手話 と 手話通訳

京都の手話通訳者の取り組みと研究の中からの伝承と教訓をみなさまに提起します。戦前戦後の苦しい時代を生き抜いたろうあ者の人々から学んだことを決して忘れることはなく。

自分の意見をあらわせる文字を学びたい

 f:id:sakukorox:20171113193626j:plain

手話を知らない人も

                 手話を学んでいる人もともに
  {続投稿}ー京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー

  

本人がうなづいているのに‥‥‥
   あんたが違う手話通訳をしただろ

 

  「わかった」「分かった」と「解った」

 

  「うなずく」ことは、「了解」「わかった」ということでないという明石欣造さんの教えは、しばしばトラブルを引き起こした。

 

「本人がうなづいているのに、あんたが違う手話通訳をしたんだろう」

 

「わかったといっているのに、なにをいまさら違うことを言うのか」

 

と手話通訳をしていて怒鳴りつけられる場面があまりにも多すぎた。

 

  言いたいことは言わんとなぁ
  そのため手話通訳が

 

 見ていたろうあ者から後で「ごめん、ごめん、分からんのに迷惑かけて‥‥‥手話通訳のあなたが怒られるなんて‥‥‥」と謝られることがしばしば。

 

「かまへん、かまへん、しんぱいせんと、言いたいことは言わんとなぁ、そのため手話通訳しているんやから」

 

と何度も話し合ったことか。

 

 分からなくても分かったとしなければ、生きてこれなかった哀しみ。その哀しみを打ち破ることの困難。

 

 でも‥‥‥手話通訳と共同でその哀しみを変革する見通しが持てはじめてきていた。
 
  ろうあ者の多くの人々から
「読み書き出来る」ようになりたい

 

 そうなると、ろうあ者の多くの人々から「読み書き出来る」ようになりたいと要求が出され「筆談教室」が開かれた。

 

 筆談で意志のやりとりをすることで、自分の気持ちを現すことが出来るようになってくる。

 

 自分の意見も言い表せるようになってくる。

 

 文字を書けることは喜び。

 

 書いた自分の文字は、自分の喜びの宝物。

 

 文字は、残せるので何度も見直すことが出来る。

 

 このことは、後々大きな意味と広がりを示すことになる。

 

 この時代、ろうあ者の要求は「手話学習教室」ではなく「筆談教室」であったこと、自分の意見をあらわせるすべとしての文字を獲得することであった。

 

かしこいろうあ者の手話はしないで‥‥‥

f:id:sakukorox:20171111104944j:plain

手話を知らない人も

                手話を学んでいる人もともに
  {続投稿}ー京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー

 

  かしこいろうあ者の手話はしないで‥‥‥

 

   「あの人はかしこいろうあ者」
 
  1969年当時、専任手話通訳者にとって今でも忘れられない言葉があるという。

 

「あの人はかしこいろうあ者」

 

「かしこいろうあ者の手話はしないで‥‥‥」

 

 という「依頼」だった。

 

  「身振り」「しぐさ」
「空(sora)文字の漢字」

「空(sora)文字のひらがな」
「戦前のカタカナの空(sora)文字」

   やジェスチャー

 

 「かしこい」「かしこくない」をどこで区別しているのか、ずっーと考え続けたと言う。

 

 私に手話を教えてくれた大恩人の京都ろうあセンター館長の明石欣造さんは、いくつかの場所で手話通訳するとき、ここでは指文字は絶対使ってはだめ、手話で伝えること出来なければなければ、「身振り」「しぐさ」「空文字の漢字」「空文字のひらがな」「戦前のカタカナの空文字」やジェスチャーであらゆる方法で伝えるようにと言われた。

 

 その後、解ったことは「あの人はかしこいろうあ者」「かしこいろうあ者の手話」の意味は、大学や普通学校でなどで学んだろうあ者。音声語を獲得してから失聴したろうあ者を言っていたことである。

 

