手話 と 手話通訳

京都の手話通訳者の取り組みと研究の中からの伝承と教訓をみなさまに提起します。戦前戦後の苦しい時代を生き抜いたろうあ者の人々から学んだことを決して忘れることはなく。

意味深長な手話が多い 必要 いばる 自慢する 天狗になる 切る こころ裏返す 寝返り 裏切り こころが(思いが)代わる 売る 京都の手話

f:id:sakukorox:20170726213741j:plain

手話を知らない人も

    手話を学んでいる人もともに
  {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー

 

必要。
いる!!。

 

f:id:sakukorox:20170726213851j:plain

 手で囲みをつくって自分のところに引き寄せる手話。

 

 手で囲んだものは、自分にはとても大切で欠かせない意味を籠めている。

 

 この手話は、とても大切な意味を持つ。

 

 自己利益だけを主張する手話ではない。

 

 必要・手話 手話・必要  などとよく使われた手話である。

 

 要求という手話があるが、近年よく使われるニーズなどはこの手話か、要求の手話を使うのが一番適切だと思う。

 

いばる。

f:id:sakukorox:20170726213937j:plain

 

 大きな鼻をU字形に動かして、天狗の鼻を表す手話。

 

 天狗になる、という意味から表現された手話。

 

 この鼻をポキッと折れ動きの手話にすると「へしゃげる」「自信をなくす」「いばれなくなる」などに変化する。

 

切る。

f:id:sakukorox:20170726214023j:plain

 

 はさみで切る手話。

 

 はさみは、ろうあ者の多くの人々が使った道具。

 

 そのはさみをスパッときる(親指と人差し指と広げて、閉じる。)で切るの手話。

 

 だが、単に布地を切るだけよりも「縁を切る」「友人をやめる」「別れる」などの手話に使われた。

 

心裏返す。
寝返り。
裏切り。
こころが(思いが)代わるなど。

f:id:sakukorox:20170726214207j:plain

 

 腹=こころ(当時は、腹の探り合い、腹の中など意味で使われた。)手のひらを返す=ねがえる・代わる・裏切り(手のひらを返す)などなど意味深長な手話。

 

 手話の前後関係で、心変わり、裏切りとなったりする。

 

 明石欣造さんは、手のひらで丸い印象を与え回転させ、右手だけを裏返し左手の手のひらに置くという手話をしている。

 

売る。

f:id:sakukorox:20170726214523j:plain

 

 右の手のひらはものなどを表現して、右手は○をつくってお金。お金が自分のところに来てものが出るで売る。

 

 逆の表現をすると買う。

 

 両方の手話をすると、売買。

 

 意味と動作をひとつにまとめた手話。