され活躍していたでしょ。そういう人たちが手話通訳の原則や組織原則の常識から外れるということはなかった。

 

 他の地域には、そういうことがなかったので手話通訳者が手話通訳から離れたり、潰れていく。

 

 手話通訳者が「埋没」してしまう状況があった。

 

 個人的問題や人間関係で。手話通訳者としても優れたことをしていても「潰され」「やっていけない」となって。