手話 と 手話通訳

手話通訳の取り組みと研究からの伝承と教訓を提起。苦しい時代を生き抜いたろうあ者の人々から学んだことを忘れることなく。投稿をお寄せください。

~ ベオオハシと聞き違えた顛末と哀しみ

f:id:sakukorox:20171226210707j:plain

手話を知らない人も

                手話を学んでいる人もともに
{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議 佐瀬駿介

 

  1969年当時は、京都ろうあセンターから京都府下に行くのは非常に時間がかかった。

 

 国鉄(当時)より京都バスの方が安いのでろうあ者相談員の大矢さんと一緒に綾部(あやべ)に行くことになった。

 

 市電を乗り継いで、西大路七条で綾部まで行くバスに乗った時、大矢さんも私も前日の仕事で疲れ切っていた。

 

  聞こえる自分が寝込んで
しまったら大変だと思いつつも

 

 早朝の舞鶴まいづる)行き一番バス。バスに乗ったときには、二人ともうつらうつらしていた。大矢さんはすぐ私が居るので綾部大橋に着いたらバスの案内があるから分かるだろうと爆睡してしまった。

 

 私は、

 

「大矢さんは聞こえないし、ここで二人とも寝込んでしまったら舞鶴まで行ってしまったら大変だ。綾部大橋で降りないと。」

 

と心を引き締めたが睡魔に勝てずぐっすり寝込んでしまった。

 

  突然「次は……べ大橋……」
        慌ててバスを降りたが

 

 突然「次は……べ大橋……」というバスのアナウンスを聞いて、びっくりして目が覚めた。

 

 次から次へと人が降りている。私は慌てて大矢さんを起こして、バスを降りた。

 

 二人とも頭の中は昏睡状態だったが、急いで降りて周りをよく見ると「アヤベ大橋」ではなかった。

 

 川はあるものの由良川の大きな流れもない。何となく歩いた二人だが、ここはアヤベでないぞと解りあわててバス停に引き返した。

 

 バス停には「そのべ(園部)大橋」と書いてある。

 

 二人ともびっくり。

 

 「綾部大橋」と「園部大橋」を私が聞き違えたために降りてしまったのだ。

 

 バス会社の人に聞くと次のバスが来るのは2時間後。

 

 とうてい約束の時間に間に合わない。

 

ソノベ大橋とアヤベ大橋と
     よく聞き違える人があるよ

 

 「どうしよう、困った」と戸惑い相談して悩む二人を見たバス会社の人が、

 

「この先は峠が多いのでバスはゆっくりしか走れない。タクシーならすぐ追いついて乗れるよ。」

 

「切符は綾部大橋まで買っているのだから大丈夫。」

 

「ソノベ大橋とアヤベ大橋とよく聞き違える人があるよ。ソノベ大橋は、アヤベ大橋よりはるかに小さいけれど……」

 

と言ってタクシー会社の場所を教えてくれた。

 

  後日その旅費の支給を
           めぐってトラブルに

 

 大矢さんと私はタクシーに乗り込んだ。

 

 タクシーはぐんぐんスピードをあげ、すぐ観音峠の手前でバスに追いついた。でも追い越し禁止地帯。

 

 峠を越えたところで、バスが止まってくれ難なくバスに乗ることが出来た。

 

 ホッとしたものの「アヤベ大橋」まで二人は寝ることは出来なかったのはいうまでもない。

 

 アヤベで仕事を終え、深夜の帰宅。後日その旅費の支給をめぐってトラブルになった。