手話 と 手話通訳

京都の手話通訳者の取り組みと研究の中からの伝承と教訓をみなさまに提起します。戦前戦後の苦しい時代を生き抜いたろうあ者の人々から学んだことを決して忘れることはなく。

えん罪を防ぐために大切なこと 歳 誰 泥棒 京都 の 手話

手話を知らない人も

   手話を学んでいる人もともに

 {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー


  齢/齡。

f:id:sakukorox:20170626191524j:plain

 

 手話は漢字通り、歯 が いくつ(指を折り曲げて勘定する)で歯の手話である。

 

 この手話は、漢字とともに歯から年齢が分かるという意味でもじつにシンプルで的確な手話である。

 

 これらの表現には、人間のコミュニケーションの無限性を示唆する魅力的な手話であると思う。 

 

  誰。

f:id:sakukorox:20170626191601j:plain

 

 この表現方法について明石欣造さんから聞いた記憶があるのだが、たしかな記憶でないので記憶の範囲で述べておく。

 

 顔の輪郭で「誰か」が解るという。

 

 だが、手のひらを裏返して、誰か解らないという意味だったように思える。

 

 誰でも手話を覚えて欲しい、という場合は、この「誰」の手話は使われていません。

 

 盲唖学校時代の手話という断定的意見があるが、以下でも述べるように手話はお互いのコミュニケーションし易いように変容されてきた。

 そこには、強制されない一定の暗黙の京津共通解がある。お互いが理解するために。

 

 盲唖学校での学習や生活、盲人の生徒とろうあ者の生徒とのコミュニケーションや「齟齬」も沢山聞いた。

 

 盲人の生徒がろうあ者の生徒を確かめるために手のひらで顔の輪郭などを確かめたが、それは手のひらである。

 

 手の甲では、顔の微妙な特徴を把握できにくいし、ましてやそのことをろうあ者が手の甲を顔に付けて「誰」とする手話は、両手の手や肘を動かす事で無理な動きがもとめられることになる。

 その無理はろうあ者同士の中で「自然淘汰」されていった。

 

 盲唖学校の指文字イロハニホヘトなどもそうであるが、一部だけが取り入れられて残っていた。

 

 ましてやアルハベットから人為的に造られた「指文字」は、その手指の負担の大きさや不自然さから敬遠されていた。

 

 手話は、手話で会話しやすいように、こころが通じ合うように、理解できるようにろうあ者によるろうあ者のためのろうあ者の手話として発達してきていた。1950年代頃まで。

 

 

 誰でも手話を覚えて欲しい、は「みんな」「みなさん」などで手話表現された。

 

 あくまでも、誰、という見知らぬ、覚えのない人、の場合である。

 

手のひらを返すことで、否定の意味を表す意味もあり、顔の輪郭で誰だか解るが、誰か解らない=誰 という手話になった、肯定の否定の手話表現と思える。

 

 考える+顔だが、手のひらを裏返して頬に手をあて上下することで、知らない人、覚えがない人などの意味があり、それから手を前に差し出すことで「誰ですか」

「どなた?」と手話表現する。


泥棒。

f:id:sakukorox:20170626191753j:plain

 

鍵。

 和鍵の特徴である人差し指をコの字型に曲げて表現する手話。

 

  古くから盗賊・泥棒の俗称としてと買われていた指の形を受け継いだ物と考えられるが、この場合、コの字型に曲た人差し指を引き寄せる。

 

 盗むという意味もあり、警察署から手話通訳でよばれ、ろうあ者が取り調べている時に警官が大声で「ぬすんだんやろう!!」と叫び、人差し指をコの字型に曲げる。

 

 その動きにつられて、ろうあ者が頷くので警官が「ほら、盗んだことを認めているじゃないですか。」と詰め寄られたこともしばしばあった。

 

 「手話通訳は手話通訳者に任せて、あなたは声を出して話してください。大声はいりません。身振り手振りはいりません。」と言った。

 

 ろうあ者のえん罪を防ぐためには、大切なことだが警官はいつも不機嫌な顔をした。

 

 調書の後にろうあ者の名前と拇印。手話通訳者・名前と拇印を求められるのだから当然と言えば当然のことだったが、嫌な思い出だけが残っている。

 

泥棒の手話には、ねずみ小僧の頬被りの手話もあったが、意味は違って使われていた。