手話 と 手話通訳

京都の手話通訳者の取り組みと研究の中からの伝承と教訓をみなさまに提起します。戦前戦後の苦しい時代を生き抜いたろうあ者の人々から学んだことを決して忘れることはなく。

第一回全国手話通訳者会議 -1968(昭和43)年、6月2日- の考察

 

f:id:sakukorox:20180714144522j:plain

手話を知らない人も

      手話を学んでいる人もともに
{再編集投稿・1969年頃}京都における手話と手話通訳の遺産と研究・提議佐瀬駿介

 

 1968(昭和43)年、6月2日。

 

 全国ろうあ者大会とともに福島市福島市民センターで、第一回全国手話通訳者会議が開かれ、それ以降全国ろうあ者大会と合わせて全国の手話通訳者が初めて集まり・討論するという会議だった。

 

 そのため第一回全国手話通訳者会議は、その後の手話や手話通訳に多大な影響を与えたものとして稀有なできごとであり、その後の手話通訳に多大な影響を与えた。

 

第一回全国手話通訳者会議を構想し
   計画し開催した福島の先駆性

 

 第一回全国手話通訳者会議を構想し、計画し、開催にこぎ着けた故板橋氏の努力をはじめ福島ろうあ協会や福島の手話通訳者に感謝とともに、以下全国手話通訳社者会議の提起と問題を少しばかり分析して述べたい。

 

 特に、第一回全国手話通訳者会議の内容は印刷を営んでいた故板橋氏の尽力により印刷記録として残されている貴重な資料である。

 

つながりを持つにどうしても

手話が必要と福島県立福島ろう学校長

 

 第一回全国手話通訳者会議で先ず注目されるのは、福島県立福島ろう学校長のあいさつである。

 

 福島県立福島ろう学校長長谷川秀夫氏は、

 

 「私は、ろう学校の校長になりまして5年になりますが、先輩の方々の生活の様子やお話をきくたびに、手話の必要性をつくづく痛感させられました。
 ろうあ者とのつながりを持つには、どうしても手話が必要です。
 手話を知っているのろ、知らないとでは大変な差があります。
 
 福島ろう学校といたしましでも、校内の現職教員の一環として手話の講習会をやりたいと思っています。」

 

とあいさつしている。

 

 すなわち、1968(昭和43)年の段階でもろう学校長は手話の必要性を認め、教職員のが手話を学ぶ機会をつくろうと言っているのである。

 

 このれは、ろう学校では手話を禁止されてきた、とあたかもろう学校教育制度では手話を禁止していたと一面的に強調する人々への訂正を迫る重要な発言であり、貴重な資料でもある。