手話 と 手話通訳

京都の手話通訳者の取り組みと研究の中からの伝承と教訓をみなさまに提起します。戦前戦後の苦しい時代を生き抜いたろうあ者の人々から学んだことを決して忘れることはなく。

人差し指(話)が耳に入ってくるという手話 珍しい 有名 面倒 めんどくさい やっかい 京都の手話

f:id:sakukorox:20170812135430j:plain

手話を知らない人も

      手話を学んでいる人もともに
  {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー


珍しい。

f:id:sakukorox:20170812135539j:plain

 

 珍しい、の手話は、普通とは違って「目新しい」、の意味を捉えて、眼・新しい、で目新しい=珍しいと手話表現している。

 
有名。

f:id:sakukorox:20170812135639j:plain

 

  有名とは、「広く知られていること」の意味でもあり、人差し指(話をも意味する)が耳に入ってくるという手話で有名と表現している。

 

面倒。
めんどくさい。
やっかい。

f:id:sakukorox:20170812135737j:plain

 顔・面・顔面と倒を組み合わせて面倒の手話。

 

 漢字の組み合わせて表現もしているが。

 

  面倒、困ったなどの場合は、目尻を叩くと気持ちがほぐれてリラックス出来る日常的に人々が意識する、しないにもかかわらずしている動作を取り入れている。

 

 このことから、リラックス出来ない困難さを表現した手話とも考えることも出来る。