手話 と 手話通訳

京都の手話通訳者の取り組みと研究の中からの伝承と教訓をみなさまに提起します。戦前戦後の苦しい時代を生き抜いたろうあ者の人々から学んだことを決して忘れることはなく。

生きる上でかかせない 通訳 下男 学生 大便 小便 京都の手話

f:id:sakukorox:20170625153744j:plain

手話を知らない人も

     手話を学んでいる人もともに
 {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー 
 

 通訳の通は、とおる、とおす、かよう、行き来する、知らせる、などなどの意味があり、右から左、左から右へと親指を行き来させて表現する。

 

 手話通訳の「通」の場合、この表現が使われたかこの表現で「通訳」とされたこともある。

f:id:sakukorox:20170625153850j:plain

 

 自分と相手を少し首を動かして表現して、いるところに特徴がある。

 

 紹介、斡旋などでしばしば使われた手話。彼女を「紹介」するよ、と会話していたことも思い出す。

f:id:sakukorox:20170625154003j:plain

f:id:sakukorox:20170625153933j:plain

 

 下男。

 

 女中と比較して手話を見てほしい。女性が仕える場合と男性が仕える場合を見事に表現している。

 

 男性の場合は、下働きであっても女性のほうがひどかった時代を彷彿とさせる手話である。

 

 作り笑いで、「はいそうですか」と両手をつく男と手話で表現する。

 

 笑っていても心の底から笑っていない表情に「主人」に対する気持ちが表れている。

 じつに難しい手話。

  

f:id:sakukorox:20170625154219j:plain

  

 学生。

 

 学生には、さまざまな手話があるが、この場合男子学生の袴の帯締めの動作で表現している。

 

 帯締めをきっく締め上げるようすは、右・左の上下でその気持ちー決意を表している。

 

 よし学校に行くぞ、という決意は頬の膨らみでも示している。

 

 女生徒の場合は、袴のひもは逆に締める動作で横に引く場合もあった。

 

 明石欣造さんたちが通っていた頃のろう学校は着物であった。

 
 大便。

f:id:sakukorox:20170625154352j:plain

 
 口を膨らませて、力むようす。それとともに左右の手を内側に回して肛門から排便することもしばしば付け加えられて大便の手話。

 

 写真では、「肛門から排便する」ようすは省略されているが、これらの手話はとても大切で分かりやすい。

 

 よく医者に行って手話通訳した時、「お通じはどうですか?」「大便は固い、柔らかいですか?」など医者から聞かれた時、医者はこの手話を見てすぐ排便状況を把握してくれた。

 

 言わずもがな、である。 

 

小便。

 

 大便に対する小便。

 

 小便にもさまざまな手話があった。

 

 ここでは、明石欣造さんはあえて次のような手話をしている。

 

 f:id:sakukorox:20170625154450j:plain

 

 この手話表現を手話通訳研究誌で伊東雋祐先生は、分からないらしく解説を飛ばしている。

 

 伊東雋祐先生は、しばしばこのよう自分が分からない場合は省略、飛ばす、ようなことがあり手話通訳をめぐって、手話をどう見えるかで激しくぶっかったことがある。

 

 右手は、小の漢字を薬指。中指・人差し指を少し曲げて口をすぼめて大便と区別している。

 

 戦前の学校では、「小」という漢字よりもむしろ「川」に近い書体であったらしい。

 

 大便、小便のこの区別と表現は、生きる上でも、病気の発見でも重要な意味を持っていた。

 

 小便の口をすぼめて閉じたりして、そこに血を洗わすことで血尿と手話表現された。

 

 見逃してはならない手話である。