手話 と 手話通訳

京都の手話通訳者の取り組みと研究の中からの伝承と教訓をみなさまに提起します。戦前戦後の苦しい時代を生き抜いたろうあ者の人々から学んだことを決して忘れることはなく。

輸入品は憧れでもあり、見るだけでも驚きであったし、入店するのに怖じ気づいたと言うが 小麦 小麦粉 ジャム 京都の手話

f:id:sakukorox:20171016113319j:plain

手話を知らない人も

     手話を学んでいる人もともに

  {新投稿}ー京都における手話研究1950年代以前の遺産と研究・提議 佐瀬駿介ー

 

小麦。

f:id:sakukorox:20171016113730j:plain

 漢字の小を表す小と右手を少し楕円形にして人差し指(麦・大麦は大で表す。)をその楕円形の上に添えて小麦の手話。

 

 小麦の真ん中の線を表すが、他にも楕円形の種子などがあるので小と手話を取り入れて区別している。


小麦粉。

 

f:id:sakukorox:20171016113749j:plain

 粉・細かい、という手話があるのに、小麦粉はその手話を使って表現されていないところに注目したい。

 

 小麦と小麦粉を練る動作で小麦粉の手話。

 

 小麦粉を練ってうどんなどに加工する過程が手話表現されている。

 

 生産地でない、消費地としての独自の手話表現であるが、そこには生きる、食べるという生活が籠められている。

 

 前述した米は、白米で表現されていたが、白米が食卓に乗るのは珍しく、麦ご飯やうどんなどの小麦が貧しく生きる時代の食卓に添えられた歴史は長い。

 

 なお、この当時は米を収穫したあとの二期作として日本各地で麦が生産されていた。

 

ジャム。

f:id:sakukorox:20171016113857j:plain

 トーストとジャム。ジャムといえば莓ジャム。

 

 なかなか食することの出来なかった時代の想い出。

 

 赤と鼻の形で莓を表現し、それをトーストにぬることで、ジャムの手話。

 

 今日のようにジャムは多くなく贅沢品だった。

 

 ママレードなどとなると京都の高級店でしか手に入らない時代を明石欣造さんは、トットッと語ってくれたことがある。

 

 莓ジャムが一番自分たちが食べることの可能なものであったので、ジャムは莓ジャムでしかなかった。

 

 京都の輸入店は、憧れでもあり、見るだけでも驚きであったし、入店するのに怖じ気づいたと言うが。その店は京都でほとんどなくなっている。