 すなわち読み書きが堪能なろうあ者の手話は自分たちの使う手話と違う手話である。

 

 別に手話でなくてもコミュニケーションが出来るのに、音声語も発することが出来るのにろうあ者の前では、手話で話し、健聴者の前では音声で話す使い方をしている。

 

 読み書きも十分出来るから、いろいろな書物を読んで知っているので、自分たちに手話で話す時は、こんなことも知らないのか、と言わんばかりの手話であったり、分けのわからん手話をする。

 

 ともかく「いばる」「私たちを低く」見ている。

 

 などなどのことであり、ろうあ者なのにろうあ者でないろうあ者、と言う言い方をする人もいた。

 

   社会的個人的評価を受けたのは

 

 このことは、後々大きな波紋を呼ぶ。

 

 「ろうあ者なのにろうあ者でないろうあ者」と言われた人々はその後社会的個人的評価を受けて、「ろうあ者なのにろうあ者でないろうあ者」と言ってい人々はその後社会的個人的に無視されていくことになっていったが。

 

  あなたはろうあ者?

 

 「かしこいろうあ者の手話はしないで‥‥‥」を受けて手話通訳をした。

 

 終わると「あなたはろうあ者」「口話でよんで手話通訳しているの」「聞こえるの」「どっち?」とよく聞かれた。

 

  手話通訳を見てうなずくのは
分かった、理解した
ということではない

 

 さらに

 

「ろうあ者の手話が解らないとき、それはどんなことと必ず聞いて、あいまいなな手話通訳をしないこと」

 

「ろうあ者が手話通訳を見てうなずくのは、分かった、理解した、ということではなく、手話通訳していることにうなずいている場合が多いから注意するように」とも明石欣造さんから言われた。

 

すべての道はろうあ協会の「つどい」に

f:id:sakukorox:20171106104354j:plain

手話を知らない人も

     手話を学んでいる人もともに

 

  {続投稿}ー京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー

 

 ろうあ者の方々がつどうのには、今では考えられない苦労があった。

 

 電話があっても使えない時代。

 

 ろうあ協会の人々は、手渡しでみんなが郵便配達員になってろうあ協会の会員の家に配りに行く。

 

 車の免許も車も買えなかった時代。自転車を持っているろうあ者も少なかった。

 

 電車もバスも少なくて、たとえ駅から歩いても遠い。

 

 ろうあ者に家を貸してくれる人は少なく、貸してくれても遠くて不便な場所だった。

 

   ろうあ協会の集まりを
 手渡すのに何時間もかけて

 

 一枚の「つどいの案内を渡す」のに何時間もかかることがあった。

 

 ほとんどが徒歩。

 

 仕事が終わって疲れ切った身体を闇の中の道をすすませる。

 

 ろうあ者同士会えればいいが、会えなくても「一枚のつどいの案内」をポスに入れておく。

 

 すべての道は、ろうあ協会の「つどい」に通じていた。

 

  すべての人々が平等で

しあわせにする地下水路

 

 この地道な積み重ねの繰り返しが、ろうあ協会の絆を次第に強く、強くしていったと言える。

 

 その絆は、ろうあ協会の仲間はみな平等であるということだけでなく、ろうあ協会の会員でなくても、いやすべての人々が平等でしあわせにと地下水路をはりめぐらせた。

 

 ここにろうあ協会の偉大さがあった。

 

 インクルージョンとかカタカナ文字が叫ばれる前にすでに京都のろうあ協会は、それらをやり遂げていた。(以下、名称・表現は当時のままで表記)

 

人を蹴落とすことは知っていても

学ぶことで助け合うことは

  知らされなかった

 絆を深く深くした学びあい
教え合いのつどいのはじまり

 

 受験戦争をくぐり抜けてきた専任手話通訳者は当時を振り返って次のように言っている。

 

 私にとっては、学習する、学ぶというのはとても苦痛なことだった。

 

 人を蹴落とすことは知っても学ぶことで助け合うということは全くといって無かった。

 

