手話 と 手話通訳

手話通訳の取り組みと研究からの伝承と教訓を提起。苦しい時代を生き抜いたろうあ者の人々から学んだことを忘れることなく。みなさんの投稿をお寄せください。みなさんのご意見と投稿で(手話手話通訳)がつくられてきています。過去と現在を考え、未来を語り合いましょう。

2018-07-04から1日間の記事一覧

盲人協会の血と涙と汗の結晶京都ライトハウス移転とろうあ協会のねがい 京都ろうあセンターはなぜつくられたのか⑪

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに {再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議佐瀬駿介 1967(昭和42)年2月を前後して、京都市の職員と京都府の職員が同じ場所での福祉関係行政者の集まりに出張する車中。 京都市の…

どっこい ろうあ者や家族、多くの人々の善意の気持ちが簡単に踏みにじられたが 京都ろうあセンター はなぜつくられたのか⑩

手話を知らない人も 手話を学んでいる人もともに{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議佐瀬駿介 1959(昭和34)年6月29日。京都。 いわゆる「第二教室」の事業場などの和解が成立する。 私立京都聾口話学園からはじまり、事…