と。

 

   ろうあ者の人々の中に
「ねたみ」「しっと」「悪口」

 

 事実をまず書いておこう。

 

 京都ろうあセンターが出来た頃は、ろうあ者の人々の中に「ねたみ」「しっと」「悪口」などは、たくさんあった。

 

 それはどんな人にもあることだから当然のことだった。

 

手から手へ こころからこころへ

f:id:sakukorox:20171105130149j:plain

手話を知らない人も

      手話を学んでいる人もともに
  {続投稿}ー京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー

 

 途切れることなく連続して話している自分

 

 1969年4月。

 

 京都ろうあセンター専任手話通訳として働いて、一ヶ月ぐらいたって大阪で友人と話をした専任手話通訳者。

 

 彼は「おまえなあ、しゃべりぱなしで、俺何も言えないやないか。」と言われた。

 

 自分が途切れることなく連続して話していることに気がついた。

 

 今なら誰も信じないと思うが、その専任手話通訳者は人と話したり、人前で話すことが大の苦手であった。

 

 大学時代、多くの学生の前で話させられた時は、自分で何をいっているか解らず震えていた。

 

 それが、いつしか、何百人、何千人、何万人の人前で話すことが出来るようになり、多くの人と論議して考えをまとめて、みんなの了承を得るようになっていた。

 

 だが、そんな自分が「どこか」へ行ってしまったのである。

 

    悲壮な話をしているのに

    本人もみんなも笑顔と笑い

 

 ろうあ者の方々は、出会うと手話などを通じていつも笑顔で、笑っていた。

 

 集まると、笑いが産まれ、笑いの渦が出来る。

 

 このことに強烈な不可思議さを感じていた。

 

 大変な苦労をしているのにその苦労が笑いの中で話される。

 

 悲壮な話をしているのに本人もみんなも笑顔と笑いだけになる。

 

 同じ哀しみの輪の中にみんなが居る。

 

 このことの重要な意味を感じながら実践し多くの人々からろうあ者の暮らしと手話を学んだ。

 

 「つどう」。

 

 ここにろうあ者の生活や要求や運動などあらゆる源泉があると知りつつあったが、その理論的根拠をもとめて学び続けて数十年後に一定の解明が必要だった。

 

福祉行政が無策であったそれゆえ 自分たちが生き抜くすべをもとめ

f:id:sakukorox:20171105001437j:plain

手話を知らない人も

            手話を学んでいる人もともに
  {続投稿}ー京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー

 

民生(福祉)行政の無策の中から

 

 社団法人京都ろうあ協会の事業として京都ろうあセンターが発足したのは、1969年10月、京都府立盲学校の講堂で設立されたとされている。

 

 だが、それは「儀式」であってその以前から京都ろうあセンターの仕事はすでにはじめられていた。

 

 さらにもっと以前から、京都ろうあセンターの仕事は民生(福祉)行政の無策の中で行われていたとも言える。

 

 福祉行政が無策であった
 それゆえ 自分たちが

     生き抜くすべをもとめ運動

 

 福祉行政が無策であったがゆえんにろうあ者の人々は、意識的にも無意識にも智恵を出し合って自分たちが生き抜くすべをもとめ運動した。

 

 「自分だけの利益」を考えない純粋な動機と運動があった。

 

 それだからこそ巨大な絶壁に見えた多くの困難がひとつひとつ手渡しで打ち砕かれて行った。

 

 つどい 助け合い 教え合い
 行動した京都のろうあ者・ろうあ協会

 

 それとともにろうあ者同士を支え合うコミュニケーションである手話が、自然淘汰されお互いの気持ちを伝えるものとして創造されていた。

 

 1980年代になって全国各地をめぐる中で京都のろうあ者の方々は、他府県といくつかの点で少なくない違いがあることに気がつく。

 

  健聴者ばかりの職場で
働いているのとまったく逆な立場が

 

 1969年4月。京都ろうあセンターに手話通訳の仕事をするようになると、健聴者とろうあ者一緒になってろうあ者福祉の仕事をするようになる。

 

 それは、毎日が意見の相違の連続を引き起こした。

 

 ろうあ者が、日常生活で健聴者ばかりの職場で働いているのとまったく逆な立場に健聴者が置かれるようになった。

 

 日々、健聴者とほとんど話すことがない労働。

 

 それまでの労働とまったく異なった労働が京都ろうあセンターではじまった。

 

人間の五感をフル動員してコミュニケーションを成立させてきたろうあ者の人々の想像力に学びきれない底力 ちくわ つけもの 京都の手話

f:id:sakukorox:20171104235058j:plain

手話を知らない人も

     手話を学んでいる人もともに
 {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー

 

  ちくわ。

f:id:sakukorox:20171104235216j:plain

 穴の開いた・長い物 でちくわの手話。

 

 右の写真で目線を指の輪の中におとしてちくわの穴を確かめるしぐさをしているが、この目線も大きなポイントになる。

  

  つけもの。

f:id:sakukorox:20171104235456j:plain

 京漬物と言われるぐらい京都には、漬物の種類が多い。

 

 内陸部で都があった伝統的保存食であったかも知れないが、漬物の手話は多い。

 

 ここでは、ぬか漬けの動きで手話を表現している。

 

 野菜類を樽や壺に入れて、静かに押さえてぬか漬けをする動作である。

 

 慎重に押さえて「漬ける」様子が手話表現されている。

 

  ここまで述べてきて、京都の手話、いやろうあ者の手話の巧みな表現を改めて認識した。

 

 ある時は形態を、ある時は漢字を、ある時は音声語を織り交ぜながら、より速く、より解りやすく、より的確に表現しようとするが、それは、単に手指の動きではない。

 

 人間の五感をフル動員して、コミュニケーションを成立させてきたろうあ者の人々のコミュニケーションの想像力に学びきれない底力を観ることが出来る。また観ていかなければならないのではないかと思う。

 

 ここで、京都のろうあ者の人々の福祉を変えた京都ろうあセンターのことを紹介したい。

 

 明石欣造さんは、この京都ろうあセンターの初代館長であり、牽引者であったからである。

 

 京都で忘れかけていることをもう一度振り返り、現在、過去・未来を考える一助にしていただければこれほどうれしいことはない。

 

手話の動きは速いが微妙な全身の表現で自然に手話表現 なっとう チョコレート にんじん 京都の手話

f:id:sakukorox:20171102101405j:plain

手話を知らない人も

           手話を学んでいる人もともに
  {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー

 

  なっとう。

f:id:sakukorox:20171102101835j:plain

 納豆伝来の歴史は古い。京都・一休寺・大徳寺など周辺でつくられた納豆はネバネバはなく、これが納豆なんだ?と驚かれる人々が多い。

 

 なっとう は各地で生産されているが、明石欣造さんの手話では豆+わらに包まれた+ねばねばした糸の引く豆 で納豆の手話を表している。

 

  右から一コマ目は、豆(大豆)、二コマ目の手の膨らみと広げ方と手指が離されているところからわらに包まれた様子を表し、三コマ目で器から糸を引いて(見えないものを見えるように目線の先に注目するように表情を変えている。)という三コマの動きは速いが微妙な全身の表現で、なっとう、という手話を自然に手話表現している。

 

 この手話表現は、永く真似出来ない巧みな手話のひとつでもある。

 
チョコレート。

 

f:id:sakukorox:20171102102006j:plain

この手話表現は、チョコレートの色表現からはじまるのではない。

 

 ここには高価でなかなか食べられなかったチョコレートへの郷愁と子どもの頃の思い出が籠められている。

 

 すなわち、チョコレートを食べると鼻血が出る、鼻血+(板チョコの形)でチョコレートの手話。

  

  にんじん。

f:id:sakukorox:20171102102135j:plain

 唇の赤+細長い形 でにんじんの手話。